番組情報

「霜月 あれこれ漬けて 冬支度」

放送予定: 11月24日(日)午後6時~6時30分(Eテレ)

お寺のギンナン、今年はどっさり。里の潤子さんの畑のハヤトウリとショウガ、西吉野の岡本さんの名物・富有柿と、秋の恵みが台所に大集合し、始まるのが漬け物づくり。シンプルな塩漬け、手作り味噌に漬けたり、そこにヨーグルトを加えて漬けたり、熟しすぎた柿をベースにして大根を漬けたり。にぎやかに冬支度が進む。この季節、境内にある九十余社神社では恒例の収穫祭。里の人々が装束をつけ、おごそかに今年の豊作を感謝する。

【声】柄本佑
【音楽】川上ミネ BimBomBam楽団

今年はギンナンが復活!
今年はギンナンが復活!
奈良漬けにする?浅漬けにする?
奈良漬けにする?浅漬けにする?
立派な生姜!
立派な生姜!
山登りには最高の季節
山登りには最高の季節
秋深まる音羽山
秋深まる音羽山
柿もおいしく色づきました
柿もおいしく色づきました
赤いのがおいしいんだよ
赤いのがおいしいんだよ
知恵を出し合い漬け物作り
知恵を出し合い漬け物作り
秋の味覚が大集合
秋の味覚が大集合
干し柿を使った「柿なます」
干し柿を使った「柿なます」
ほんのり優しい「甘酒漬け」
ほんのり優しい「甘酒漬け」
登山後の甘いおやつは…
登山後の甘いおやつは…

「神無月 料理自慢は母ゆずり」

放送予定: 10月27日(日)午後6時~6時30分(Eテレ)

新米を精米しようと里に下りた慈瞳さんとまっちゃんを呼び止め、やっちゃんは採れたてサツマイモをおすそわけ、潤子さんは“去年一緒に仕込んだミソ”が食べごろだと家に誘う。収穫の季節。ご住職はお母さんの思い出を語りながら栗(くり)ごはんを炊く。訪ねてきた潤子さんが間引き菜でつくる“お和い”や新米と小麦でつくる“さなぶり餅”も、母や祖母直伝の自慢料理。自分たちで収穫したものばかりを材料に、大満足な秋の食卓。

【声】柄本佑
【音楽】川上ミネ BimBomBam楽団

初穂で頂いた玄米は食べる分だけ精米します
初穂で頂いた玄米は食べる分だけ精米します
やっちゃんの畑で”間引き菜”を頂きました
やっちゃんの畑で”間引き菜”を頂きました
去年仕込んだ味噌が食べ頃に!
去年仕込んだ味噌が食べ頃に!
朝のおつとめは心穏やかな時間
朝のおつとめは心穏やかな時間
出来たて味噌で頂く味噌汁
出来たて味噌で頂く味噌汁
みんな栗拾いに夢中です
みんな栗拾いに夢中です
こんなにたくさん拾いました!
こんなにたくさん拾いました!
栗むきもみんなでやればまた楽し
栗むきもみんなでやればまた楽し
住職の母の味「栗ごはん」はほんのりピンク色
住職の母の味「栗ごはん」はほんのりピンク色
潤子さんの母が得意だった「間引き菜のお和え」
潤子さんの母が得意だった「間引き菜のお和え」
潤子さんの家に受け継がれてきた「さなぶり餅」
潤子さんの家に受け継がれてきた「さなぶり餅」
母の味いっぱいの秋のお膳
母の味いっぱいの秋のお膳

「長月 秋の先どり小さな実り」

放送予定: 9月29日(日)午後6時~6時30分(Eテレ)

夏野菜もそろそろ終わり、収穫の秋はもうちょっと先。そんな“すきまの季節”にも、尼寺の台所にはおいしいものがいっぱい。潤子さんが届けてくれたイチジクは、日本酒で煮てコンポートに。大きく育ったバジルは、おなかにやさしいおかゆに。柿の里・西吉野まで摘果のお手伝いに出向けば、摘み取った小さな実を持ち帰り、奈良漬を仕込む。庭のイチョウの樹の小さなギンナンも、数えられるほどに育った。この秋は、豊作の予感。

【声】柄本佑
【音楽】川上ミネ BimBomBam楽団

今年のギンナンはどうかしら
今年のギンナンはどうかしら
よく見るとあちこちに緑の実が
よく見るとあちこちに緑の実が
イチジクは一足早い秋の味覚
イチジクは一足早い秋の味覚
潤子さんのレシピでコンポートを
潤子さんのレシピでコンポートを
山の柿畑へお手伝いに
山の柿畑へお手伝いに
おいしい柿にするための作業
おいしい柿にするための作業
予期せぬ収穫も待っていました
予期せぬ収穫も待っていました
間引いた柿の使いみちは……
間引いた柿の使いみちは……
台風で折れた枝にも意外な用途
台風で折れた枝にも意外な用途
夏の名残の味を求めて
夏の名残の味を求めて
行く夏と来る秋 長月の御膳
行く夏と来る秋 長月の御膳
虫の声を愛でる秋の夜長
虫の声を愛でる秋の夜長

「葉月 夏のごほうび 蓮日和」

放送予定: 8月25日(日)午後6時~6時30分(Eテレ)

ご住職が丹精こめて育ててきた庭の蓮(はす)夏の早朝に花が咲く。泥の中で育ててこそきれいに花開く、という蓮はお寺としても意味深い花。今年最初の花をきれいに活けて観音様にお供えする。お盆の準備を終えたら、お寺にも短い夏休みがやってくる。今年は庭の和製ハーブを取り合わせて初めてのグリーンカレーづくりに挑戦。熟成味噌のたまりでコクを出し焼いた湯葉や生ふ、夏野菜がたっぷり入った「音羽カレー」のお味はいかが?

【声】柄本佑
【音楽】川上ミネ BimBomBam楽団

冬瓜のアイディア御膳
冬瓜のアイディア御膳
冬瓜シャーベット
冬瓜シャーベット
日の出前の蓮仕事
日の出前の蓮仕事
観音様に蓮をお供え
観音様に蓮をお供え
初盆やねぇ
初盆やねぇ
天川村のひょっとこ踊り
天川村のひょっとこ踊り
庭の夏草を収穫
庭の夏草を収穫
グリーンなカレー作りに挑戦!
グリーンなカレー作りに挑戦!
この野菜UFOちゃう?
この野菜UFOちゃう?
音羽流グリーンカレー
音羽流グリーンカレー
キクラゲと蓮の実のシロップ煮
キクラゲと蓮の実のシロップ煮
“象鼻杯”で暑気払い
“象鼻杯”で暑気払い

「文月  雨もへっちゃら ナスづくし」

放送予定: 7月28日(日)午後6時~6時30分(Eテレ)

尼寺は、梅雨のさなか。ザーザー雨から霧雨まで、いろんな種類の雨が降る。小雨のタイミングを見計らって、ご住職は庭でどくだみ摘み。花は虫刺されの特効薬に、乾燥させた葉はお茶にする。ある日、京都から箱いっぱいの加茂ナスが届く。早速油で揚げて田楽に。いただきもののナスも、蒸したり、ピーマンと炒めたりして、今日はナスざんまいごはん。雨の軒下で七夕飾り、手作りゼリーのおやつなど、退屈知らずの七月の日々。

【声】柄本佑
【音楽】川上ミネ BimBomBam楽団

霧雨にけぶる音羽山観音寺
霧雨にけぶる音羽山観音寺
雨に濡れた庭で花摘み
雨に濡れた庭で花摘み
修復が完了した本堂に季節の花を
修復が完了した本堂に季節の花を
台所はにわかに夏野菜ブーム
台所はにわかに夏野菜ブーム
こんな立派な賀茂なすも到来
こんな立派な賀茂なすも到来
なすを使いこなした昼ごはん
なすを使いこなした昼ごはん
小雨の中でもラジオ体操
小雨の中でもラジオ体操
草の茂る林にお宝がいっぱい
草の茂る林にお宝がいっぱい
ドクダミには十の薬効があるとか
ドクダミには十の薬効があるとか
そして今年も七夕です
そして今年も七夕です
みんなの願いが軒端にゆらゆら
みんなの願いが軒端にゆらゆら
縁側でほっこり おやつの時間
縁側でほっこり おやつの時間

「水無月(みなづき) 青葉風吹く お茶日和」

放送予定: 6月30日(日)午後6時~6時30分(Eテレ)

夏野菜にはちょっと早い6月だが尼寺の3人はおいしいものを続々見つける。庭に生えている茶の葉を初めて収穫。大塔町篠原のおばあちゃんを訪ね、お茶にする方法を習い茶粥(がゆ)のレシピを教わる。ご住職が来るずっと前には、お寺でも茶粥が作られていたようで専用のしゃもじも残っている。ならば本格的に、としばらく使っていなかったかまどの火をおこし茶粥に挑戦。庭でとれたさんしょうの実の佃煮を添えて極上の朝ごはんを。

【声】柄本佑
【音楽】川上ミネ BimBomBam楽団

6月のとっておき“ジューンベリー”
6月のとっておき“ジューンベリー”
新じゃが泥棒!?
新じゃが泥棒!?
お茶作りへ出かけよう
お茶作りへ出かけよう
茶もみ初体験
茶もみ初体験
香ばしいやまとのお茶
香ばしいやまとのお茶
伝統の茶粥を受け継ぐ
伝統の茶粥を受け継ぐ
今こそ収穫!さんしょうの実
今こそ収穫!さんしょうの実
お寺のかまど復活
お寺のかまど復活
火起こしにひと苦労
火起こしにひと苦労
茶粥のお膳
茶粥のお膳
さんしょうと昆布の佃煮
さんしょうと昆布の佃煮
とろとろ茶粥
とろとろ茶粥


※過去3か月分を掲載しています。
Page Top