仕事の流儀には、その人の生き方が現れる。 『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。

プロフェッショナル 子ども大学

ご意見・ご感想
番組ツイッター
2月11日(火)に放送を予定していた
人生よ、足元から輝け
~靴磨き職人・長谷川裕也~
」は
以下の日時に、延期となりました。


3月17日(火)午後10:00~

何卒、ご了承ください。


「プロフェッショナル」で密着取材させて
いただいた
家政婦・タサン志麻さんが
ふるさとの食 にっぽんの食
スペシャルステージに登場します!


3月7日(土)午後3:15~3:45

気軽に実践できる家庭料理のコツを
教えてくれるそうです。
取材に当たったディレクターとの
スペシャルトークも。


着席での観覧申し込みを募集中!
〆切は、2月17日(月)午後11:59.
着席整理券をお持ちの方には試食も!?
詳しくは、こちらから ↓

https://www.nhk.or.jp/event/furushoku/

2月25日放送 逆風下の“問題児”実業家・三木谷浩史

日本有数のIT企業を築いた三木谷浩史(54)。ネット上のショッピングモール事業を皮切りに、旅行予約サイトから金融、プロ野球球団やサッカークラブの運営まで次々と事業を拡大し、世界13億人に様々なサービスを提供している。
しかし今、三木谷は大きな逆境に立たされている。「携帯電話事業」に新規参入し、料金の値下げにつながると期待されたが、本格スタートが延期。さらに中核のショッピングモール事業でも、送料の一部無料化を巡る問題で、対応を迫られている。
今回、その逆風のさなか、2か月にわたり三木谷の仕事の現場に密着した。生き急ぐかのようにいくつもの事業を掛け持ち、過密スケジュールで世界中を駆け回る日々。その裏にある、日本の将来に対する強い危機感。そして、亡き父からもらった「言葉」。激烈な変化と競争のただ中にあるビジネスの最前線にカメラを入れ、賛否両論の“問題児”と呼ばれる男の知られざる実像に迫る。


Page Top