紹介した情報

7月8日(木)
"紅茶の町・尾張旭市”を大学生が応援!~名古屋 守山~
尾張旭市の市制50周年を記念して金城学院大学(名古屋市守山区)の学生5人が、オリジナルの紅茶を開発しました。今年5月からインターネットで販売を開始し、注目を集めています。5人は国際情報学部の4年生。尾張旭市の紅茶専門店のアドバイスを受けながら、ホットでもアイスでもおいしく味わえるスリランカのディンブラ産の茶葉をオリジナル紅茶に選びました。茶葉を入れる缶をデザインしたほか、おいしい紅茶の入れ方を4コマ漫画にして商品に添えるなど工夫を凝らして販売しています。中継では、大学の教室で追加販売の準備を行っている場所から、これまでの取り組みや紅茶の魅力をご紹介しました。
【問い合わせ先】
メール:
ciyatea@gmail.com
Page Top