このページを閲覧する場合は、「Javascript」の設定を有効にする 必要があります。

放送予定


再放送予定


過去1か月の放送

番組紹介

昭和16 年―
小野寺百合子(薬師丸ひろ子) は、陸軍武官としてストックホルムに駐在していた夫・信(香川照之) がいるスウェーデンに旅立った。到着したその日から、百合子は夫が入手した極秘情報を暗号化し日本の参謀本部に送る毎日を過ごす事となる。夫婦共同で諜報作業にあたり、機密を守るためだった。
外出の時には必ず見張りがつき、子供の命が危険にさらされる緊張の日々が続いた。百合子は母としての悲痛な気持ちを押し殺し電文を送った。そんなある日、信はヤルタ会談で交わされた連合国の密約の存在を知る。それは「ソ連ガ対日参戦ヲ決メタ」というもの。日本の敗戦を決定づける極秘情報だった。
百合子は、この情報を本国が受け取ればきっと和平に動くと信じ打電し続けた。しかし、小野寺夫婦の情報はついに活かされる事なく、原爆が投下され、日本は敗戦を迎える…。

戦後、百合子は『ムーミンパパの思い出』など児童文学の翻訳に携わる。一方、信は戦時中の事には堅く口を閉ざし、無念の思いで日々を過ごしていた。夫にかつての誇りを取り戻して欲しいと願う百合子は、自分たちはもう1度、過去と向き合うべきだと語る。信は、消えた電文の行方を探る決意をする。
戦争の最前線を生きた稀有な女性の姿を通して描く、夫婦の愛の物語。

【 作 】池端俊策
【原  案】岡部 伸「消えたヤルタ密約緊急電」
【音  楽】千住 明
【出  演】薬師丸ひろ子  香川照之
              イヴォ・ウッキヴィ  千葉哲也  利重剛  戸田昌宏  加藤剛
              小林勝也  山本龍二  菅田俊  三田村周三  小倉一郎  金田明夫  佐野史郎  吉田鋼太郎  ほか
  


登場人物

小野寺百合子(薬師丸ひろ子)
Onodera Yuriko

明治39年(1906)陸軍大将の祖父がいる軍人の家に生まれる。ストックホルムでは、夫の諜報活動を手伝い、暗号電文の作成および解読の作業を受け持った。「銃後」ではなく「最前線」で戦争に参加した女性である。絵本が好きで、子供たちに読み聞かせてやるのが無上の喜びの一つ。戦後は、ムーミンシリーズなどの翻訳家として活躍した。

小野寺百合子(薬師丸ひろ子)

小野寺 信(香川照之)
Onodera Makoto

明治30年(1897)生まれ。陸軍の参謀本部ロシア課に所属した情報士官。ロシア語とドイツ語に堪能。誠実な人柄から各国のスパイに信頼され、貴重な情報を得る事が出来たという。「諜報の神様」といわれヨーロッパにおける日本のインテリジェンスオフィサーの中心として活躍。その動向は、イギリスの情報局やアメリカのOSS(CIAの前身)も注視した。

小野寺 信(香川照之)

ペーター・イワノフ(イヴォ・ウッキヴィ)
Peter Ivanov

元々はポーランド軍NO.1の情報将校。祖国がドイツに占領された後、スウェーデンに逃げこんだのを小野寺がかくまい武官室の事務員として雇っていた。小野寺の人間性に惚れ心から信頼していた。「ヤルタ密約」をはじめ、数々の貴重な情報をもたらす事になる。

 ペーター・イワノフ(イヴォ・ウッキヴィ)

佐佐木信綱(加藤 剛)
Sasaki Nobutsuna

歌人、国文学者。短歌結社「竹柏会」を主宰し、多くの歌人を育成した。百合子にとっては、若いころからの歌の師。歌を通じて百合子の人生に影響を与える。

佐佐木信綱(加藤剛)

原島 浩(吉田鋼太郎)
Harashima Hiroshi

駐ドイツ大使。ドイツ語に堪能で日独伊三国同盟を推進した中心人物。ヒトラー信奉者で、実際にヒトラーからの信任も非常に厚い。小野寺夫婦に対して、ドイツに有利な情報を流すように圧力をかける。

原島 浩(吉田鋼太郎)

戦時中のスウェーデンは…

西の隣国ノルウェーはドイツに占領され、東のフィンランドはソ連の侵攻を受けていたが、スウェーデンは中立を保っていた。そのため、欧州の中では情報戦に最も力を入れており、首都ストックホルムには、欧州の最前線情報が集まっていた。

スウェーデン地図

制作者コメント

百合子さんの絵本メモ    作 : 池端俊策

絵本、童話が好きでムーミンの翻訳まで手がけた小野寺百合子さんは、第二次世界大戦の最中、スウェーデンの駐在武官であった陸軍軍人の夫の下でスパイ活動に協力していた。その事実だけで十分ドラマの主人公たり得ますが、本当に興味深いのは、百合子さんが太平洋戦争になだれ込んだ日本という国の危うさ、無責任な為政者達の実態を、外地から言わば俯瞰で見ていたということ、その不幸な国家の有様とどういう心情で向き合い、軍人の夫とどう折り合って生きたのか、その内面の葛藤が今も我々の胸を打つということです。童話という夢の世界と、戦争という現実世界を同時に抱えて生きた百合子さんの人生は、現代にも様々な暗示を与えてくれると思いました。

届かなかった言葉    制作統括 : 訓覇 圭

小野寺夫婦の物語を知った時、二つのことが強く心に響きました。一つは、夫婦が命がけで集めた情報が誰にも届かなかったこと。送れども送れども、本国からの返信は来ない。その一方通行の「届かない」絶望が切なく、やるせなく。もう一つは、晩年、そんな自らの過去を子供たちに語る決意をしたこと。墓場まで持っていくはずの過去を、何故語ったのか?絶望を経てなお、何を未来に届けようとしたのか?そのことを知りたいと強く思いました。戦争という題材は重い荷物です。共に背負って頂いた薬師丸さん、香川さんに感謝の気持ちでいっぱいです。大好きなお二人の芝居を通して、見て頂いた方に小野寺夫婦の何かが「届けば」これ以上の幸せはありません。

鈍色の空が晴れる日    演出 : 柳川 強

昨年9月、ストックホルムでの撮影初日、北欧特有の濃霧が発生し、近くにいる人間も判別出来ない状態で「撮影は出来るのか?」とヤキモキ待った事を昨日のように思い出します。待つこと1時間、空は嘘のように快晴となり撮影は無事スタートしたのですが、私はハタと考えました。このドラマの主人公―小野寺信・百合子夫妻の人生の霧は晴れたのか?快晴の空はあったのだろうか、と。日本の戦争の帰趨を決する情報を送ったにも関わらず、本国がその情報を活かした形跡はなく、何十万もの無駄な命が奪われた。夫妻にとっての戦後は、きっと無念の日々の連続に違いなく、その眼に映る空は常に鈍色(にびいろ)だったのではあるまいか、と。“いつか、鈍色の空が晴れる日が来て欲しい” 夫妻の思いと今を生きる私達の願いを重ね合わせました…。とくとご覧ください。

よくあるご質問(FAQ)

「皆様のご質問にお答えします」
このページでは、視聴者の皆様からメールなどにて頂いたご質問のうち、数が多かったものや、特に目立ったもの、今後多くの問い合わせが予想されるものについてお答えしています。
ご意見やお問い合わせなどは みなさまの声にお応えします にてお願いいたします。
全てのメールにお返事できない場合がございますので、あしからずご了承ください。
また、個人情報の保護につきましては、プライバシーポリシー をご覧ください。

「Q.放送予定を教えてください。」
2016年7月30日(土)夜9時から10時30分まで(90分)
総合テレビにて放送を予定しております。

「Q.再放送はありませんか?」
現在のところ、再放送の予定はございません。なお、放送終了から一定期間は NHKオンデマンド で番組を視聴することができます。

「Q.ドラマの音楽について教えてください。」
ドラマの音楽は、千住明さんによるオリジナル楽曲です。
アルバム『NHK終戦スペシャルドラマ 百合子さんの絵本-陸軍武官・小野寺夫婦の戦争- オリジナルサウンドトラック』に収められています。

「Q.ドラマの原案本について教えてください。」
このドラマは池端俊策さんのオリジナル作品です。
原案本は、〚消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦いー』(著者:岡部伸 /新潮社)です。

「Q.DVDやブルーレイの発売予定はありませんか?」
現在のところ未定となっております。

「Q.掲示板に書き込みが出来ないのですか?」
ご意見やお問い合わせなどは掲示板ではなく、 みなさまの声にお応えします にてお願いいたします。投稿されても、返答・掲載することはできません。