ニュースアップ

6月14日(金)

保育士確保へ 奔走する現場は

広島県内の待機児童は減少に転じたとはいえ、依然128人います。待機児童が減らないのには、複数の要因がありますが、そのひとつが、保育士の不足です。

各自治体は、保育士を増やそうと取り組んでいるのですが、保育業界の待遇面や、労働環境の面などから、なかなか確保しにくい状況が続いています。

保育士確保に奔走する自治体を取材しました。

ニュースアップ

6月12日(火)

“いつまでも全力で” 102歳のスプリンター

100歳を超えても目標に向かって走り続ける男性の話題です。

三次市に住む冨久正二さん。102歳です。この年代での60メートル走で日本記録を持っています。

いきいきと走り続ける現役スプリンターに密着しました。

ニュースアップ

6月10日(月)

被災した柏島神社で伝統の祭り

6月9日、呉市安浦町の柏島で、およそ300年続いていると言われる、海上交通の安全と豊漁を祈願する「柏島大祭」が行われました。

去年の豪雨災害で島にある神社の社務所が全壊。大きな被害に遭いましたが、地域の人たちが協力して伝統行事を開催しました。

ニュースアップ

6月7日(金)

“秘伝の菓子”令和によみがえる

府中市で創業140年を迎えるお菓子屋さんの6代目が先日、創業者が書き残した秘伝のレシピを発見しました。

初代の思いを受け継いで、明治の菓子を令和によみがえらせることはできるのでしょうか?

6代目の挑戦を取材しました。

ニュースアップ

6月6日(木)

ご近所の女性に救命処置し感謝状

ことし3月、安芸太田町のいわゆる限界集落にある住宅で、風呂で溺れた状態で見つかり意識のなかった79歳の女性が救急車が到着するまでの間、救命処置を受けて一命を取りとめました。

助けたのはこの地域におよそ50年ぶりにUターンした男性でした。

Page Top