バイヤー’sVOICE

村山由衣さん

PLAZAバイヤー
村山由衣さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)ステーショナリーを中心とした雑貨を買い付けています。特に、女性のテンションが上がる見た目にもかわいくて、使っていると楽しくなるようなアイテムを買い付けています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)テンション&メッセージ!パッと見た時に「かわいい!」とテンションが上がるアイテム!
そして、メッセージを込めることで、商品を通してパワーを伝えられたらと思っています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)とても貴重な体験をさせて頂き、感謝しかありません!
そして何より、今回のメインテーマである「Girls Power」に共感して頂けたことは嬉しく、このパワーが日本中に広まってくれたら!と、思いました。
ニューヨークのカラフルでパワフルな世界観を楽しんで頂けたら嬉しいです!
石塚 奈帆美さん

エモントレーディングカンパニー 代表
商品開発 石塚 奈帆美さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)日本にまだ輸入されていない商品で、品質や面白さにもこだわっている商品。
レストラン用の肉類、オイル・ヴィネガー類、小売り用のお菓子など。
 
Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)現地メーカーとのパートナーシップにおいては、商品に対する情熱やこだわりの生産方法などを持っている生産者であり、お互いにリスペクトしあえるかどうかが第一です。そして、その商品を通して、地域性、希少性、受け継がれた伝統、すなわち、農業国フランスの“テロワール(風土、風味)”を伝えていきたいと思っています。
 
Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)これまで、ルーティンの食材探しとして渡仏していましたが、今回は、改めて生産者の商品を作り出すこだわりを再確認できました。そうした商品を日本に紹介できることに、感謝の気持ちでいっぱいです。今回の番組を通して、フランス人の何気ない日常生活のひとときが、皆様に伝わっていたなら嬉しい限りです。
柴野大造さん

マルガージェラート
職人 柴野大造さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)リコリスやズッパイングレーゼなどイタリアでは一般的なジェラート食材でも日本では馴染みが薄いもの。
また最新のジェラート製造に使用する野菜タンパク質パウダー(ジェラートを滑らかにする材料)や安定剤(カルーヴァ)など日本でまだ紹介されていない加工補助剤をサンプルとして持ち帰り自分のラボで試しています。
逆に日本の山椒や良質な抹茶、柚子ピール、イヌリン(食物繊維)などをイタリア職人仲間に食材、原料として紹介しています。
最近はジェラート食材以外にも骨董市でヴィンテージのジェラートマシンを購入することもありますし、将来的にジェラートミュージアムが店舗構想にあるのでジェラート関連グッズコレクションを始めています。
 
Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)作り手や生産者の背景にストーリーがあるものは魅力の一つですね。
あとは出会うタイミングは”必要必然”だと考えているので、自分が直感的にその瞬間心の琴線に引っかかったものは、その場で必ず手に入れています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)イタリアは本当に食のレベルが高いです。
そんなイタリアで、幅広い年代の方に愛されている国民食ジェラートは、単なる食品ではありません、”魂の食べ物”です。
実は大会に勝利することはそんなに重要ではありません。
そこに自分が存在することが大切で、職人同士の交流から何を学ぶのか。
僕にとってジェラート職人の仕事は、国際大会への挑戦や新しい味の追求を通して、素材と向き合い自分自身と対峙していくことだと思っています。
今回ご紹介するローマのジェラート職人たちは皆、ときに僕の人生の重要な場面で生きる道標を示してくれる心から尊敬するマエストロです。
そんな彼らの、様々な食材に自分の創造力を融合させて新しい価値観を創出し、その過程も心から楽しむ姿勢、その情熱と愛情を感じてもらえたらと思います。

スタジオ収録では、三浦春馬さんとJUJUさんがジェラートの魅力をたっぷり引き出してくれました。
ぜひお楽しみに!
森田一頼さん

リベルターブル
パティシエ 森田一頼さん

Q)普段旅先でどんな風に新作ケーキを発想しますか?
A)旅先で感じたインスピレーションを元に、その場所の風景やストーリーを思い浮かべて、新作の発想につなげ、頭の中で完成させる。
 
Q)新しくレシピを考える時のこだわりとその心を一言でお願いします。
A)独自性と記憶に残るものかどうかを追求する。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)日本にはフランスの物がほとんど輸入されている時代の中でどんな物に出会えるのか半信半疑でしたが、旅をして食材だけでなく沢山の出会いや文化を肌で感じることで得られたものが多かったと思います。パティシエとして自分の作品を創る大事な原動力になる旅になったと思います。
和泉啓子さん

株式会社ユナイテッド・アローズ バイヤー
和泉啓子さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)ウィメンズ雑貨全般の買い付けをしています。靴をはじめ、帽子、バッグ、アクセサリー、Swimwearやかさなど多岐に渡ります。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)・履いている人が想像できる靴
     ・リアルなスタイリングに合う靴
     ・"出会い”だと思ってもらえるような靴

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)JUJUさんの“shoes占い”必見です!
小林モー子さん

刺繍家 小林モー子さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)刺繍に使う材料を買い付けています。
主に作品や教材に使うビーズやスパンコールですが、その中でもヴィンテージビーズを探していて、1930年代のものが私にとって貴重です。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)「コミュニケーション!!」 定期的に足を運び会話をして購入する事で、信用も得られ、情報をもらえる事もあります。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)番組造りの現場を少し見る事が出来、同じ物造りとして勉強になることが沢山ありました。スタジオの体験も楽しかったです。
久田惠理さん

フロマジュリーヒサダ パリ代表 / チーズ熟成士
久田惠理さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)チーズ、ワイン、生ハム、サラミ、チーズ関連グッズ

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)”愛”がたくさんあります。作り手が動物を愛し、自然を愛し、チーズを作り、育てる。そしてそれを食べた人が、幸せな笑顔と健康になる。
自然がくれる恵みを愛をもって買い付け想いと共に届けています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)TVにたくさんの方々の手がかかわっているんだと知りました。とても楽しく旅の取材をさせていただきありがとうございました。とても良い経験をさせていただきました。
中島 英恵さん

アヴェック アッシュ
ファッションコンサルタント&ディレクター / バイイングアドバイザー
中島英恵さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)世界(国内・海外)のデザイナーブランドのファッション(お洋服)をメインに彩りの小物のバイイングサポートを行っています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)お客様にときめきと、ストーリーを感じていただけるような素敵なもの。時代のムードとデザイナーの方々のこだわりと魅力がマッチした素敵なもの。デザインとクオリティとプライスと付加価値がクラス感に応じて、バランスの良い素敵なもの。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)今回は特別編ということで、通常のバイイングトリップではなく、ファッションでも盛り上がりを見せているエネルギッシュなロンドンへ。まさかのJUJUさんとご一緒させて頂き、一生の想い出となりました(笑)。収録でもMCお二人のセンスとファッションを楽しむ姿がとても素敵で、そんなお二人のようにこれからもファッションを自由に楽しんでいただけるよう、改めて明日への活力をいただきました。本当にありがとうございました!!
平岡憲治さん

アンデルセン
平岡憲治さん

Q)普段どんなパンを商品開発していますか?
A)バラエティブレッド(ハード系のパンや食事用のパン)から、デニッシュペストリー、菓子パンまで、ベーカリーで扱っているパン全般を開発しています。

Q 商品開発のこだわりとその心を一言でお願いします。
A)「商品を売る前に、生活を売る」
お客様の心豊かな食生活のために、そして日々の暮らしがよりよくなるために、パンを中心にした生活提案で、“食卓にしあわせ”を、“まいにちに ヒュッゲ”をお届けしたい。パンにはその力があると信じ、その想いを形にしたいと考えています。
※「ヒュッゲ」とは、“人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気”を意味するデンマーク語。

Q 今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)MCのお二人がオープンサンドイッチも、デニッシュペストリーもおいしそうに食べてくださり、お二人のおかげで、緊張しながらもヒュッゲな時間が過ごせました。
デンマークの魅力とあわせ、デニッシュペストリーの可能性を感じていただければと思います。

平井千里馬さん

有限会社 スコープ 代表取締役
平井千里馬さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)販売目的ではないのですが、北欧のビンテージ食器、ビンテージ家具、アートピースを主に買い付けています。自分の生活に合いそうな物、気が向く物があれば、まずはそれを手にして実際の生活で使っています。その経験から北欧ブランドとの復刻企画やコラボ企画、新たな物を生み出しています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)長くつきあうことのできる物。ゴミにならない物。脱・使い捨て。
 
Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)イッタラ工場でガラス製のバードを作っている現場を、とても綺麗に撮ってもらっています。いつも僕が見ている光景そのものですから、是非お楽しみに。三浦さん、JUJUさんの食器セットアップは完ペキで、僕のがイマイチだったことを、撮影終了後の今でも長らく引きずっています。
本当に勉強になりました。

木野内美里さん

株式会社フェリシモ チョコレートバイヤー
木野内美里さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)日本では知られていない世界のローカルで愛されるチョコレート。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)チョコレートで国際交流を目指して、世界のローカルで生きる人々と日本のお客様をつなげます。チョコだけでなく、その街の空気や作り手の人柄までが大事な味です。作り手、お客様、カカオ農家さん、「幸福のチョコレート」に関わる人すべてにとって、本当に「しあわせのチョコレート」になってほしいと願って仕事をしてます。「チョコでみんなとしあわせに」

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)私にとっては毎年のお仕事なので、人が見てどう思うか考えたことがなかったです。改めて自分の仕事や役割を考えるきっかけになりました。ありがとうございました。ますます、世界のすばらしいローカルチョコレートを紹介していきたいと思います。

※過去3か月分を掲載しています。

Page Top