ストップ詐欺
“証拠品になるので封筒に入れて”に注意

“証拠品になるので封筒に入れて”に注意

今回のキーワードは「“証拠品になるので封筒に入れて”に注意」です。
4月13日、名古屋市北区の80代の男性の自宅に百貨店の従業員を名乗る男から「あなたのクレジットカードで20万円くらい使われている」と電話がありました。
さらに財務局の職員や警察官を名乗る男から、キャッシュカードを確認するという趣旨の電話が立て続けにあったあと、警察官を名乗る女が男性の自宅を訪れ、「証拠品になるのでキャッシュカードを封筒に入れて保管してください」などと言われました。
男性は差し出された封筒にキャッシュカード2枚を入れると「封をするためにのりと印鑑を持ってきてください」と言われ、その場を離れた隙に封筒をすり替えられて盗まれてしまいました。
その日の夜に不審に思った男性は警察署に相談しましたが、暗証番号を犯人グループに教えてしまっていたため、すでに150万円を引き出されていました。
警察官が自宅を訪問して、クレジットカードの不正利用を調べるためにキャッシュカードを確認し、証拠品として保管するため封筒に入れるよう促すことは絶対にありません。
また、百貨店の店員が、クレジットカードの不正利用に関して電話をかけてくることもありません。
1人で判断する前に警察に相談してください。

公開日 2021年5月19日(水)


“携帯が悪用されている”に注意

“携帯が悪用されている”に注意

今回のキーワードは「“携帯が悪用されている”に注意」です。
ことし3月、岐阜県各務原市に住む76歳の男性の携帯電話に「あなたの携帯電話が悪用されているので、連絡してほしい」といったショートメールが届きました。
男性が記されていた番号に電話すると、携帯電話会社の社員を名乗る男に「国税局にお金を納めて書類を作らなければ、悪用を停止できない」と告げられました。
男性は、要求されるままにコンビニエンスストアで3回にわけて70万円分の電子マネーを購入し、男らに電子マネーのID番号を伝え、だまし取られてしまいました。
その後、別の男から電話があり、「再び悪用されないように20万円払って保険に入ってほしい」と要求され、「金がない」と答えると、「また被害にあっても知らないぞ」と脅され、不安になった男性が警察に相談して被害が発覚しました。
詐欺グループは、携帯電話やパソコンといった電子機器の扱いに不慣れな高齢者を狙って不安をあおります。
また、公的な機関や企業が電子マネーを買わせてID番号を伝えさせることはありません。
こうしたメールや電話は詐欺だと思って、警察に相談してください。

公開日 2021年5月13日(木)


“ATMを操作して“に注意

“ATMを操作して“に注意

今回のキーワードは「“ATMを操作して“に注意」です。
4月、名古屋市中村区の70代の女性の自宅に区役所の職員を名乗る男から電話があり、「累積していた医療のお金が2万3368円あり、戻ります。ただ、手続きの期限が切れているので再発行が必要です」などと言われました。
その後、女性は携帯電話で男から伝えられた番号にかけ直して電話をつなげたまま、自宅近くのATMに向かい、指示されたとおりに操作して現金99万円を振り込んでしまいました。
女性は家族に相談したことで被害に気づいたということです。
「医療費の還付金がある」などと言ってATMを操作するよう指示し、現金を振り込ませてだまし取る「還付金詐欺」の手口の被害が最近、急増しています。
愛知県でことしに入って2月までに起きた「還付金詐欺」の被害は5件でしたが、3月だけで19件に上っています。
還付金などの手続きでATMを操作することは絶対にありません。
警察は、携帯電話で話しながらATMを操作している人を見かけたら、声をかけて警察へ通報するよう呼びかけています。

公開日 2021年5月12日(水)


“電話中の訪問”に注意

“電話中の訪問”に注意

今回のキーワードは「“電話中の訪問”に注意」です。
ことし2月、岐阜市に住む80代の男性の自宅に警察官を名乗る男から電話があり、「キャッシュカードが盗まれる事件があった。自宅に女性警察官を行かせるのでカードを準備して待っていてほしい」と頼まれました。
まだ通話しているうちに、警察官を名乗る女が自宅を訪ねてきて男性は電話を切り、女の指示に従うまま、キャッシュカード6枚と暗証番号を書いた紙を封筒に入れ、封筒に封をするための印鑑を取りに離れている間に、封筒ごとすり替えられました。
口座からは、その日のうちにあわせて600万円が引き出されました。
警察は、詐欺グループが男性に考えたり、誰かに相談したりする隙を与えないため、女が来るまで電話をつないでいた可能性もあるとみています。
詐欺グループは、綿密に連携してタイミングよく行動し、カードや暗証番号、それに現金などを巧妙にだまし取ろうとします。
そもそも、キャッシュカードの確認で警察官や金融機関の職員が家に来ることはなく、こうした電話が来たら詐欺を疑って警察や家族に相談してください。

公開日 2021年4月15日(木)


Page Top