地震対策で大切な「家具の固定」。
転倒防止グッズを使ったいろいろな方法があります。

家具の下に、転倒防止のためのゴムストッパーやマットを敷く。

家具と天井の間につっぱり棒をして固定する。

L型金具を使って、家具と壁をくっつける。

家具の下にゴムストッパーやマットを敷いたうえで、家具と天井の間に段ボール箱をはさんで粘着シートなどで家具と一体化させ、家具と天井の間を埋める。

多少の揺れでは倒れないよう、家具の重心は低くなるよう中身を見直してみて下さい。
例えば本棚なら、「軽い文庫本は上の段に、図鑑や辞書などは下の段に入れる」などすると
いいですよ。

※下記は一例です。

家具の固定などの対策をしたうえで、部屋の中のレイアウトも考えてみましょう。
下の絵のような部屋、地震が起きたときにどんなところが危険でしょうか?

ベッドとの距離や倒れる向きを考えて、倒れても危険でない場所に置きましょう。

引き出しや扉には、中身が飛び出ないようにテープを貼ったり専用のグッズを取り付けたりするのがベストです。

近くに家具や電化製品をなるべく置かないようにしましょう。近くのものが倒れると窓ガラスが割れて危険です。

窓ガラスが割れてしまっても部屋の中に破片が散乱しないよう、必ずカーテンを取り付けておいてください。

避難口として確保しておきたい出入口。
倒れて避難口をふさいでしまわないよう、付近に大きな家具や背の高い家具を置かないようにしましょう。

こうした対策方法については、NHKの情報サイト「NHKそなえる防災」でも確認することができます。 いざという時に身を守るための知恵や工夫のほか、地震や台風など災害別に専門家の解説も載っています。
動画でも詳しく見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

▼「NHKそなえる防災」はこちら

Point

災害はいつ起こってもおかしくありません。
日々の気づきが備えにつながります。
「いざという時」をちょっとだけ意識して過ごしてみてください。


NHK熊本放送局
金子紗也キャスター(防災士)

  • 河川水位情報

    洪水予報が発表されている河川を表示します。川の氾濫で浸水が予想される地域の情報をご覧になれます。

  • 熊本県天気・防災

    災害関連のニュース、速報、地震・津波などの防災情報に加えて天気予報、警報・注意報、アメダス、レーダー、など最新の情報を伝えます。

  • 鉄道運行情報

    鉄道運行情報(九州・沖縄)のページです。主要な鉄道路線の運転見合わせや遅延の情報を掲載しています。

  • NHKニュース防災アプリ

    最新ニュースや災害情報をいち早くお届けする公式アプリです。

Page Top