番組紹介

脚本家の岡田惠和さんが、親しい俳優・女優の皆さんをゲストに迎え、洋楽ロックや日本のポップスなど、自分たちの青春を彩った音楽とその時代について自由に語り合う番組、それが「岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~」。
堅苦しい専門知識や音楽情報ではなく、リラックスした雰囲気の中で自分たちの好みや思いをそのまま語ります。
岡田惠和さんは、朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」「おひさま」ほか、数多くのドラマや映画の脚本を手がけています。出演の俳優・女優の皆さんと収録の合間に音楽談議で盛り上がることも多い、大の音楽好きという側面を持っています。この番組は、そんな俳優・女優の皆さんや注目のクリエイターの方々をゲストに迎え、楽屋や行きつけのバーで繰り広げるプライベートトークを聞くような感覚で楽しめる空間です。
仕事や生活の時間に余裕が出来たオトナたちに、ゆっくりくつろいで楽しんでいただきたい番組を目指しています。

出演者

岡田惠和(おかだ・よしかず)

1959年東京都出身。
雑誌のライターを経て、1990年ドラマ「香港から来た女」(TBS)で脚本家デビュー。以来、心情豊かな作風で数多くのテレビドラマ、映画の脚本を執筆し続けている。1999年ドラマ「彼女たちの時代」(フジテレビ)で文化庁芸術選奨文部大臣新人賞、2014年ドラマ「さよなら私」(NHK)で同・文部科学大臣賞を受賞。向田賞と橋田賞を受賞した連続テレビ小説「ちゅらさん」はパート4までシリーズ化され好評を博した。他にNHKでは「恋セヨ乙女」「もっと恋セヨ乙女」「木曽オリオン」「ボクの妻と結婚してください。」など、民放では「若者のすべて」(フジテレビ)、「イグアナの娘」(テレビ朝日)、「ビーチボーイズ」(フジテレビ)、「恋文」(TBS)、「銭ゲバ」(日本テレビ)、「小公女セイラ」(TBS)、「最後から二番目の恋」(フジテレビ)、「チキンレース」(WOWOW)、「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ)、「心がポキッとね」(フジテレビ)、映画「いま、会いにゆきます」「阪急電車」「県庁おもてなし課」などがある。 連続テレビ小説第84作「おひさま」の執筆は2001年前期の「ちゅらさん」以来10年ぶりとなった。

Page Top