料理に精通したプロが季節の食材を使った簡単レシピを紹介するコーナー「できたて!」。番組で紹介したレシピを掲載しています。

シェフ:平本光記さん

2021年5月12日(水)
かつおの竜田揚げ

かつおの竜田揚げ

材料(2~3人分)

  • かつお・・・300g
  • かたくり粉 ・・・適量
  • レモン・・・少々
  • 木の芽・・・少々
  • 白髪ねぎ・・・少々
  • 【合わせ調味料】
  • おろししょうが ・・・20g
  • 酒・・・ 50ml
  • しょうゆ・・・50ml
  • みりん・・・50ml
  • ブラックペッパー・・・少々
  • 揚げ油

作り方

  1. かつおを、ひと口サイズに切る。
    【ポイント】人さし指の厚みでカットすると、ジューシーに仕上がる!
  2. おろししょうが、酒、しょうゆ、みりん、ブラックペッパーを混ぜ、合わせ調味料を作る
    【ポイント】余った合わせ調味料は、豚のしょうが焼きなどにも使える。
  3. ①のかつおを②の合わせ調味料の中に入れて混ぜ、15分ほど漬け込む。
  4. 漬け込んだかつおを「ざる」に移し、いったん調味料を切ったあと、かたくり粉をまぶし、2分間油で揚げる。
    【ポイント】合わせ調味料を切っておくことで、揚げる際、焦げにくくなる。
  5. キッチンペーパーにとって、油を切る。レモン・木の芽・白髪ねぎを盛りつけたら完成!

シェフ:平本光記さん

2021年4月28日(水)
ごまの風味香るきんぴらごぼう

ごまの風味香るきんぴらごぼう

材料(2~3人分)

  • ごぼう・・・200g
  • にんじん・・・30g
  • ちくわ・・・4本
  • スナップえんどう・・・30g
  • サラダ油・・・少々
  • いりごま・・・10g
  • ごま油・・・大さじ1
  • 【合わせ調味料】
  • すりごま・・・10g
  • しょうゆ・・・40ml
  • みりん・・・40ml

作り方

  1. ごぼうは、皮をむかず千切りにする。切ったら、水にさらし、2回程洗ってあく抜きをする。
    【ポイント】皮を残すと、出来上がりの風味が良くなる!
  2. にんじんも千切り。ちくわは縦に半分に開き、斜めに切る。スナップえんどうは斜め切りにする。
  3. 合わせ調味料を作る。すりごまにしょうゆとみりんを加え、混ぜる。
  4. フライパンにサラダ油を引き、ごぼう、にんじん、ちくわ、スナップえんどうを強火で炒める。
  5. ごぼうがしんなりしたら、③の合わせ調味料を加え、中火で炒める。
    【ポイント】炒めすぎると、風味を損なうので注意!
  6. ごぼうに色がついたら、火を消して、いりごまとごま油を加え、混ぜたら完成!
    【ポイント】2種類のごまとごま油で、おいしさUP!

シェフ:藤田さやかさん

2021年4月7日(水)
春野菜とさわらのアクアパッツァ

春野菜とさわらのアクアパッツア

材料(2人分)

  • さわら(切り身)・・・2切れ
  • 菜の花・・・40g
  • アスパラガス・・・4本
  • そら豆・・12コ
  • 春キャベツ・・・30g
  • にんにく ・・・1/2かけ
  • アンチョビ・・・2枚
  • 塩 ・・・少々
  • 砂糖 ・・・少々
  • オリーブオイル ・・・大さじ2
  • 酒 ・・・50ml
  • 水 ・・・50ml

作り方

  1. さわらの切り身に塩と砂糖を軽く振ってすり込む。
    【ポイント】砂糖を少し振ることで、うまみが出て深い味になる。
  2. つづいて、野菜とアンチョビを下処理する。
    ・菜の花は、半分に切る。
    ・アスパラガスは、根元のかたい部分を切り落とす。根元から5cmほどの皮をむいて、5等分に切る。
    ・そら豆は、軽くゆでて、皮をむく。
    ・春キャベツは、細切りにする。
    ・にんにくは、みじん切りにする。
    ・アンチョビは、大きめのみじん切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイルを引き、しっかり熱くなったら、さわらを皮目から入れて、両面を焦げ目がつくまで焼く。
    【ポイント】フライパンを熱くすることで、皮がフライパンにくっつかず、きれいに焼ける。
    時折、さわらの位置をずらすことで、さらにくっつき防止に。
  4. さわらをフライパンの端によせて、②の野菜とアンチョビを入れる。
  5. 野菜に油がなじんだら、塩を2つまみほど入れ、軽く炒める。水と酒を入れ、ふたをして5分間ほど蒸し焼きにする。
  6. 野菜を皿に盛りつけ、その上にさわらをのせ、煮汁を回しかけたら完成。

シェフ:渡邉律夫さん

2021年3月31日(水)
ピータン豆腐

ピータン豆腐

材料(2人分)

  • ピータン・・・1コ
  • 木綿豆腐・・・1/2丁
  • きゅうり・・・1/2本
  • カシューナッツ・・・15g
  • 白ねぎ(みじん切り)・・・15g
  • 塩・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 青ねぎ・・・適量

作り方

  1. ピータンの殻をむき、薄皮も取ってから水で洗う。
  2. ピータンを、ゆでたまごを切るように、サイコロ切りにする。
    【ポイント】風味が苦手な場合は、切って1時間ほど置いておく!
  3. 木綿豆腐ときゅうりは、サイコロ切りにする。カシューナッツは、細かく砕く。
  4. 木綿豆腐を軽く崩し、ピータンときゅうりを加え、塩を入れて混ぜる。
    【ポイント】手を使わず、しゃもじなどで混ぜると、風味を損なわない!
  5. 軽く混ぜたら、カシューナッツと白ねぎを加え、最後にごま油を入れてよく混ぜる。
  6. ⑤を皿に盛りつけ、青ねぎをのせたら完成!

シェフ:渡邉律夫さん

2021年3月24日(水)
春たけのこと豚ロースの炒め

春たけのこと豚ロースの炒め

材料(2人分)

  • たけのこ・・・100g
  • 豚ロース(とんかつ用)・・・120g
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 酒・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • かたくり粉・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ2
  • 【合わせ調味料】
  • 水・・・大さじ2
  • 酒・・・小さじ2
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 顆粒 かりゅう スープのもと・・・小さじ1/2
  • 【水溶きかたくり粉】
  • 水・・・小さじ1
  • かたくり粉・・・小さじ1
  • 木の芽・・・適量

作り方

  1. まずは、たけのこの下処理。
    たけのこの中央部分に縦に切り込みを入れ、先の部分は斜めに切る。
    ぬかと鷹の爪を加え、水の状態から1時間ほどゆでる。
    【ポイント】 煮汁に入れたまま冷ますと、アクが抜ける!
  2. アク抜きしたたけのこの皮をむき、下の硬い部分は包丁で取り除く。
    たけのこを太めの拍子木切りにし、その後、さらにゆでて再びアクを抜く。
    アクが抜けたら、たけのこをお湯から取り出し、粗熱が取れるくらいまで冷ます。
    【ポイント】 切った後、下ゆですると、さらにアクが抜ける!
  3. 続いて、豚ロースの下処理。
    たけのこと同じくらいの大きさで拍子木切りにし、ボウルに入れ、塩、酒、こしょうを加えたら肉全体になじませる。
    【ポイント】 下味をつけると、おいしく仕上がる!
  4. かたくり粉を加えて、肉の表面にまぶす。
    【ポイント】 かたくり粉でコーティングすると、食感がよくなる!
  5. フライパンにサラダ油(大さじ1)をひき、ころがしながら中火で肉を焼く。
  6. 肉に軽く火が通ったら、火加減を少し弱め、その後、火を止めて、肉を取り出す。
  7. 別のフライパンにサラダ油(大さじ1)をひき、中火からやや強めの火加減でたけのこを炒める。
    【ポイント】 肉を炒めた後 新しいフライパンにかえると、仕上がりがきれいになる!
  8. 合わせ調味料を加えてひと煮たちさせたら、⑥の肉を入れる。その後、水溶きかたくり粉を数回にわけて流し入れる。
  9. さっと混ぜ合わせ、水溶きかたくり粉が安定したら、火を止める。器に盛りつけ、最後に木の芽を飾りつけたら完成!

シェフ:渡邉律夫さん

2021年3月17日(水)
春キャベツのあんかけ焼きそば

春キャベツのあんかけ焼きそば

材料(2人分)

  • 春キャベツ・・・240g
  • 中華麺(ゆで)・・・2玉(蒸し麺でもOK)
  • サラダ油・・・大さじ3
  • 水・・・400ml
  • 豚こま肉・・・80g
  • にんじん・・・60g
  • しめじ・・・1/2パック
  • 小松菜・・・80g
  • ごま油・・・小さじ1
  • 【合わせ調味料】
  • 顆粒 かりゅう スープのもと・・・小さじ2
  • 酒・・・小さじ2
  • 塩・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • ホワイトペッパー・・・少々 (こしょうでもOK)
  • 【水溶きかたくり粉】
  • 水・・・大さじ4
  • かたくり粉・・・大さじ4

作り方

  1. 春キャベツは千切りに、豚こま肉、にんじん、しめじ、小松菜は食べやすい大きさに切る。
    【ポイント】春キャベツは、芯に対して直角になるように、太めの千切りにする!
  2. フライパンにサラダ油をひき、ほぐした中華麺を入れる。中火でゆっくり加熱し、ひっくり返して、両面をパリッと焼く。キッチンペーパーの上で、余分な油を取る。
    【ポイント】麺を触らずに、焼き目が付くまで置いておく!
  3. フライパンに水を入れ、沸騰したら、合わせ調味料と豚こま肉を加え、少しほぐす。
  4. 豚こま肉がほぐれたら、にんじん、しめじ、小松菜の軸、キャベツを加える。
    【ポイント】火が通るとかさが減るので、野菜は多めに入れる!
  5. 少ししんなりとしてきたら、小松菜の葉を加え、水溶きかたくり粉を入れてとろみをつける。
    【ポイント】野菜に火が通る前に、水溶きかたくり粉を入れる!
  6. とろみが出てきたら、最後にごま油を加える。
  7. ②の中華麺を皿にのせ、⑥のあんを上からかけたら完成!

シェフ:渡邉律夫さん

2021年3月10日(水)
マーボー春雨

マーボー春雨

材料(2人分)

  • 緑豆春雨(乾)・・・100g
  • サラダ油(炒め用)・・大さじ2
  • 豚ひき肉・・・80g
  • 豆板醤(トーバンジャン)・・・15g
  • 甜麺醤(テンメンジャン)・・・30g
  • 水・・・500ml
  • 酒・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ3
  • 顆粒 かりゅう スープのもと・・・小さじ2
  • 白ねぎ(みじん切り)・・・1/2本
  • サラダ油(最後に加える)・・・大さじ2
  • 青ねぎ・・・適量

作り方

  1. 緑豆春雨を沸騰したお湯に入れ、1分間ほどゆでる。
  2. ①を湯切りし、食べやすい長さに切る。
    【ポイント】春雨をはさみで短く切ると、食べやすくなる!
  3. フライパンにサラダ油をひき、豚ひき肉を炒める。
    【ポイント】オイルをきかせると、料理がおいしくなる!
  4. 火を弱め、③に豆板醤(トーバンジャン)を加える。
    【ポイント】弱火でゆっくり炒めると、トーバンジャンの風味が油に移る!
  5. ④に甜麺醤(テンメンジャン)を加えてゆっくり炒める。
  6. ⑤に、水と酒を加えて沸騰させる。
  7. ⑥に②の春雨を加えて箸で軽くほぐし、中火で3分間ほどゆでる。
  8. ⑦にしょうゆと顆粒(かりゅう)スープのもとを加える。
  9. ⑧に白ねぎを加える。
  10. ⑨にサラダ油を入れる。
    【ポイント】最後にサラダ油を加えて、さらにオイルをきかせる!
  11. 皿に盛りつけ、青ねぎを散らしたら完成!

シェフ:藤田さやかさん

2021年2月10日(水)
塩レバーと簡単レバーパテ

塩レバーと簡単レバーパテ

材料

  • 【塩レバー】
  • 鶏レバー・・・200g
  • 塩・・・大さじ1/2
  • 酒・・・少々
  • 【簡単レバーパテ】
  • 塩レバー・・・140g
  • 牛乳・・・50ml
  • ローリエ・・・1枚
  • こしょう・・・少々
  • はちみつ・・・少々
  • にんにく・・・3g
  • カルダモンパウダー・・・少々
  • ピンクペッパー・・・適量
  • バゲット・・・適量

作り方

  1. まず、「塩レバー」を作っていく。最初に、下処理。ハツの部分は半分に切り、

    その他のレバーは、横に切るイメージで、血の塊を取り除く。

    【ポイント】臭みの原因となるので、あらかじめ血の塊を取る!
    【ポイント】見た目が鮮やかで鮮度のいいレバーを選ぶ!
  2. 下処理をしたレバーを、50度のお湯で軽くもむようにして洗う。

    【ポイント】50度のお湯で洗うと、タンパク質が硬くならない!
  3. ②のレバーをボウルに移し、塩を加えてもみ込んでいく。

    全体に塩がなじんだら、一晩冷蔵庫で寝かせる。
  4. 沸騰させたお湯(適量)に酒を加え、

    温度が下がったところに③のレバーを入れる。

    ふたをして弱火で5分ほど熱したら、

    「塩レバー」の出来上がり!

    【ポイント】弱火で熱することで、やわらかく仕上がる!
  5. 続いては、「簡単レバーパテ」作り。牛乳に、ローリエとこしょう、はちみつ、にんにくを入れて、軽くかき混ぜる。

    ラップをして、電子レンジで1分間温める。
  6. 細かくちぎった塩レバーと、⑤のハーブの香りを付けた牛乳をハンドブレンダーに入れて、かき混ぜる。(ハンドブレンダーがない場合は、ミキサーでもOK!)
  7. なめらかになったら、カルダモンパウダーを加えて香りをつけ、最後に、もう一度かき混ぜたら、

    「簡単レバーパテ」の完成!

    【ポイント】お好みのスパイスを入れると、より深い味になる!

シェフ:藤田さやかさん

2021年1月27日(水)
食べて元気に!洋風恵方巻

食べて元気に!洋風恵方巻

材料(2人分)

  • 米・・・1合
  • もち麦・・・大さじ2
  • すし酢・・・大さじ3
  • レモン汁・・・小さじ2
  • 乾燥バジル・・・大さじ1
  • 焼きのり・・・2枚
  • スモークサーモン・・・90g
  • 粉チーズ・・・10g
  • ほうれんそう・・・50g
  • 金時にんじん・・・50g
  • エリンギ・・・80g
  • 赤貝煮付け・・・50g

作り方

  1. もち麦を入れ、ご飯を炊く。
  2. すし酢にレモン汁を合わせておく。
  3. ①に②を加える。

    【ポイント】すし酢にレモン汁を入れると、爽やかな仕上がりになる!
  4. 全体に混ざったら、乾燥バジルを入れて冷ます。

    【ポイント】バジルを入れると、洋風な香りが出る!
  5. 巻いていく前に、具材の味付けをする。
    スモークサーモンには、レモン汁を少々かけておく。ほうれんそうを湯がき、塩こしょうで味を付け、よく水けを切る。

    金時にんじんを千切りにして、塩こしょう、バターを入れ、電子レンジで火を通す。エリンギを斜めにスライスし、塩こしょう、オリーブ油、おろしにんにくを少々加え、電子レンジで火を通す。
  6. 巻きすに焼きのりをのせ、④のすし飯を薄く広げる。

    【ポイント】指先に水をつけると、すし飯をのせやすい!
    【ポイント】上の部分を少しあけておくと、ご飯がはみ出さずに巻ける!
  7. ⑥の上に、スモークサーモンを半分より下にのせ、粉チーズをサーモンの下に埋めるような感じでのせる。
  8. 粉チーズの上に、ほうれんそうと金時にんじんをのせ、さらに、エリンギと赤貝煮付けをのせていく。
  9. 具材をのせ終わったら、

    巻いていく。

    【ポイント】サーモンをエリンギの奥にのせるように、一気に巻いていく!
  10. 返したら、力強く押さえ、巻きすをぐるっとまわすように巻いていく。
  11. 全体的に巻けたら、上からもう一度押さえて、なじませる。
  12. お好みで、食べやすい大きさに切ったら完成!

シェフ:藤田さやかさん

2021年1月20日(水)
かきと冬野菜たっぶりのコクうまグラタン

かきと冬野菜たっぶりのコクうまグラタン

材料(2人分)

  • かき・・・80g
  • バター・・・30g
  • 白菜・・・1枚
  • 白ねぎ・・・1/2本
  • かぶ・・・1/2コ
  • 里芋・・・2コ
  • ベーコン・・・2枚
  • 赤みそ・・・大さじ1
  • 小麦粉・・・大さじ2
  • 牛乳・・・200ml
  • チーズ・・・40g
  • パセリ・・・適量

作り方

  1. かきを塩でよくもみ、水で洗う。

    【ポイント】そうすると、ぬめりと生臭さが取れる!
  2. その後、お湯でさっとゆでる。

    かきがぷっくりと膨らんできたらOK。

    【ポイント】かきがかたくならないように、沸騰する前のお湯に入れる!
  3. 白ねぎは斜めにスライス。白菜は千切り。かぶは大きめにカット。里芋は皮付きのまま電子レンジで2分間ほど温めてからカット。ベーコンは2㎝くらいの幅でカットする。

    フライパンを中火で温め、バター20gを溶かし、切った野菜とベーコンを入れる。
  4. 全体的にしんなりとしてきたら、赤みそを加え、みその香ばしさが出るように、焼き付けるイメージで炒める。

    【ポイント】赤みそが、野菜のうまみとこくをグッと引き出してくれる!
  5. みそがなじんできたら、小麦粉を加え、牛乳を入れる。牛乳にみそを溶かすようイメージで、とろみが出るまでかき混ぜる。
  6. ②のかきを入れ、混ぜる。
  7. みそも溶け、しっかりなじんできたら、バター10gを加える。バターが溶けたら、ソースの完成。

    【ポイント】バターを使うと、洋風に仕上がる!
  8. ソースを容器に入れ、チーズをお好みでのせる。
  9. オーブントースターで、10分から15分間、焦げ目がつくまで焼く。
  10. 仕上げに、パセリをのせると完成!

シェフ:藤田さやかさん

2021年1月13日(水)
お餅のポトフ風ロールキャベツ

お餅のポトフ風ロールキャベツ

材料(2人分)

  • キャベツ・・・4枚
  • 餅・・・2コ
  • 豚バラスライス・・・4枚
  • 塩・こしょう・・・少々
  • スライスチーズ・・・2枚
  • 水・・300ml
  • 固形スープのもと・・・1コ
  • ローリエ・・・1枚
  • 粒こしょう・・・少々(あれば)

作り方

  1. キャベツの芯を切り落とし、葉を4枚取る。

    【ポイント】芯の部分を切ると、1枚ずつはがしやすくなる!
  2. ①をラップで巻き、電子レンジで2分間ほど加熱する。

    【ポイント】電子レンジで加熱すると、キャベツがやわらかくなる!ラップを開ける時に、蒸気に気をつける!
  3. 餅を電子レンジで40秒間ほど加熱する。加熱後、餅を半分に切る。

    【ポイント】皿にシートを敷くと、餅がはがれやすい。
  4. ③の餅とスライスチーズを、塩・こしょうで味付けした豚バラスライスで巻く。

    【ポイント】最後にキャベツで巻くので、きれいに巻けなくてもOK!
  5. ④を②で加熱したキャベツで包み、

    巻き終わりの部分はつまようじで止める。
  6. 鍋に水を入れ、沸騰したら固形スープのもと、ローリエ、粒こしょうを入れる。
  7. 固形スープのもとが溶けたら、⑤を入れる。

    【ポイント】つまようじが下になるように置くと、煮崩れを防ぐことができる!
  8. 鍋にふたをして5分間ほど煮る。

    【ポイント】3分間ほどたったら、ロールキャベツを上下ひっくり返す。
  9. つまようじをはずし、皿に盛りつけたら完成!

シェフ:渡邉律夫さん

2020年12月9日(水)
野菜入り肉まん

野菜入り肉まん

材料(6コ分)

  • 【あん材料】
  • 春雨(水で戻したもの)・・・15g
  • 豚ひき肉・・・120g
  • 白菜・・・100g
  • しょうが・・・8g
  • 白ねぎ・・・20g
  •  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 砂糖・・・小さじ1/2
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • オイスターソース・・・小さじ1
  • 顆粒 かりゅう スープのもと・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • かたくり粉・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2
  •  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 【生地材料】
  • 牛乳・・・60g
  • 砂糖・・・20g
  • 卵白・・・20g
  • ベーキングパウダー・・・小さじ2
  • 薄力粉・・・150g
  • ラード・・・8g
  • かたくり粉(打ち粉用)・・・適量

作り方

  1. まずは、あん作り。春雨を短く切る。

    【ポイント】春雨がスープを吸って、仕上がりがよくなる!
  2. 豚ひき肉に、塩、砂糖、しょうゆ、オイスターソース、顆粒(かりゅう)スープのもとを加えて混ぜる。そこに、①の春雨、白菜、しょうが、白ねぎ、こしょうを加えて、やさしく混ぜ合わせる。
  3. さらに、かたくり粉を加えて混ぜたあと、最後にごま油を入れる。

    【ポイント】風味を残すため、ごま油を最後に入れる!
  4. 続いて、生地作り。牛乳に砂糖と卵白を入れて混ぜる。
  5. 薄力粉にベーキングパウダーとラードを入れ、

    ④を加えたら力強く練る。
  6. 生地がひとつにまとまったら、棒状に伸ばした状態でラップをして、5分間ほど寝かせる。

    【ポイント】生地を乾かさないように、ラップをして5分間ほど寝かせる!
  7. 生地に軽くかたくり粉をまぶす。
    【ポイント】打ち粉にかたくり粉を使うと、つやよく仕上がる!
  8. 生地を6等分に切り分け、再度、全体にかたくり粉をまぶす。

    【ポイント】形が悪いと、伸ばした時に丸い皮にならない!
    【ポイント】使う前の生地にラップをして、乾かないようにする!
  9. 生地を手でやさしく潰し、

    その後、麺棒で外から内に向かって生地を伸ばす。

    【ポイント】包む時に外側を引っ張るため、生地の真ん中を厚くする!
  10. 生地にあんをのせ、

    生地を親指と人さし指でつまんでたぐるようにして包んでいく。同様に6コ分包む。

    【ポイント】親指の位置を固定して、生地を回しながら包む!
  11. 蒸し器に肉まんを並べ入れ、

    布をあててからふたをして

    15分間ほど蒸したら、できあがり。

    【ポイント】2割ほどふくらむので、間隔をあけて並べる!
    【ポイント】布をかけてふたをすると、水滴が垂れない!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:渡邉律夫さん

2020年12月2日(水)
白菜と豚肉の家庭炒め

白菜と豚肉の家庭炒め

材料(2人分)

  • 豚こま切れ肉・・・120g
  • 白菜・・・300g
  • ほうれんそう・・・適量
  • サラダ油・・・大さじ2
  • 【合わせ調味料】
  • 塩・・・小さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ2
  • 顆粒 かりゅう スープのもと・・・小さじ1
  • にんにくペースト・・・小さじ2/3
  • 【水溶きかたくり粉】
  • かたくり粉・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ1

作り方

  1. 白菜は縦に細く切り、ほうれんそうはざく切りにする。
    【ポイント】白菜を縦に細く切ると、食感がよくなる!
  2. 白菜、ほうれんそうは水洗いし、水けを切る。
  3. 調味料を合わせる。
  4. フライパンにサラダ油をひき、豚肉を加える。

    【ポイント】豚肉を焦がさないように、弱火でゆっくりと炒める!
  5. 豚肉に少し火が通ったら、白菜を加え、中火で炒める。
  6. 全体に油がなじんできたら、合わせ調味料を加え、ふたをして中火で2分加熱する。

    【ポイント】ふたをして蒸し焼きにすると、全体が色つやよく仕上がる!
  7. ほうれんそうを加え、水溶きかたくり粉を入れてとろみをつける。

    【ポイント】水溶きかたくり粉は3回ほどに分けて入れると、野菜に少しずつ火が通り、食感もよくなる!
  8. 全体に火が通り、とろみが出てきたら完成!

放送したレシピ一覧に戻る

材料(2人分)

  • 大根・・・500g(約1/2本)
  • サラダ油・・・大さじ3
  • 豆板醤 トーバンジャン ・・・20g
  • 水・・・450ml
  • 酒・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • オイスターソース・・・大さじ1
  • 顆粒 かりゅう スープのもと・・・大さじ1
  • 豚バラ肉・・・100g
  • 花椒 ホワジャオ ・・・小さじ1/3
  • ねぎ・・・適量

作り方

  1. 大きめに切った大根を10分ほどゆでる。

    【ポイント】大根を下ゆですると、透明感が出る!大根は、箸が通ればOK!
  2. フライパンにサラダ油をひき、豆板醤(トーバンジャン)を弱火で軽く炒める。

    【ポイント】弱火から少しずつ火力を上げると、豆板醤(トーバンジャン)が焦げない!
  3. 香りが立ってきたら、②に水、酒、しょうゆ、オイスターソース、顆粒(かりゅう)スープのもとを加える。
  4. ③が沸騰したら、①のゆでた大根を入れる。
  5. ④に豚肉を加える。
  6. ⑤に花椒(ホワジャオ)を入れ、10分ほど煮込む。

    【ポイント】花椒(ホワジャオ)を入れると、香りがよくなる!
  7. ⑥を一度冷まして大根に味をしみこませ、もう一度温め直したら完成。お好みでねぎをのせる。

    【ポイント】一度冷まして温め直すと、味がよりしみこむ!

放送したレシピ一覧に戻る

大根のピリ辛煮四川風

シェフ:渡邉律夫さん

2020年11月4日(水)
大根のピリ辛煮四川風

シェフ:渡邉律夫さん

2020年10月28日(水)
基本のギョーザ

ギョーザ

材料(25コ分)

  • 豚ひき肉・・・180g
  • 塩・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 顆粒 かりゅう スープのもと・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • オイスターソース・・・小さじ1
  • ホワイトペッパー・・・少々
  • 白菜・・・100g
  • にら・・・50g
  • ごま油・・・小さじ2
  • ギョーザの皮・・・25枚
  • サラダ油・・・大さじ2
  • 水・・・150ml(ギョーザが1/3つかる程度)
  • 【ギョーザのたれ】
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 酢・・・大さじ3
  • しょうゆ・・・大さじ1と1/2
  • ごま油・・・大さじ1/2
  • マスタード・・・適量

作り方

  1. 豚ひき肉に調味料を加えて、

    手で混ぜ合わせる。

    【ポイント】肉の食感を残すため、混ぜすぎないようにする!
  2. 刻んだ白菜とにらを加えて、

    さらに混ぜ合わせる。

    【ポイント】白菜は、ボイルや塩もみをして、水分を抜いておく!
  3. ごま油を加えて軽く混ぜたら、たね完成。

    【ポイント】風味を残すため、ごま油は最後に入れる!
  4. たねを15gずつ量りながら

    皮で包んでいく。

    【ポイント】量ってから包むと、大きさがキレイにそろう!
  5. 火をつけて熱くなる前にサラダ油を入れ、

    円を描くようにギョーザを並べる。
  6. ギョーザの皮が焼けるような音がしてきたら水を加えて

    ふたをし、強火で蒸し焼きにする。
  7. 水分が蒸発してきたら焼き加減を確認し、

    OKであれば余分な油や水分をペーパーでふき取る。

    【ポイント】残っている油を取ると、ひっくり返す時に手にかからない!
  8. フライパンにお皿をつけて

    ひっくり返せば、

    できあがり!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:藤田さやかさん

2020年10月14日(水)
さつまいもと塩漬けポークの酒かすシチュー

さつまいもと塩漬けポークの酒かすシチュー

材料(4人分)

  • 豚肩ロース・・・200g
  • 炒め用油・・・少々
  • たまねぎ・・・1/2コ
  • さつまいも・・・1本
  • 水・・・300ml
  • 酒かす・・・100g
  • 牛乳・・・500ml
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • アスパラ・・・4本(下ゆでなし)
  • 【塩漬けポークにする調味料】
  • 塩・・・10g
  • 砂糖・・・5g
  • 黒こしょう・・・少々

作り方

  1. 下処理として、豚肩ロースを50度洗いしておく。

    【ポイント】50度のお湯で洗うと、臭みが取れて、仕上がりもきれいになる!
  2. 調味料のなじみをよくするため、1の筋を切るようにしてフォークでたたく。
  3. 調味料(塩、砂糖、黒こしょうを混ぜたもの)を2にしっかりとすり込ませ、

    ラップで巻いて冷蔵庫で一晩寝かせる(塩漬けポークにする)。

    【ポイント】密着させるように巻くと、調味料がなじみやすくなる!
  4. さつまいもと塩漬けポークは一口大にカット、たまねぎは薄切り、アスパラは硬い部分の皮をむき、斜めに4等分にカットする。
  5. 鍋に油をひき、塩漬けポーク、たまねぎ、さつまいもを入れ、全体に油がなじむまで中火で炒める。
  6. 油がなじんできたら、水を入れ、かき混ぜる。
  7. 6に酒かすを溶かしながら入れ、

    ふたをして中火で5分ほど煮る。

    焦げることがあるため、間に軽くかき混ぜる。
    【ポイント】酒かすは、電子レンジで30秒ほど温めると柔らかくなる!
  8. 酒かすが溶けたら、牛乳を入れ、

    塩、こしょうで味を整える。さらに、アスパラを加え、

    ふたをせずに弱火で10分ほど煮込むと完成!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:藤田さやかさん

2020年10月7日(水)
かぼちゃとそぼろのカレー風味煮

かぼちゃとそぼろのカレー風味煮

材料(2人分)

  • ひき肉(粗びき)・・・100g
  • みりん・・・大さじ5
  • 酒・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • かぼちゃ・・・4分の1コ
  • 水・・・200ml
  • カレー粉・・・小さじ2

作り方

  1. 粗びきのひき肉を用意する。

    【ポイント】粗びきのひき肉だと、食感がよくなる。
  2. 1を熱湯に入れて洗う。

    【ポイント】熱湯で洗うと余分な油が落ちて、きれいに仕上がる!
  3. 温めた鍋に、みりんと酒を加え、アルコールを飛ばす。

    【ポイント】目安は、沸騰して大きな泡が立つまで。
  4. 3にしょうゆ、2で下処理したひき肉を入れ、炒める。
  5. ひき肉からうまみが出てきたら、かぼちゃを入れて煮詰める。

    【ポイント】かぼちゃは大きめに切ると、食べ応えのある仕上がりになる。
  6. かぼちゃに肉汁のうまみがしみ込んできたら、水を加える。
  7. 6が沸騰してきたら、約5分間蒸し煮にする。

    【ポイント】ふたをして蒸し煮にすると、かぼちゃがほっこり仕上がる!
  8. 7にカレー粉を入れ、かき混ぜて味をなじませる。
  9. ふたを取り、約10分間弱火で煮たら完成!

    【ポイント】汁が半分くらいになるまで煮る。

★アレンジレシピ「サンドイッチ-ハロウィーンver.-」

■材料(2人分)
・カレー風味煮・・・100g
・マヨネーズ・・・10g
・ロールパン・・・2コ
【飾り用】
・スライスチーズ・・・1枚
・ハム・・・1枚

■作り方
(1)カレー風味煮を潰す。
(2)1にマヨネーズを入れて混ぜる。
(3)2をパンに挟んで、飾りを付けたら、サンドイッチの完成!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:藤田さやかさん

2020年8月5日(水)
夏野菜たっぷりのみそラタトゥイユ

夏野菜たっぷりのみそラタトゥイユ

材料

  • (常備菜のため量はお好みでOKです。表示は収録時使った量です。)
  • 冷凍トマト・・・4個
  • 炒め油・・・大さじ1
  • にんにく・・・2片
  • ベーコン・・・60g
  • ナス・・・2本
  • たまねぎ・・・1個
  • かぼちゃ・・・1/6個
  • ピーマン・・・2個
  • 塩・・・2つまみ
  • ウスターソース・・・大さじ1
  • みそ・・・大さじ2

作り方

  1. 冷凍トマトは水につけ、皮をむき、ヘタをざく切りにする。野菜はそれぞれ、一口大にカット。
  2. フライパンに炒め油とにんにくを入れて、香りが立つまで弱火でじっくりと炒める。
  3. 香りが立ち始めるとベーコンを加え、ベーコンの油が出てきたらとナス、たまねぎ、かぼちゃを入れ、全体に油がなじむように炒める。
  4. たまねぎは透明に、かぼちゃは「つや」がよくなったら、冷凍トマトを加え、塩を入れる。

    【ポイント】冷凍トマトを使うと、しっかりとうまみが出る!
  5. トマトの水分を引き出すために、中火から弱火で5分ほど煮込む。
  6. 水分が出始めたらウスターソースとみそを加える。

    【ポイント】ウスターソースとみそを入れると相乗効果でおいしさup!
  7. みそが全体に混ざったらピーマンを加え、

    ひと煮立ちさせたら完成!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:藤田さやかさん

2020年7月29日(水)
水切りヨーグルトの白桃サンド

水切りヨーグルトの白桃サンド

材料(2人分)

  • 白桃・・・1個
  • ヨーグルト・・・200g
  • はちみつ(砂糖可)・・・20g
  • バニラエッセンス(なくても可)・・・少々
  • レモン汁・・・少々
  • 食パン(8枚切り)・・・2枚
    (4枚切りや5枚切りを半分にスライスしても可)

作り方

  1. ヨーグルトに、はちみつ、バニラエッセンス、レモン汁を入れて、しっかり混ぜる。

    【ポイント】ヨーグルトを使うと、さっぱり食べられる!
  2. ドリッパーにコーヒーフィルターをセットし、1を流し入れる。

    冷蔵庫で一晩ほど置く。

    【ポイント】コーヒーフィルターを使うと、簡単にヨーグルトの水が切れる!
  3. 食パン(2枚)に、2の水切りヨーグルトを3分の1ずつ塗る。

    【ポイント】水切りヨーグルトは、端まで塗らない。
  4. 白桃の種を取り出す。
    【ポイント】桃の縦の割れ目に対して、垂直に包丁を入れ、

    ねじると

    きれいに取れる。

    (アボカドの種を取るときのように。)
  5. 4の皮をむき、

    8等分に切る。

    【ポイント】2分の1個分の桃は、十字に切る。残りの桃は、縦に切る。
  6. 5の縦に切った桃を、3の食パン(1枚)の対角線上に並べる。
  7. 5の十字に切った桃を、6の空いている部分に並べる。
  8. 残りの水切りヨーグルトを、7の桃の隙間を埋めるように塗る。
  9. 8にもう1枚の食パンをのせる。

    【ポイント】冷蔵庫で10分ほど置くと、なじんで切りやすくなる!
  10. 9を4等分に切り、

    皿に並べたら完成!

    【ポイント】食パンは、対角線上に包丁を入れると、断面がきれいに見える。

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:平本光記さん

2020年7月22日(水)[再放送] ※2020年2月5日(水)放送
黄にらユッケ

黄にらユッケ

材料(2人分)

  • 黄にら・・・2束
  • 卵黄・・・1こ
  • きざみねぎ・・・適量
  • 【合わせ調味料】
  • うなぎのたれ・・・100ml
  • おろしにんにく・・・10g
  • おろししょうが・・・10g
  • ごま油・・・10ml
  • ごま・・・少々
  • 一味とうがらし・・・少々

作り方

  1. うなぎのたれに、おろしにんにく、おろししょうが、ごま油、ごま、一味とうがらしを入れて混ぜ、合わせ調味料を作る。
  2. 黄にらを沸騰した湯でゆでる。

    【ポイント】10秒ほどゆでることで、臭みを取りつつ食感を残す!
  3. 2を冷水に浸して、熱を取る。
  4. 3をしぼって水けを取る。

    【ポイント】水分が少し残る程度に、軽くしぼる。
  5. 4に1を入れ、箸で軽く混ぜる。

    【ポイント】1の分量は、黄にら1束につき大さじ1杯。。
  6. 5を盛りつけ、中央に卵黄を落として、きざみねぎを添えたら、完成!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:今枝ゆかりさん

2020年7月15日(水)[再放送] ※2019年9月18日(水)放送
ピーマンとひじきのスパゲッティ

ピーマンとひじきのスパゲッティ

材料(1人分)

  • ひじき(乾燥したもの)・・・5g
  • ピーマン・・・2個
  • にんにく・・・1かけ
  • とうがらし・・・1本
  • EXバージンオリーブ油・・・大さじ3
  • 塩・・・適量
  • 水・・・適量
  • スパゲッティ・・・70g

作り方

  1. ひじきを水で戻し、ピーマンは横に千切りにする。
  2. フライパンにEXバージンオリーブ油を入れ、みじん切りにしたにんにくと小さく切ったとうがらしを火にかける。

    【ポイント】焦がさないように、弱火でじっくり加熱する!
  3. にんにくから細かい泡が出てきたら、

    まず、ひじきを入れて炒めていく。

    【ポイント】にんにくの香りを出してからひじきを入れることで、ひじきにしっかりとにんにくの香りがつく!
  4. ひじきににんにくの香りがついたらピーマンを入れて炒める。

    【ポイント】ピーマンの食感を残すため、少しあとから炒める!
  5. ピーマンを軽く炒めたら塩をふり、焦げないよう水を入れる。
  6. ふたをして、そのまま弱火で数分待つ。
  7. ピーマンにも火が通ったら、ゆでたスパゲッティを入れて、

    からめるように炒めたら完成!

    【ポイント】ゆで汁もソースになるので、湯切りはしなくてOK!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:渡邉律夫さん

2020年6月24日(水)[再放送] ※2019年8月7日(水)放送
セロリときくらげの酢炒め

セロリときくらげの酢炒め

材料(2人分)

  • セロリ・・・2本
  • きくらげ(水で戻したもの)・・・100g
  • とうがらし・・・1本
  • しょうが・・・5g
  • 油・・・大さじ2
  • 酢・・・大さじ1
  • 【合わせ調味料】
  • 酒・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ2

作り方

  1. セロリを葉と茎の部分に分けて切る。

    茎の部分は皮むき機で筋を取り、

    葉の部分は食べやすい大きさに手でちぎる。

    【ポイント】皮むき機で筋を取ると食べやすくなる!
  2. 筋を取った茎の部分を、一口大に切っていく。

    【ポイント】食感を楽しむために厚めに切る!
  3. 水で戻したきくらげの石づきの部分を

    手でちぎり、

    2~3等分(食べやすい大きさ)にする。


  4. 油をひいたフライパンに、輪切りにしたとうがらしと、千切りにしたしょうが、

    セロリの茎を入れ、サッと炒める。

    【ポイント】セロリは炒めすぎると食感が悪くなるので、炒めすぎには注意!
  5. フライパンにきくらげを加え、

    火が通るまで炒める。きくらげも全体に油がなじむくらいでOK!
  6. 火が通ったら合わせ調味料を加え、

    全体になじんだらセロリの葉を入れる。
  7. セロリの葉がしんなりしてきたら、最後に酢を加えて、

    完成!

    【ポイント】酸味を残すため、酢を加えたらすぐに火を止める!

放送したレシピ一覧に戻る

シェフ:今枝ゆかりさん

2020年6月17日(水)[再放送] ※2019年9月4日(水)放送
まぐろの和風オイル漬け

まぐろの和風オイル漬け

材料(2人分)

  • まぐろ・・・200g
  • 白ねぎ・・・1本
  • オリーブ油・・・大さじ3
  • しょうゆ・・・大さじ1と1/2
  • わさび(すりおろし)・・・小さじ1

作り方

  1. わさびとしょうゆをダマがなくなるまで混ぜる。

    オリーブ油を少しずつ入れ、なめらかになるまでよく混ぜ合わせたら、たれの完成。

    【ポイント】油と水分は混ざりにくいので、トロトロになるまでよく混ぜる。
  2. 白ねぎを薄く斜めにスライスし、

    冷水につける。

    【ポイント】冷水につけることで食感が出ておいしくなる。
  3. まぐろを食べやすい大きさに切り、1に入れてまぐろをたれにからませる。
  4. 2の白ねぎを冷水から取り出し、キッチンペーパーで軽く水けを取り、3に入れる。
  5. しっかりと混ぜ、白ねぎにたれがしみこんだら完成。

放送したレシピ一覧に戻る

お料理指南の講師陣

「できたて!」レシピ お料理指南の講師陣のプロフィール
※あいうえお順に掲載

今枝 ゆかりさん
今枝ゆかりさん(外資系航空会社勤務を経てイタリア各地で手料理を学ぶ、料理教室主宰)
内田千尋さん
内田千尋さん(津山東高校食物調理科卒。フレンチの道へ。2018年度に岡山市内外資系ホテルの料理長に)
平本 光記さん
平本光記さん(倉敷市で海鮮料理に特化した和食料理店を運営)
藤田 さやかさん
藤田さやかさん(天満屋陸上部の専門調理師、発酵食品を使ったレシピが得意)
村田 裕子さん
村田裕子さん(管理栄養士・料理研究家、健康とおいしさを兼ね備えた家庭料理が得意)
Ryokoさん
Ryokoさん(スイーツ修行でイタリアに3年間。帰国後、大手企業でレシピ開発。スイーツ教室主宰)
渡邉 律夫さん
渡邉律夫さん(陳建民、陳建一氏に師事、岡山県内に2店舗を経営)
Page Top