関西企業の“もうけの秘密”と“イノベーションの芽”を徹底解剖!
あなたのビジネスに役立つコツが満載。
すべての働く人にエールを送る番組です。

■アーカイブ ~4月号~「真山の目・もっと真山の目」を公開しました。NEW!

放送予定

~5月号~「仕掛けを作って 新たな市場を創り出せ!」

【放送】 2019年5月26日(日) 総合テレビ 午前 7時45分~

本社を神戸に置く外資系食品メーカー、ネスレ日本(1913年創業)は、コーヒーやチョコレートを定番商品に売り上げを伸ばしてきましたが
2000年以降、人口減少や高齢化で新たな国内需要を掘り起こす必要に迫られました。
社長の高岡浩三さんは、シェアが少なかったオフィスでの需要に目を向け、「アンバサダー」という仕組みを作りました。
個人を「アンバサダー」としてコーヒーマシンを無料貸与。マシン管理、発注や集金をユーザーに任せるビジネスモデル。
さらに定期購入を導入し顧客の離脱を防ぎました。こうした取り組みなどから、高岡さんは、想定するユーザーが抱える問題を考え
その解決策として自社商品を提案する「稼ぐ仕組み」を作りました。それは、全社員が企画提案する「イノベーションアワード」として浸透。
社員の提案から実際に事業化し、新たな顧客を得ています。
また、「イノベーションの芽」として、「アンバサダー」モデルから発展し、健康サポートを行う新たなサービスの展望について聞きました。

壺ナビゲーター:西川かの子(タレント)

Page Top