今日は一日“川口アーカイブス・レコード”三昧

今日は一日“川口アーカイブス・レコード”三昧

11月3日(土・祝)
午後0時15分~午後6時00分


音楽を聴く環境は年々変化していますが、ここ数年、若い人たちを中心にアナログ・レコードが人気を呼び、ターンテーブル市場も近年にない賑わいを見せています。
NHK-FMではそれに先駆けて2009年から2011年、そして昨年2017年の4回に渡り、放送用のアナログ・レコード約34万枚が収蔵されている、NHK浜松支局から「今日は一日“浜松アーカイブス”三昧」を「クラシック篇」「軽音楽篇」に分けて放送し、全国の音楽ファンに楽しんでいただきました。その「浜松音楽ライブラリー」が2017年の年末、埼玉県の川口市に全て移管されました。そこで今回は、「NHKアーカイブス川口」から、他ではめったに聴けないレアな音源を中心に、全国の皆さんにふくよかなアナログ・レコードの音を楽しんでいただく特集番組を放送します。しかも、今回はリスナーの皆さんをお招きして公開生放送をします。実際にアナログ・レコードをかけるところや、ジャケットを見ていただき、音楽とともにお楽しみください。 

リクエスト・メッセージは こちら から


<司会>

矢口清治

矢口清治

ラジオDJ。1959年群馬県桐生市生まれ。早稲田大学在学中に民放ラジオ局のアシスタントDJコンテストに合格したことをきっかけに音楽業界入り。以来、日本各地のラジオ番組で洋楽を紹介している。師でもある湯川れい子氏から「いい声ね」と賛美されたほどのソフトな低音が魅力。また、楽曲に対する知識の広さ・深さは卓越しており、多くの音楽ファンを魅了している。

満津岡信育

満津岡信育

音楽評論家。1959年東京都杉並区生まれ。コピーライターを経て、クラシックレコード好きが高じて40歳を目前にして名刺に音楽ライターと刷り込んで以来、音楽誌やCDのライナーノートの執筆を中心に活動、クラシック音楽誌での管弦楽曲の新譜月評や、内外の音楽家のインタビューも数多く手がけている。現在は毎週日曜日午前9時からNHK-FMで放送中の「名演奏ライブラリー」の案内役も努めている。

<ゲスト>

村治佳織

村治佳織

幼少の頃より数々のコンクールで優勝を果たし、15歳でCDデビューを飾る。 
1995年には、イタリア国立放送交響楽団との共演がヨーロッパ全土に放送され、好評を受けた。フランス留学から帰国後、積極的なソロ活動を展開。 
N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケストラとの共演も多数重ね、 2003年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。受賞歴も多く、NHK-Eテレ「テレビでフランス語」など、多数の番組に出演。 

加藤ひさし

加藤ひさし

1960年生まれ、埼玉県熊谷市出身。’86年にロックバンド、THE COLLECTORSを結成。
同バンドのボーカリストとして翌’87年にアルバム『僕はコレクター』でメジャーデビューし、これまでに22枚のオリジナル・アルバムをリリース。
作詞家・作曲家としても、小泉今日子、矢沢永吉、松たか子など多くのアーティストに歌詞や楽曲を提供。
NHK-FM「ソング・アプローチ」のパーソナリティを2017年3月まで4年間務めたり、THE COLLECTORSのギタリスト古市コータローと2人で配信している人気ポッドキャスト「池袋交差点24時」など、多岐にわたって活動している。

Page Top