出演者情報

みんなで筋肉体操

筋肉指導

谷本道哉

谷本 道哉

1972年生まれ。近畿大学准教授。
自信のある筋肉は、「Vシェイプが作れる広背筋。“男は背中で語るものです”よね?」。
筋トレの魅力は、「素質の差こそあれ、万人に必ず効果があるから。筋トレでつかない筋肉はありません」。
筋肉の悲哀は、「広背筋が発達しすぎてポケットに手が入らない...と言ってみたい」。
好きなプロテインの味は、「プロテイン登場初期の味付けなしの大豆プロテインが意外と好きでした。素材の味から生命の力を感じる、的な」。

【私の筋肉ヒストリー】
プロレスのハルクホーガンにあこがれて小学校時代から鉄アレイを上げ下げしはじめました。高校三年でニキビができ始めるほどの晩熟だったので、筋肉がついて体重が増え始めたのは二十歳過ぎから。80kgまで筋トレで体重を増やして、フルコンタクト空手で100kg級の巨漢選手と戦うのはかなり楽しかったです。空手家でエンジニアという生活も充実していましたが、筋肉がどうにも好きで、気づいたら会社を辞めて筋トレの研究者になっていました。

アシスタント

武田 真治

武田 真治

1972年生まれ。俳優。
自信のある筋肉は、「強いて言うなら胸筋です。決して大きくはありませんが、カットが綺麗だと言われます」。
筋トレを始めたのは、「約20年前の体調不良がきっかけ。顎関節症で凝り固まってしまった全身の筋肉をほぐすため、医者に薦められたのがきっかけです。成長期を含め、それ以前はまるで運動をしていなかったので、トレーニング開始後はその時期を取り戻すかのごとく、のめり込みました」。
筋トレの魅力は、「まずなにより、己の心と静かに向き合い、己の弱さを知ることができること。それと、一人で得られるもっともスリリングかつ、安全な刺激であることです」。
好きなプロテインの味は、「いちごです。オレンジジュースで割って飲みます」。

【私の筋肉ヒストリー】
小学校3年生から4年間、習い事として週に1回剣道教室に通うが、身体の成長期には運動は皆無。17歳で単身上京し貧しい一人暮らしを始め、20代中頃「顎関節症」を患い、20代後半から身体を鍛え始める。最初の運動は「縄跳び連続100回」で、半年間飛び続けた。30代中頃には、ベンチプレス110kg×10発を上げられるほどになるが、今度は「ストレートネック」になり、高重量のトレーニングを諦める。民放局の某番組では「自重×8割」の重さを109回上げて優勝するも、いまだに食事や栄養のことにはまるで無知。「食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、よく運動する」を実践し続けている。

嶋田 泰次郎

嶋田 泰次郎

1976年生まれ。歯科医師。
自信のある筋肉は、「決して飲むことはないタピオカドリンクを胸の上部に載せ飲むことはできないが、大きくパンプした大胸筋」。
筋トレの魅力は、「自己と向き合い己の心と体を成長させてくれる事、なのでインターバル中の携帯電話の使用は×です!!」。
筋肉の悲哀は、「携帯電話を使用していると上腕ニ頭筋がパンプしまくって携帯を持ってられなくなってしまう。これ筋肉あるあるですね」。
好きなプロテインは、「最近のプロテインはどれも美味し!!」。

【私の筋肉ヒストリー】
忘れもしない高校2年の夏、立て続けに2人の女性にフラれ(相手から告白されてお付き合いしたのにもかかわらず...)あまりのショックで近所の区営ジムでほぼ毎日通いベンチプレス100kgが上がったとき。女性は裏切るが筋肉は裏切らないと実感した懐かしい思い出がありますね。

川村 虹花

川村 虹花

1995年生まれ。アイドル(仮面女子)、総合格闘家。
自信のある筋肉は、「三角筋です。仮面女子で腕を出す衣装が多くて写真などで自分を見るとびっくりします。もはやアイドルの腕ではありません」。
筋トレの魅力は、「成果が目で見てわかるところと、前回よりもキツイトレーニングなどができるようになっていくので自分に自身がつきます。ファンは推し変するけど、筋肉は裏切らない」。
筋肉の悲哀は、「ファンの方にゴツくなったねと言われることですね」。
好きなプロテインの味は、「ココアです。甘くて飲みやすいのが好きです」。

【私の筋肉ヒストリー】
幼稚園の頃からスポーツクラブに入り、一輪車・空中逆上がり・二重跳び・三点倒立などはすぐにマスターし、小学校ではバレーボールをはじめ私の足は丈夫な太い足になりました。アイドルをやりながらジム通いをして筋トレもしていました。2年前に格闘技に目覚め、今はアイドルと格闘家を両立させています。アイドルらしくない体つきになってきていて、アイドルとしてどうなのかと最近思ってきました。マッチョなアイドルが好きだよという方、ぜひ推して下さい。

中野 元

中野 元

≪一般公募枠≫
1987年生まれ。看護師。金城大学看護学部助教。全日本テコンドー選手権3連覇。
自信のある筋肉は、「左大胸筋の「フランク」と。三角筋の「ジョン」と「ステイサム」です。その他の筋肉は、まだ懐いてくれてないので名前はありません」。
筋トレの魅力は、「筋トレをすることで、長い人生がより健康で楽しく過ごせることです」。
筋肉の悲哀は、「ネットで洋服を買うとサイズが合わないことです。モテる為のスリムな服はまず入りません」。
好きなプロテインの味は、「キャラメルコーヒー味のコーヒー割りです。なんとかフラペチーノみたいな味になります」。
    
【私の筋肉ヒストリー】
信号も無い田舎で育ち、大学生の時にテコンドーに出会いました。試合中に怪我をしてしまい、肉体強化の為、筋トレを初めました。肉体改造の結果、全日本3連覇、アジア3位まで辿り着きました。筋トレのおかげで田舎では想像できなかった、テレビの向こうでしか見らしれなかった人や世界の人々と友達になることができました。また、患者さんを車椅子からベッドに移動したりする際に「マッチョは安心だ。」と言って貰えたり、周りの看護師からも良く力を貸して欲しいと頼まれます。ただ、細かい作業をしているとよく筋肉の無駄遣いと言われるので「無駄な筋肉など一つもない!!」と毎回力説するのが大変です。

姚(よう) 麗花

姚(よう) 麗花

≪一般公募枠≫
1995年生まれ。獣医学生。
自信のある筋肉は、「ハムストリング。コンプレックスだった太い足が今ではチャームポイント!」。
筋トレを始めたきっかけは、「ダイエットです」。
筋トレの魅力は、「自分のコンプレックスを愛せるようになること。3万円の服より3kgの筋肉の方が絶対自分の自信になります!」。
筋トレを習慣にして困ったことは、「筋肥大して手持ちのジーパンが1本も入らなくなったこと...」。
好きなプロテインの味は、「ロイヤルミルクティー」。

【私の筋肉ヒストリー】
子供の頃は、高校時代は放送部でマイクのスタンドを持って行くだけで息切れするくらい筋肉に縁がなかった。大学2年生の時に北海道のボディビル連盟副会長に出会い、やればやるだけ結果に繋がり、短期目標達成がしやすいため自己肯定感もどんどん上がる、筋トレの楽しさを実感。そこからハマり、ついにボディビルも始める。獣医学部とボディビルの並行は辛い時もありますが、筋トレのおかげで筋肉の名称も覚え、解剖学の成績も上がりました。

Page Top