4月1日(日)放送

◆オトメウタ

~昼は遠目にお姿を   見て楽しゅんで仕事して   夜は夜は嬉しや   そばの花~
「お姿節」


3月18日(日)放送

◆タミカルチャー

香川県高松市 高松平家物語歴史館


◆オトメウタ

~俺(おら)が若いとき一筆啓上しからば
   その後(のち)言式(ことしき)さらりと
   ちんちょちんちょと書いたる文(ふみ)を
   嬶(かか)に読まれてあの手が下がる~
「岩室甚句」


3月11日(日)放送

◆タミカルチャー

新潟県佐渡市 佐渡金山


◆オトメウタ

~あたしに逢いたけりゃ   音に聞こえし大洗下の
   大きな石をかき分けて   小さな石をかき分けて
   細かい小砂利を紙に包んで   三尺小窓の小屏風のかげから
   パラリパラリと投げしゃんせ
   その時ゃあたしが推量して   雨が降ってきたと逢いに出る~
「大洗甚句」


3月4日(日)放送

◆タミカルチャー

北海道札幌市 「レトロスペース・坂会館」


◆オトメウタ

~かわい男の洗い番の時に   お顔見たさにまわり道~
「南部酒屋唄~流し唄」


2月18日(日)放送

◆タミカルチャー

愛知県犬山市 「桃太郎神社」


◆オトメウタ

~祖谷(いや)のかずら橋ゃゆらゆら揺れど   主(ぬし)と手を引きゃ怖くない~
「祖谷の粉ひき唄」


2月11日(日)放送

◆タミカルチャー

島根県出雲市 「平田一式飾」


◆オトメウタ

~姿見えねど一節(ひとふし)聞けば   想うお方とすぐ知れる
    ままにならないこの月明かり   人目忍んで紅をさす~
「江戸二上り」


2月4日(日)放送

◆タミカルチャー

鹿児島県指宿市 「イッシー」「そうめん流し」


◆オトメウタ

~おらが娘の器量を見やれ   燃えて解かした高嶺の雪を   袖にすくって玉の肌~
「お六甚句」


1月21日(日)放送

◆タミカルチャー

千葉県松戸市 松戸市立博物館「常盤平団地再現」


◆オトメウタ

~あなたがその気で言うのなら   思い切ります別れます
     元の娘の十八に   返してくれたら別れます~
「北九州炭坑節」


1月14日(日)放送

◆タミカルチャー

埼玉県吉見町 吉見百穴


◆オトメウタ

~三千世界のカラスを殺(しな)し   主と朝寝がしてみたい~
「男なら」


1月7日(日)放送

◆タミカルチャー

青森県五所川原市 地吹雪体験


◆オトメウタ

~手と手つなげば   輪に輪ができるよ   惚れた二人を真ん中によ~
「北海盆唄」


11月19日(日)放送

◆タミカルチャー

福岡県久留米市 鯉とりまあしゃん


◆オトメウタ

~東京大島は針金便り   主と私は文便り~
~わしが思うこと字に書いたならば   一帖紙にも書き余る~
「大島あんこ節」


11月12日(日)放送

◆タミカルチャー

秋田県大館市 秋田犬会館


◆オトメウタ

~笠を忘れた   箱根の茶屋に   空が曇れば 思い出す~
~箱根御番所と   新井がなけりゃ   連れて行きましょ   上方へ~
「箱根馬子唄」


11月5日(日)放送

◆タミカルチャー

岩手県遠野市 股旅舞踊全国大会


◆オトメウタ

~雨のショボショボ降る夜は恋しさ勝る
   せめて待つ夜は来たがよい
   わしにばっかり気を持たせ
   長々しい夜をひとり寝の
   してまた世の中陽気で行かしゃんせ~
「雨の降る夜節」


10月22日(日)放送

◆タミカルチャー

福岡県飯塚市   24時間ソフトボール大会


◆オトメウタ

~あえばさほどの話もないが   あわなきゃその日が過ごされぬ~
~遠く離れてあいたいときは   月が鏡となれば良い~
「常磐炭坑節」


10月15日(日)放送

◆タミカルチャー

岐阜県東白川村   つちのこ資料館


◆オトメウタ

~当座の花なら   なぜこのように   かたい私を   迷わせた~
~心の迷いか   未練のせいか   誰もがあなたに   似て見える~
「新相馬節」


10月8日(日)放送

◆タミカルチャー

長崎県雲仙市   マリーンアート館


◆オトメウタ

~おっしょべナー   胸の火消されぬ春の夜は   のぼりつめます松の木も~
「おっしょべ節」


10月1日(日)放送

◆タミカルチャー

青森市   青函連絡船メモリアルシップ・八甲田丸


◆オトメウタ

~三朝湯の神   ひとりがおすき   ひとりゃ寝しゃせぬ   寝しゃせぬ   帰しゃせぬ~
「三朝小唄」


9月17日(日)放送

◆タミカルチャー

三重県松阪市 虹の泉


◆オトメウタ

~夢に見るようじゃ   惚れよがたりぬ   しんそこ惚れたら   寝らりょうか~
~いやな   いやな   いやなお方に目かくしさせて   好きなあなたと   かくれんぼ~
「新土佐節」


9月10日(日)放送

◆タミカルチャー

福島県本宮市 本宮映画劇場


◆オトメウタ

~一輪咲いても花は花   一夜のあらしに散るはイヤ
   たとえ草履の鼻緒でも   切れて気持ちのよいものか~
~一度咲く花二度までも   咲かせたいとは思えども
   月にむら雲   花に風   浮世はままにならぬもの~
「道南ナット節」


9月3日(日)放送

◆タミカルチャー

富山県小矢部市 メルヘンの街


◆オトメウタ

~来るか来るかと待たせておいて   よそにそれたかはぐれ雲~
~お前吹く風わしゃ飛ぶ木の葉   どこへ落ちるも風次第~
「お山コ三里」


8月20日(日)放送

◆タミカルチャー

千葉県鋸南町の日本寺


◆オトメウタ

~わたしゃ真室川の梅の花   あなたマタこの町のウグイスよ
花の咲くのを待ちかねて   蕾のうちから通うてくる~
~あなたは御殿の八重桜   わたしゃマタ垣根の朝顔よ
いくら程よく咲いたとて   御殿の桜にゃ届かない~
「真室川音頭」


8月13日(日)放送

◆タミカルチャー

沖縄県伊平屋村のかかし祭り


◆オトメウタ

~おれと行かねかあの山陰さ   駒コ育てる萩刈りに~
~わたしゃ外山の日陰のわらび   誰も折らぬでほだとなる~
「外山節」


8月6日(日)放送

◆タミカルチャー

岐阜県郡上市の食品サンプル


◆オトメウタ

~糸は千本切れてもつなぐ   切れた情けはつながらぬ~
~待てど帰らぬお方と知りつ   今日もくるくる糸車~
「吾野の機織り唄」


7月23日(日)放送

◆タミカルチャー

青森県風間浦村の烏賊様(イカサマ)レース


◆オトメウタ

~木更津照るとも東京は曇れ   可愛いお方が日にやける~
~船は千来る万来る中に   わしの待つ船まだ見えぬ~
「木更津甚句」


7月16日(日)放送

◆タミカルチャー

熊本県小国町の杖立温泉

熊本県小国町の杖立温泉
杖立温泉蒸し場
杖立プリン

◆オトメウタ

~鳴くなチャボ鳥   まだ夜が明けぬ   明けりゃお山の鐘が鳴る~
~ひとり徒然だ   この山道を   一声鳴かんせ   ホトトギス~
「夏の山唄」


7月9日(日)放送

◆タミカルチャー

香川県直島町の直島銭湯「I・湯」
香川県直島町の直島銭湯「I・湯」
香川県直島町の直島銭湯「I・湯」

◆オトメウタ

~岳の新太郎さんは高木の熟柿   竿じゃ届かぬ   登りゃえぬ~
~岳の新太郎さんの下らす道にゃ   銅の千燈籠ないと   明かれかし~
「岳の新太郎さん」


7月2日(日)放送

◆タミカルチャー

福島県福島市のUFOふれあい館

福島県福島市のUFOふれあい館
福島県福島市のUFOふれあい館
福島県福島市のUFOふれあい館

◆オトメウタ

~わしの心と底土の浜は   小石小石と松ばかり~
~こんな恋しい八丈すてて   どこへ何しにおじゃるやら~
「八丈ショメ節」


6月18日(日)放送

◆タミカルチャー

福岡県大野城市のこてえ美術館

福岡県大野城市のこてえ美術館
福岡県大野城市のこてえ美術館
福岡県大野城市のこてえ美術館

◆オトメウタ

~わたしゃ大島   御神火育ち   胸に煙は絶えはせぬ~
~うつつ心で柱にもたれ   起きていながら主の夢~
「大島節」


6月11日(日)放送

◆タミカルチャー

広島県福山市   鞆の津ミュージアム

広島県福山市 鞆の津ミュージアム
広島県福山市 鞆の津ミュージアム

◆オトメウタ

~月の出頃と約束したが   月は山端に   わしゃここに~
~遠いあぜ道   良う来てくれた   裾が濡れづら   豆の葉で~
「ホッチョセ」


6月4日(日)放送

◆タミカルチャー

青森県新郷村のキリスト祭

青森県新郷村のキリスト祭

◆オトメウタ

~ままになるなら   あの八鬼山を   鍬でならして   通わせる~
~起きて沖見りゃ   沖ァ白波の   殿御やらりょか   あの中へ~
「尾鷲節」


5月21日(日)放送

◆タミカルチャー

京都府八幡市の飛行神社

京都府八幡市の飛行神社

◆オトメウタ

~庭の山茱萸の木   鳴る鈴かけて   鈴の鳴るときゃ出ておじゃれ~
~鈴の鳴るときゃ   なんと言うて出ましょ   駒に水くりょと   言うて出ましょ~
「ひえつき節」


5月14日(日)放送

◆タミカルチャー

沖縄県伊平屋村のかかし祭り

沖縄県伊平屋村のかかし祭り
沖縄県伊平屋村のかかし祭り

◆オトメウタ

~おれと行かねかあの山陰さ   駒コ育てる萩刈りに~
~わたしゃ外山の日陰のわらび   誰も折らぬでほだとなる~
「外山節」


5月7日(日)放送

◆タミカルチャー

宮崎県高鍋町   高鍋大師


◆オトメウタ

~親は鈍なもの   柴茶に迷うて   知らぬ他村に   娘やる~
~今年初めて   姑に添えば   石で袴を   縫えと言うた~
「のんしこら」


4月23日(日)放送

◆タミカルチャー

香川県高松市の女木島(通称・鬼ヶ島)


◆オトメウタ

~皺はよれども   あの梅干しは   色気はなれぬ   粋な奴~
~歳は二十代   わがとし共に   しじゅう届かぬ   ことばかり~
「梅干し」


4月16日(日)放送

◆タミカルチャー

千葉県鋸南町の日本寺


◆オトメウタ

~わたしゃ真室川の梅の花   あなたマタこの町のウグイスよ
   花の咲くのを待ちかねて   蕾のうちから通うてくる~
~あなたは御殿の八重桜    わたしゃマタ垣根の朝顔よ
   いくら程よく咲いたとて   御殿の桜にゃ届かない~
   「真室川音頭」


4月9日(日)放送

◆タミカルチャー

東京都の民謡酒場


◆オトメウタ

~姉こもさ   ほこらばほこれ   若いうち   桜花   咲いての後は   誰折らば~
~折りたくば   訪ねてござれ   沢雨に   別れるに   糸より細く   別れます~
「姉こもさ」


3月5日(日)放送

◆タミカルチャー

島根県西ノ島町の由良比女神社

◆オトメウタ

~高い山でも   登れば下る   私ゃあなたに   片登り~
~来いといわれて   行くそのよさは   足の軽さよ   嬉しさよ~
「高山音頭」


Page Top