番組紹介

歌は歌い継がれることでスタンダードとなり、永遠の命を授けられます。 

この番組では、ジャンルを超えたJ-POPのアーティスト達が、日本の歌謡曲やポップスを中心に、自身が影響を受けた名曲を、それぞれの持ち味でカバーし、新しい命を吹き込んでいきます。
名曲と「今」を走り続けるアーティストのコラボレーションは、世代を超えた視聴者の皆様に、新鮮な感動を届けてくれるはずです。その歌と共に青春を生きた方々は、甘酸っぱい懐かしさも感じて頂けるはず。
アーティスト御自身の楽曲ももちろん披露して頂きます。MCは、歌謡曲をこよなく愛する、リリー・フランキーさん。そして、この4月から女優の仲里依紗さんが新たにMCとして参加。3年目を迎えた番組を華やかに彩ってくれます。

月曜日の夜、懐かしくて新鮮な音楽と、ゆったりした語らいに少しだけお付き合い下さい。きっと素敵な一週間になるはずです。

出演者

リリー・フランキー

イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。
初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は2006年本屋大賞を受賞し220万部を超え、絵本『おでんくん』はアニメ化。音楽活動では、総合プロデュースした藤田恵美「花束と猫」(ポニーキャニオン)が「第54回 輝く!日本レコード大賞」において優秀アルバム賞を受賞。俳優としては、映画『ぐるりのこと。』でブルーリボン賞新人賞を受賞。最近の出演作『凶悪』(13/監督:白石和彌)『そして父になる』(13/監督:是枝裕和)では、第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞(『そして父になる』)優秀助演男優賞(『凶悪』)ほか多数の映画賞を受賞
仲 里依紗

仲 里依紗

1989年生まれ。長崎県出身。女優。
ドラマ、映画に出演する他、ファッション誌ではモデルとしても活動。
2006年劇場版アニメ「時をかける少女」のヒロインの声を担当して高い評価を受け話題に。
2010年実写版「時をかける少女」、「ゼブラーマン~ゼブラシティの逆襲」では、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞、第25回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞。
最近の主な出演作に、ドラマ「逃げる女」(NHK)「テミスの求刑」(WOWOW)「昨夜のカレー、明日のパン」(NHK-BS)、「きょうは会社休みます。」(NTV)、映画「土竜の唄」などがある。
Page Top