バイヤー’sVOICE

鈴木春さん

バーニーズ ニューヨーク ウィメンズ
ファッションディレクター 鈴木春さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)ファッションディレクターなのでバイヤーのサポート業務になります。
担当はレディース全体、衣類、雑貨全般です。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)買い付けた物が店頭でストーリーを語れるかを意識しています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)ソウルで出会ったエネルギッシュでチャーミングな人たちの各々の思いが伝わると思います。
三浦さん、JUJUさんは、集中力・理解力が素晴らしくそして優しいお2人でした。
秋元さくらさん

モルソー オーナーシェフ
秋元さくらさん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)旬で元気な食材。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)“直感” ありきたりではなく、驚きと発見が表現できる食材を見つける。
もしくは “愛”

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)フランス料理をやっているのに、秋元さくらはなぜスペインに行ったのか!?
村松もも世さん

H.P.FRANCE ディレクター
村松もも世さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)大切に作られたインテリア、アート、アクセサリー、ファッションなど。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)何年も大切にされる愛される作品を買い付けています。
こちらに話かけてくるような、クリエーションが光る心をこめて作られた作品を選ぶこと、多くのクリエーションが集まって日本のお店にハーモニーを生みだすような買い付けを守りたいです。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)私たちはクリエーションが人生を豊かにすると信じています。
色合わせのルールや固定観念にとらわれず、自分自身も空間も好きなようにデコレーションすることが人生の喜びの1つになると感じてもらいたいです。
JUJUさん、三浦さんの優しく暖かな心遣い、色や素材の組み合わせを真剣に楽しんで頂けたのがとても嬉しかったです。ありがとうございました。

高橋路和さん

E・A・T GRILL&BAR オーナーシェフ
高橋路和さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)お野菜は季節ごとに産地が変わりますので、トマトはサイズと糖度、葉野菜なら一枚一枚の厚みを年間通して均一にする努力をしています。若いお野菜はあらかじめ多めに購入して自分の店で熟成するようにしています。ともかく食べごろのお野菜を提供する努力をしています。好きな特定のブランドのお野菜が購入できるときは確実にそれを購入しています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)人は毎日ちがう条件で同じルーティーンをこなします。自分たちコックも同じです。毎朝同じ野菜でも微妙に違う熟れ方やパンの仕上がりです。全力で違うコンディションの条件の下、最高の出来上がりをめざしています。全ての努力がお客様の笑顔につながれば全て“OK”です。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)もともと自分が調理を始めたきっかけが、具のないパスタ(ペペロンチーノ)に衝撃をうけて入った世界です。ある程度の修行をすると調理師は足し算から引き算に魅力を感じるはずです。自分がソース一つに仕込み始めから完成まで2週間の時間を費やそうが、お客様に自分のメッセージが皿の上で伝わらないのなら、それは無駄な時間です。
ハンバーガーは剛速球のストレート勝負です。例えれば日本人にとっては“ラーメン”や“ざるそば”に相当するのがアメリカ人にとってはバーガーです。
作る側としてはできるだけシンプルに、少ないパーツでお客様を幸せにできることができれば、自分の長いアメリカ生活の経験は成功だと思います。
大島忠智さん

IDEE インテリアバイヤー
大島 忠智さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)ヴィンテージ家具や雑貨、現代作家のアイテム、クラフト作家の作品、フォークアート、そしてプロダクトまで、暮らしがより豊かに感じるものたちを幅広く買い付け、紹介しています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)買い付けた品を単に「モノ」として紹介するだけではなく、作り手の思いや背景も合わせて伝えていくこと、そして暮らしの中でどう使うか、楽しむかまでをきちんと提案していく。
さらに、作り手、お客様、そしてそれを繋ぐ私たち皆が満足度を感じ、ハッピーだと思える、仕事をしていきたいと思っています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)スウェーデンのヴィンテージ家具の買い付けに続き2回目の出演ということで、前回よりは少し落ち着いて話ができたように思います。三浦春馬さん、JUJUさんともに今回のメキシコのテキスタイルにもとても興味を持っていただくことができ、嬉しいひと時でした。次はぜひ、三浦さんやJUJUさんと一緒に買い付けにいきたいです。

谷岡剛史さん

チェドックザッカストア
谷岡剛史さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A) チェコの絵本や60~70年代の雑貨、おもちゃ、家具など、チェコスロヴァキア時代のものを中心に。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A) ただ買ってきたものを売るだけでなく、モノの魅力や背景も伝えられればと思っています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A) チェコ、しかも絵本をメインに、というなかなか無いような特集をしていただいてありがとうございます。
「買い付けってどんな感じなんですか?」とお客さんに聞かれることが多いのですが、ぜひその雰囲気を感じてもらえるよう、たくさんの方に見てもらえると嬉しいです。
渡邊香さん

株式会社ダッドウェイ
商品本部
ブランドコミュニケーション部
カテゴリープロモーショングループ
ブランドスペシャリスト 渡邊香さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)ベビー・キッズグッズ、フランスを中心としたヨーロッパのブランド
ぬいぐるみ、おもちゃ、ライフスタイル雑貨、キッズコスメ、ベビーフレグランス、キッズアクセサリーなど
 
Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)お客様さまに喜んでもらえること。
必需品というよりも、そのモノが無くてもお子さんは育つけれど手にした瞬間にほっこりするHAPPYな気持ちをもってもらうこと。
まだ市場にないものを探して、すてきな売り場を編集できるように提案すること。
日本のファミリーに商品を通じて文化をお伝えしたいと思っています。
繊細な子育てをされる日本のファミリーに安心して使ってもらえるよう日本向けにカスタマイズをしてもらうなど、メーカーとの関係性を築くことも大事にしています。
 
Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)感想:特にフレグランスについてシャネルの言葉などを引用されたりベビーカーのトレンドなどをよく知っておられて博識なJUJUさんにびっくりしました!そして、春馬さんが子育てに関してまとめてコメントをしてくださってありがたかったです。
お二人共に、ベビー・キッズグッズに関心を寄せてくださってありがとうございます。
私は今までにない経験で丸裸にされてしまった感じでした!
見どころ:日本未入荷の商品との出会いと交渉の様子。モノだけでは無い人間関係。フランスの街並みや、米谷さん(撮影担当)の素敵な映像など

鈴木珠美さん

ベトナム料理 Kitchen
オーナーシェフ 鈴木珠美さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)食器、食材、料理器具、カトラリー、ベトナム雑貨など

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)“これだ”と思った商品はすぐに買う!!
(※ もっと良いものがあるかもと思っても意外に出会わないことが多いです。)

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)・美食の国ベトナムの最新のレストランやカフェ
     ・食べる花盛りだくさんの花鍋
     ・JUJUさんの辛い物好き。フレッシュのベトナム産グリーンペッパーを気に入っていただいてうれしかったです。
村山由衣さん

PLAZA バイヤー
村山由衣さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)ステーショナリーを中心とした雑貨を買い付けています。特に、女性のテンションが上がる見た目にもかわいくて、使っていると楽しくなるようなアイテムを買い付けています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)テンション&メッセージ!パッと見た時に「かわいい!」とテンションが上がるアイテム!
そして、メッセージを込めることで、商品を通してパワーを伝えられたらと思っています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)とても貴重な体験をさせて頂き、感謝しかありません!
そして何より、今回のメインテーマである「Girls Power」に共感して頂けたことは嬉しく、このパワーが日本中に広まってくれたら!と、思いました。
ニューヨークのカラフルでパワフルな世界観を楽しんで頂けたら嬉しいです!
石塚 奈帆美さん

エモントレーディングカンパニー 代表
商品開発 石塚 奈帆美さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)日本にまだ輸入されていない商品で、品質や面白さにもこだわっている商品。
レストラン用の肉類、オイル・ヴィネガー類、小売り用のお菓子など。
 
Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)現地メーカーとのパートナーシップにおいては、商品に対する情熱やこだわりの生産方法などを持っている生産者であり、お互いにリスペクトしあえるかどうかが第一です。そして、その商品を通して、地域性、希少性、受け継がれた伝統、すなわち、農業国フランスの“テロワール(風土、風味)”を伝えていきたいと思っています。
 
Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)これまで、ルーティンの食材探しとして渡仏していましたが、今回は、改めて生産者の商品を作り出すこだわりを再確認できました。そうした商品を日本に紹介できることに、感謝の気持ちでいっぱいです。今回の番組を通して、フランス人の何気ない日常生活のひとときが、皆様に伝わっていたなら嬉しい限りです。
柴野大造さん

マルガージェラート
職人 柴野大造さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)リコリスやズッパイングレーゼなどイタリアでは一般的なジェラート食材でも日本では馴染みが薄いもの。
また最新のジェラート製造に使用する野菜タンパク質パウダー(ジェラートを滑らかにする材料)や安定剤(カルーヴァ)など日本でまだ紹介されていない加工補助剤をサンプルとして持ち帰り自分のラボで試しています。
逆に日本の山椒や良質な抹茶、柚子ピール、イヌリン(食物繊維)などをイタリア職人仲間に食材、原料として紹介しています。
最近はジェラート食材以外にも骨董市でヴィンテージのジェラートマシンを購入することもありますし、将来的にジェラートミュージアムが店舗構想にあるのでジェラート関連グッズコレクションを始めています。
 
Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)作り手や生産者の背景にストーリーがあるものは魅力の一つですね。
あとは出会うタイミングは”必要必然”だと考えているので、自分が直感的にその瞬間心の琴線に引っかかったものは、その場で必ず手に入れています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)イタリアは本当に食のレベルが高いです。
そんなイタリアで、幅広い年代の方に愛されている国民食ジェラートは、単なる食品ではありません、”魂の食べ物”です。
実は大会に勝利することはそんなに重要ではありません。
そこに自分が存在することが大切で、職人同士の交流から何を学ぶのか。
僕にとってジェラート職人の仕事は、国際大会への挑戦や新しい味の追求を通して、素材と向き合い自分自身と対峙していくことだと思っています。
今回ご紹介するローマのジェラート職人たちは皆、ときに僕の人生の重要な場面で生きる道標を示してくれる心から尊敬するマエストロです。
そんな彼らの、様々な食材に自分の創造力を融合させて新しい価値観を創出し、その過程も心から楽しむ姿勢、その情熱と愛情を感じてもらえたらと思います。

スタジオ収録では、三浦春馬さんとJUJUさんがジェラートの魅力をたっぷり引き出してくれました。
ぜひお楽しみに!
森田一頼さん

リベルターブル
パティシエ 森田一頼さん

Q)普段旅先でどんな風に新作ケーキを発想しますか?
A)旅先で感じたインスピレーションを元に、その場所の風景やストーリーを思い浮かべて、新作の発想につなげ、頭の中で完成させる。
 
Q)新しくレシピを考える時のこだわりとその心を一言でお願いします。
A)独自性と記憶に残るものかどうかを追求する。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)日本にはフランスの物がほとんど輸入されている時代の中でどんな物に出会えるのか半信半疑でしたが、旅をして食材だけでなく沢山の出会いや文化を肌で感じることで得られたものが多かったと思います。パティシエとして自分の作品を創る大事な原動力になる旅になったと思います。
和泉啓子さん

株式会社ユナイテッド・アローズ バイヤー
和泉啓子さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)ウィメンズ雑貨全般の買い付けをしています。靴をはじめ、帽子、バッグ、アクセサリー、Swimwearやかさなど多岐に渡ります。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)・履いている人が想像できる靴
     ・リアルなスタイリングに合う靴
     ・"出会い”だと思ってもらえるような靴

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)JUJUさんの“shoes占い”必見です!
小林モー子さん

刺繍家 小林モー子さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)刺繍に使う材料を買い付けています。
主に作品や教材に使うビーズやスパンコールですが、その中でもヴィンテージビーズを探していて、1930年代のものが私にとって貴重です。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)「コミュニケーション!!」 定期的に足を運び会話をして購入する事で、信用も得られ、情報をもらえる事もあります。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)番組造りの現場を少し見る事が出来、同じ物造りとして勉強になることが沢山ありました。スタジオの体験も楽しかったです。
久田惠理さん

フロマジュリーヒサダ パリ代表 / チーズ熟成士
久田惠理さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)チーズ、ワイン、生ハム、サラミ、チーズ関連グッズ

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)”愛”がたくさんあります。作り手が動物を愛し、自然を愛し、チーズを作り、育てる。そしてそれを食べた人が、幸せな笑顔と健康になる。
自然がくれる恵みを愛をもって買い付け想いと共に届けています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)TVにたくさんの方々の手がかかわっているんだと知りました。とても楽しく旅の取材をさせていただきありがとうございました。とても良い経験をさせていただきました。
中島 英恵さん

アヴェック アッシュ
ファッションコンサルタント&ディレクター / バイイングアドバイザー
中島英恵さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)世界(国内・海外)のデザイナーブランドのファッション(お洋服)をメインに彩りの小物のバイイングサポートを行っています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)お客様にときめきと、ストーリーを感じていただけるような素敵なもの。時代のムードとデザイナーの方々のこだわりと魅力がマッチした素敵なもの。デザインとクオリティとプライスと付加価値がクラス感に応じて、バランスの良い素敵なもの。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)今回は特別編ということで、通常のバイイングトリップではなく、ファッションでも盛り上がりを見せているエネルギッシュなロンドンへ。まさかのJUJUさんとご一緒させて頂き、一生の想い出となりました(笑)。収録でもMCお二人のセンスとファッションを楽しむ姿がとても素敵で、そんなお二人のようにこれからもファッションを自由に楽しんでいただけるよう、改めて明日への活力をいただきました。本当にありがとうございました!!

※過去3か月分を掲載しています。

Page Top