「今回の見どころ」長崎県島原市

放送日:BSプレミアム 8月11日(日)/8月17日(土)/8月23日(金)

長崎県島原市
長崎県島原市

今回は長崎県島原市からです。今回、進行をご一緒いただいたのは徳永ゆうきさんです。リハーサル、本番ともに番組冒頭から細川たかしさんにアドリブの質問をいっぱいされています。タジタジする姿がなんともチャーミングです。終了後、そのことを伺うと「細川さん。いつも僕を気にかけてくれているんです。関西出身ですから、そのやり取りでお客さんに楽しんでいただけるとうれしくなっちゃうんですね」となんとも前向き!この明るさがみんなに好かれる理由なんでしょうね。新曲コーナーでは、総合テレビ「ニュースシブ5時」でもおなじみの「渋谷節だよ青春は!」を歌われます。思わず踊りたくなる歌、お子さんと一緒にお楽しみください。

地元からは、ON AND ONのみなさんです。椎名佐千子さんの歌う「コーヒールンバ」に合わせてダンスを披露。普段から島原文化会館などで定期公演を行っているだけあって、勝手知ったるホームグランドでのびのび華麗なダンスです。衣装は今回のためにグループでご準備くださり、振り付けも今回に合わせて作ったオリジナルです。歌詞にある「みんなで陽気に飲んで踊ろう」をイメージされたそうです。楽しそうなみなさんに見とれてしまいますよ!


「今回の見どころ」長野県塩尻市

放送日:BSプレミアム 8月4日(日)/8月10日(土)/8月16日(金)| BS4K 8月26日(月)/9月2日(月)

長野県塩尻市
長野県塩尻市

今回は長野県塩尻市からの放送です。進行をご一緒頂いたのは竹島宏さん。竹島さんといえば振り付き歌唱。「僕はダンスの経験がないですから。完全に踊らされているんです(笑)“踊らされちゃう歌謡曲”と呼んでいますが、第三弾「夢の振り子」もいかに自らの意思で踊っていないのかを楽しんでいただこうと思います」と話され、そのポーズも一緒にとってくれました。そして、竹島ワールド炸裂なのはなんと言っても「司会進行」です。私が興奮しておしゃべりしすぎると止めてくれたり、感想をいろんな方に振ったり。とにかくかっこいいです。その背景には、舞台裏、舞台袖で全歌手の皆さんに声をかけていて、安心して舞台に立ってもらおうという心意気があるんだなと思いました。MC(マスターオブセレモニー)とはこうあらねばというのを勉強させて頂きました。

そして、地元からはレザン少年少女合唱団のみなさん。小学2年生から専門学校生まで幅広い年代で結成されています。普段から今回の会場で練習や発表会をやっているとあって、ホームグラウンドでの安定感抜群です。「レザン」とはフランス語で「ブドウの実」。合唱団1人1人も“粒だった”コーラスにご注目!


「今回の見どころ」栃木県那須塩原市

放送日:BSプレミアム 7月14日(日)/7月20日(土)/7月26日(金)| BS4K 7月29日(月)/8月5日(月)

栃木県那須塩原市
栃木県那須塩原市
栃木県那須塩原市
栃木県那須塩原市
栃木県那須塩原市

今回は栃木県の那須塩原市からです。県の北部に位置し、那須岳などの山々が目の前に迫る自然豊かなところです。栃木といえば、作曲家・船村徹さんの出身地。そこで今回は船村メロディー満載です。古今東西名曲特選では、船村さんのお弟子さんだった、走裕介さん、村木弾さんによる新ユニット「船村兄弟」が「別れの一本杉」「男の友情」を師匠に捧げる思いで熱唱します。スペシャルステージの名人戦でも船村徹作品での対戦があります。お楽しみに。

そして、進行をご一緒した伍代夏子さんとは「それいけ!民謡うた祭り」で司会をしていたこともあり「息ぴったり(伍代さん談)」でできました。伍代さんは司会をされるときはいつも「おもてなしの心」にあふれています。スペシャルステージでキム・ヨンジャさんが感情をこめて歌い終わると袖でキムさんを待って手をつなぎ、一言。「こころに響く歌でした。感動しましたわ。」すると、キムさんは涙を浮かべ笑顔に。私もいつの日か歌手の皆さんにそうした声をかけられる司会になりたいものです。

さて、地元出演者は、那須塩原市立厚崎中学校・合唱部のみなさんです。規律や礼儀正しい生徒さんたちで、楽屋に挨拶に行くと私の姿を見るなり背筋を伸ばして全員で声をそろえ「こんにちは。きょうはどうぞよろしくお願いします」の大きな挨拶をしてくれました。部長さんに伺うと「不撓不屈の精神が部訓です。苦労や困難に負けない自助の心。そして、友達を思いやり助ける気持ち、共助を大切にしています」と。立派です。その姿勢は歌声にもあらわれています。船村徹さん作曲の「宗谷岬」を岩佐美咲さんと歌います。澄み渡る歌声をどうぞお聞きください。

さて、きょうはもうひとつ。舞台裏を少しご紹介しましょう。「新・BS日本のうた」が誇る美術部のみなさんが用意しているのは、スペシャルステージで登場する大きな垂れ幕です。氷川きよしさんたちが選んだ曲目がここに書かれているのですが、本番、私の合図とともに天井からびしっと降りてきます。単純にまいていけばいいのかと思っていたのですが、準備をみていたら垂れ幕を最初はきつめに3~4周まき、そのあとはゆるく、最後は蛇腹状に畳んでいきます。こうしないと、きれいに、勢いよくまっすぐに降りてこないんですって。「こうする理由はわからないんだけど、NHK美術部の長年の知恵と苦労が詰まっています。本番、うまくいくよう祈っています。」と話してくれました。ぜひ、テレビの前でご覧ください。


「今回の見どころ」広島県三原市

放送日:BSプレミアム 7月7日(日)/7月13日(土)/7月19日(金)| BS4K 7月22日(月)/7月29日(月)
広島県三原市
広島県三原市

今回は、広島県三原市からの放送です。
司会進行をご一緒頂いたのは、丘みどりさん。私が広島放送局に勤務していたこともあり、第一声は「三原市のおいしい特産は何ですか?」の質問でした。

三原はタコ漁が盛んで、たこの刺身、たこ飯(タコを入れた炊き込みご飯)、たこ焼き、たこ天など次から次へと話すと、「わたし、タコ食べて帰らなきゃ~~」とステージのエンディングでお客さんに叫んでいました。丘さんのSNSを見たら、三原の大きなタコのモニュメントと記念写真撮っていました。そんな丘さん、今回は他の場面でも叫んでいました。それは地元出演者が出たシーン。今回は如水館高校のチアリーディング部のみなさまにご出演していただいたのですが、ステージ天井に届かんばかりのジャンプやスタンツ(組み体操)は見ごたえたっぷりです。元気な元気なチアメンバーの真ん中で歌ったのは「イルカにのった少年」の城みちるさん。『青春』を感じるシーンになっていますよ!お楽しみに!


「今回の見どころ」北海道旭川市

放送日:BSプレミアム 6月23日(日)/6月29日(土)/7月5日(金)

北海道旭川市
北海道旭川市

今回は、北海道旭川市からの放送です。司会進行をご一緒いただいたのは、旭川出身の水田竜子さん。「ふるさとで、歌に、司会に、舞いができるのを楽しみにしていました」の言葉。そう、今回も大活躍ですよ。歌はもちろん、司会進行では地元ならでは情報を交えてくださり、舞いでは、傘を使ったパフォーマンスを披露してくださいました。
舞台袖では、旭川の食べ物トークを私と繰り広げ「旭川ラーメンに、新子焼き(若鶏の手羽を含む骨付き半身を素焼きしたものだそうです)。おなかが減ってきますよね」とお互い話していました。

そして、地元出演者は、旭川実業高校から吹奏楽部と合唱サークルのみなさん。吹奏楽部の合言葉は「感激」。「聞いている人に感激してもらい、弾いている私たちも感激するそんな音楽を目指しています」。合唱サークルのメンバーは、「サークルを部にすることが目標です。今回のような機会を大切にしたいです」。旭川市ななかまど少年少女合唱団は私のすぐそばにいる皆さん。今回は4人で参加してくれました。「ステージを楽しむのが目標です」と笑顔で答えてくれました。そして、北海道教育大学旭川校混声合唱団のみなさんは「チームワーク。絆を大切にしています」といいます。みなさん、歌や合奏での参加だけでなく、様々なシーンでステージを盛り上げてくれました。ありがとうございます!!


※過去5回分を掲載しています。

Page Top