これまでの放送

7月11日放送

激甘!幻のとうもろこし ~静岡 森町~

静岡県西部の森町(まち)で、"幻"と呼ばれる「とうもろこし」が生産されています。ほとんど市場に出回らず、地元の直売所で販売されているとうもろこしで、収穫期、直売所には長い行列ができるほど人気です。スイートコーンの一種ですが、とにかく甘い!一般的なスイートコーンの糖度が15度程度なのに対し、19度にもなります。その甘さの秘密や農家おすすめの食べ方を紹介します。

リポーター:早坂隆信アナウンサー(静岡放送局)

旅

よみがえった“ホタルの里”を訪ねて ~三重 名張~

奈良県との県境に位置する三重県名張(なばり)市。赤目四十八滝の下流、山間を流れる小さな川に、6月中旬の夜になると多くの人々が訪れます。お目当てはゲンジボタル。シーズン中に1万匹を超えるホタルが乱舞する幻想的な風景を楽しむことができるのです。一度はホタルが減ってしまったこの場所を、ホタルの里としてよみがえらせたのは、吉岡正夫さん。独自の発想でホタルを増やしてきた「ホタルの守り人」です。ホタル舞う日本の原風景を旅するとともに、吉岡さんがホタルに寄せる情熱を紹介します。

旅人:野田しほりキャスター(津放送局)

紹介した花『7月のあいちの花 ピンポンマム』

7月4日放送

LIVE

激甘!幻のとうもろこし ~静岡 森町~

※放送中止になりました。

静岡県西部の森町(まち)で、"幻"と呼ばれる「とうもろこし」が生産されています。ほとんど市場に出回らず、地元の直売所で販売されているとうもろこしで、収穫期、直売所には長い行列ができるほど人気です。スイートコーンの一種ですが、とにかく甘い!一般的なスイートコーンの糖度が15度程度なのに対し、19度にもなります。その甘さの秘密や農家おすすめの食べ方を、中継で紹介します。

リポーター:早坂隆信アナウンサー(静岡放送局)

カトリーナのトレンド探偵
「スワッグ」

今回のテーマは、「スワッグ」です。コロナ禍で在宅ワークやリモート飲み会などが広がり、今までプライベート空間だった自宅を他者に見せる機会が多くなりました。そんな中、注目されているのが、長持ちでオシャレなインテリア「スワッグ」です。壁に掛ける花飾りで、オンラインで映し出される自分の部屋を華やかにしてくれます。インスタグラムには40万件をこえるスワッグが投稿されるほどの人気です。巣ごもり生活に花を添える「スワッグ」。どんな風に人々が楽しんでいるのか調査します。

季節の映像

おでかけ情報

6月27日放送

LIVE

コロナに負けない!イカの魅力発信 ~石川 能登町~

能登半島の先端にある能登町小木。スルメイカの日本三大水揚港である小木港を中心に、「イカの町」として栄えてきました。荷揚げされたスルメイカは赤茶色に輝き、さばいた後も身が透き通ります。ほどよいかみ応えが美味です。毎年イカの祭りも開かれ、文化も根付いています。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響でイカのお祭りやイベントが軒並み中止になるなど、厳しい状況に陥っています。そんな中、地域の人々は小木のイカの魅力を全国に知ってもらおうと、家庭向けの「イカ博士キット」を作るなど取り組みを始めています。コロナに負けず、地域で協力して町の魅力を発信し続けようと奮闘する地域の人の思いとイカの魅力を中継します。

リポーター:石井美江キャスター(金沢放送局)

リポート

病室の子どもと家族を “笑顔” でつなぐ

いま、入院中の子どもたちがこれまでより厳しい状況に置かれています。コロナの影響を避けるために一時帰宅できなくなったり、家族との面会ができなくなったりしているのです。そんな子どもたちを元気づけようという取り組みが始まりました。闘病中の子どもと離れている家族をオンラインでつなぎ、みんなで一緒にクラウン(道化師)のパフォーマンスを楽しんでもらおうという取り組みです。始めたのは、名古屋を拠点に活動してるクラウンの大棟耕介さん(51)。これまでボランティアで行ってきた病院訪問が自粛になる中、「こんな時だからこそ自分たちにできることがあるのでは」という思いで始めました。離れている家族を笑顔でつなぐ、大棟さんの新たな試みを紹介します。

紹介した季節映像

6月20日放送

リポート

オンラインで“お座敷文化”を守る

新型コロナウイルスの影響で、宴会などを自粛する動きが広がっています。そんな中、岐阜市の男性の芸者(幇間・ほうかん)、喜久次さんが“オンラインお座敷”を始めました。お客さんと直接会えなくても、画面越しにお座敷の雰囲気を楽しんでもらう試みです。お座敷文化の新たな魅力発信に取り組む喜久次さんの挑戦をリポートします。

リポート

再開した福井の観光施設から

県をまたぐ移動の自粛が全国的にも緩和され、各地で観光施設の営業が再開されています。福井県内の観光施設では、どのように感染予防策を取りながら営業を再開し、どんな取り組みで再び観光客を呼び込もうとしているのでしょうか。北陸最大級のテーマパーク「芝政ワールド」と、年間およそ30万人が訪れる「越前松島水族館」を訪ねてリポートします。

おもしろ検定「日本化粧品検定」

今回紹介するのは、化粧品・美容に関する知識の向上と普及を目指す「日本化粧品検定」。6月は紫外線が最も強いので、紫外線対策に関する問題に挑戦します。

6月13日放送

リポート

運動中も着用可能なマスクを

新型コロナウイルスへの対策として、ジョギング中などにもマスク着用を呼びかける声がある一方、マスク着用で走ると熱中症リスクが高まると指摘されるなど、運動中のマスク着用のあり方が課題になっています。こうした中、富山県の下着メーカーでは、薄手の生地を使って、運動中も比較的呼吸が楽にできるマスクを開発しました。県の機関で検査したところ、一般の不織布のマスクより酸素を多く取り込めることが確認されたといいます。感染予防対策と熱中症対策の両立が期待されているマスク作りについてお伝えします。

リポート

「ゴルフ日本一の町」その訳は? ~静岡県東伊豆町~

富士山、お茶、わさびなど、数多くの「日本一」がある静岡県。そんな中、あまり知られていないのが、東伊豆町の「ゴルフ日本一の町」です。長年行われてきた町民ゴルフ大会で参加者の平均スコアが毎年のように100を切っていたことから、1997年に「ゴルフ日本一」を宣言しました。そして、異議のある市町村と対抗戦を行い、十数年にわたり、その挑戦を退けてきたのです。住民たちは今も「日本一」を誇りにゴルフの腕を磨いています。民家の庭には世代を超えた人々が集う練習場があり、家の中で練習に打ち込む夫婦も。東伊豆町を訪ね、〝知られざる日本一〟の実態を探ります。

リポーター:佐藤あゆみアナウンサー(静岡放送局)

6月6日放送

リポート

“ひんやりスイーツ”で富山を味わう

夏本番を控え、これから欲しくなるのが“冷たいお菓子”。富山県では地元の名産品にちなんださまざまな冷たいお菓子や飲み物が開発されています。「ブラックラーメンのサイダー」や「ます寿しのアイス」などです。一見ミスマッチなものもありますが、不思議とおいしく、涼しい気分になれるといいます。外出を控える人も多い中、通販でも入手できる“ひんやりスイーツ”を中心にその魅力を伝え、自宅にいながら富山を感じていきます。

リポート:舟本真理リポーター(富山放送局)

パパっと簡単!週末ごはん(アンコール)
なすのトマト麻婆丼

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が広がる中、パパが家族のために料理に挑戦するコーナーを再放送でお届けします。今回作るのは、夏が旬のナスを使った「麻婆丼」。このコーナーをきっかけに、家族がその後どう変わったのかも合わせて紹介します。

おもしろ検定「ドッグ検定」

以前より家で過ごす時間が増え、新たにペットを飼い始めたり、これまで関わりが薄かった家族がペットの世話をしたりするなど、今、ペットとの関係にも変化が見られると言います。そこで今回は、犬の育て方や犬に関する豆知識を学べるドッグ検定を紹介します。

紹介した花『6月のあいちの花 スプレー菊』

5月30日放送

リポート

コロナ禍を走る“うたごえタクシー”

岐阜市にユニークなタクシードライバー(75)がいます。お客さんがタクシーに乗り込めば、そこはライブ会場へと早変わり。カセットテープで音源を流し、自慢の美声を披露します。人呼んで「うたごえタクシー」です。レパートリーは70曲ほど。しかし、新型コロナウイルスの影響で環境は激変し、4月は1か月の売り上げが20分の1になりました。5月14日に岐阜県でも緊急事態宣言が解除されましたが、果たしてお客さんは戻ってくるのでしょうか。コロナ禍に翻弄されながら働く人の姿と街の変化をお伝えします。

パパっと簡単!週末ごはん(アンコール)
しゃけの竜田揚げ風 野菜あんかけ

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が求められる中、パパが家族のために料理に挑戦するコーナーを再放送でお届けします。「パパっと簡単!週末ごはん」です。今回作るのは、野菜がたっぷりとれる魚料理「しゃけの竜田揚げ風 野菜あんかけ」。このコーナーをきっかけに、家族がその後どう変わったのかも合わせて紹介します。

紹介した花『バラ』

5月23日放送

リポート

伝統の加賀友禅でパレスチナの着物を

新型コロナウイルスの感染拡大で延期が決まった東京オリンピック、パラリンピック。いま、参加する213の国や地域をイメージした着物を作る プロジェクトが進められています。全国の着物作家や呉服店が、世界に着物文化を発信しようと取り組んでいるのです。このうちパレスチナをイメージした加賀友禅の着物が完成しました。着物に込めた思いを、友禅作家に聞きます。

大河関連企画
『麒麟がくる』越前編スタート! 戦国都市一乗谷とは

大河ドラマ『麒麟がくる』越前編が5月17日(日)から始まりました。主人公・明智光秀が助けを求めて身を寄せるのが越前朝倉氏。その朝倉氏が城を構えていた場所が一乗谷です。一乗谷は遺跡の発掘調査から、当時、全国的にも最先端の都市だったことが分かっています。そうした遺跡をもとに当時の暮らしを再現した場所が復元町並です。当時の通りや屋敷の中を訪ね、最先端の暮らしぶりを紹介し、ドラマでも描かれる一乗谷のスゴさをお伝えします。

リポーター:パトリック ハーラン(タレント)・羽生ちひろキャスター(福井放送局)

新型コロナウイルス質問コーナー

視聴者からNHKに寄せられた「新型コロナウイルス」に関する質問や疑問にお答えします。

5月16日放送

リポート

公立中学校が“双方向”をやってみた

いま、各地で学校再開に向けた動きが進む中、スムーズに学校再開につなげるための「オンライン学級会」に注目が集まっています。一宮市の公立中学校で始まったオンライン学級会での試行錯誤や教師、子どもたちの反応を取材し、公立学校でのオンラインを使った取り組みの可能性を見つめます。

パパっと簡単!週末ごはん(アンコール)
「春キャベツのみそトンカツ」

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が広がり、外出自粛が求められている中、パパが家族のために料理に挑戦するコーナーを再放送でお届けします。「パパっと簡単!週末ごはん」(2016年~17年に放送)です。今回は、旬の食材で作る「春キャベツのみそトンカツ」。このコーナーをきっかけに、パパの料理への取り組みがその後どう変わったのかも合わせて紹介します。

ソーシャル・ディスタンシング

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、一人一人が実行できる対策として注目されている「ソーシャル・ディスタンシング」(人との距離をとること)。少なくとも2m、人との距離を取るのが良いと言われています。愛知県にゆかりのモノ(名古屋城のシャチホコや手筒花火)を使って、2mはどのくらいの長さなのか紹介していきます。

おもしろ検定「ヘルスフードカウンセラー検定」

食と健康に関する知識を学び、より豊かで健康的なライフスタイルを手に入れることを目的にした「ヘルスフードカウンセラー検定」を紹介します。

紹介した花『5月のあいちの花 花しょうぶ』

Page Top