キャスター

山本萩子(平日キャスター)

山本萩子(平日キャスター)

■出身地: 神奈川県

■趣味・特技: 野球観戦、馬術(障害飛越)

■忘れられない野球のシーン:
2019年3月21日に東京ドームで見たMLB開幕戦です。番組キャスターになって初めての取材の日に、まさか現役生活に終止符を打つイチローさんの姿を目撃することになるとは思っていませんでした。試合途中の19時10分に通信社が速報。球場全体がどよめき、異様な雰囲気に変わりました。誰もが祈るように見守る中で打席に立ったイチローさんの仕草のひとつひとつや、打席を外した数秒間に生まれた空気、そして最後まで懸命に一塁ベースを駆け抜けた姿…。この日一塁側の内野席から見たイチローさんの背中と、球場の雰囲気と渦巻く歓声を、一生忘れることはないと思います。

■ひとこと:
データは野球をより詳細に捉え、その奥深さをより鮮明に見せてくれる要素であると感じています。
日々進化する野球とその見方を、私自身楽しみつつ、皆さんと共有していきたいです。


上田まりえ(土日キャスター)

上田まりえ(土日キャスター)

■出身地: 鳥取県境港市
■趣味・特技:
スポーツ観戦…野球は日本のプロ野球から独立リーグ、社会人、大学、高校。韓国プロ野球とMLB観戦にも行きました。次に狙うは台湾! 野球だけではなく、スポーツは全般好きで、いろんな競技を観戦します。バックネット裏でスコアをつけながら観るのがいつものスタイルです。

何かを作ること…料理、裁縫、アクセサリー作り、ミニ四駆など

■忘れられない野球のシーン:
以前、夫が社会人野球の投手としてプレーしていました。日本選手権の決勝戦。しびれる場面で中継ぎとして夫の名前がアナウンスされた瞬間、心臓がバクバクして、息を吸うのも苦しくなるほど緊張しました。無事にアウトを取って戻ってきた瞬間、まさに飛び上がって喜びました。優勝の瞬間に家族として立ち会うことができ、今までとは違う気持ちをスタンドにいるみなさんと共有できたことは、これから先、二度とない経験なのだろうと思います。

■伝えたいこと:
データを用いること、選手の声を聞くことで、“答え合わせ”をして理論を補強!表面だけでなく、芯から野球を楽しむためのお手伝いができればと思っています。また、今シーズンから日本のプロ野球もお伝えすることになりました。ベースボールと野球の違いとは? 選手のみなさんのプレーを観ながら、どんどん発見していきたいです。


解説者

黒木知宏

黒木知宏

■出身地: 宮崎県日向市

■プロフィール:
愛称『ジョニー』
1995 年千葉ロッテマリーンズ入団。1 年目から小宮山、伊良部投手等とともにローテーションの一角として活躍。最多勝、最優秀勝率など数々の賞を獲得し、リーグや球界を代表する投手となる。日本代表として2000年のシドニーオリンピックにも出場。
2001 年からは怪我に悩まされ続けるも2005 年に執念の復帰。チームも31 年ぶりの日本一を達成した。
2007 年12 月に現役引退を発表。引退後は、野球解説をつとめる傍ら、「スポッツプロジェクト」を立ち上げ、自らを育ててくれた「野球」のさらなる発展、普及活動に力を入れている。
2013年、北海道日本ハムファイターズの投手コーチに就任。大谷翔平選手らを育て上げる。チームは2016年、4年ぶりの日本一に。
2018年から再び野球解説者として活動。
2019年からは『ワースポ×MLB』メイン解説として出演中。

■趣味・特技: 磯釣り・ゴルフ

■忘れられない野球のシーン:
1998年7月7日 対オリックス戦。七夕の悲劇とその後語り継がれる試合

■ひとこと:
野球の面白さ、奥深さを色々な角度から、様々なデータを元に、わかりやすく皆さんにお伝えしていきますので、是非、ご覧ください!


小早川毅彦

小早川毅彦

■出身地: 広島市安芸区

■プロフィール:
広島東洋カープ(1984~1996)
ヤクルトスワローズ(1997~1999)

■趣味・特技: 映画鑑賞 水族館めぐり 地図を見ること

■忘れられない野球のシーン:
1987年9月20日、巨人・江川卓投手から打ったサヨナラ逆転2ランホームランと、ヤクルトに移籍した1997年の開幕戦に巨人・斎藤雅樹投手から打った3打席連続ホームラン。

■ひとこと:
野球は考える時間があるスポーツです。選手は投げる、打つ、守る・・・それぞれの立場で考え、1球1球に集中します。プロ野球もメジャーリーグも「野球」であることに違いはありません。番組をご覧になった方の野球を見る角度が変わるような、面白さや奥深さがより伝わるような、そんな解説を目指したいと思います。


馬見塚尚孝

馬見塚尚孝

■出身地: 大分市

■プロフィール :
1993年 筑波大学整形外科
2006年 筑波大学硬式野球部チームドクター(2010年同部長)
2010年 筑波大学水戸地域医療センター整形外科講師
2019年 ベースボール&スポーツクリニック 野球医学センター長

日本整形外科学会専門医 、日本体育協会(現スポーツ協会)公認スポーツドクター
   
■書籍: 「『野球医学』の教科書」、「高校球児なら知っておきたい野球医学」、「新版『野球医学』の教科書」

■趣味・特技: 温泉巡り、山菜取り、釣り

■忘れられない野球のシーン:
高校1年の秋にショートでサヨナラエラーをしたこと。
大学時代優勝投手で胴上げしてもらったこと。

■ひとこと:
野球において医学は“投球数制限”のように「ブレーキ」を踏むことが中心と捉えられがちですが、本当は選手のパフォーマンスを最大化するために必要な「アクセル」の一つです。このアクセルの役割をご紹介できればと思っています!

Page Top