このページを閲覧する場合は、「Javascript」の設定を有効にする 必要があります。

放送予定

再放送予定

過去の放送

登場人物

菜々【清原果耶】
風早家の奉公人で、もとは武士の娘。市之進が陥れられ、それを仕組んだのが父を切腹に追い込んだ男だと知った時、市之進と子供たちを守るため強大な敵に大勝負を挑む。

菜々【清原果耶】

風早(かざはや)市之進【町田啓太】
風早家の主。乱れた藩政の刷新を目指すが、そのために疎まれ、罪を着せられてしまう。

風早市之進【町田啓太】

佐知【谷村美月】
市之進の妻。菜々を妹のように優しく導くが病に倒れ、菜々に市之進と子供たちを託す。

佐知【谷村美月】

轟 平九郎【北村有起哉】
藩内で隠然たる力をふるう。藩政に異を唱える市之進を巧妙な手口で罪に追い込むが、実は風早家と、ある因縁があった――。

轟 平九郎【北村有起哉】

雪江【南沢奈央】
市之進の再婚話の相手。かつて花見の宴で見かけて以来、市之進のことを恋慕い、自ら市之進との縁談を申し出た。

雪江【南沢奈央】

壇浦五兵衛(だんご兵衛)【松尾 諭】
空腹で行き倒れになりかかっているところを菜々が助けた浪人で、実は剣の達人。その時に食べた団子60本分の礼として、菜々に剣の手ほどきをする。

壇浦五兵衛(だんご兵衛)【松尾 諭】

舟(お骨)【濱田マリ】
菜々が主家の金策のために訪れた質屋の女将。女一人での商売をなめられないようにと、背中に髑髏(どくろ)をあしらった長羽織を常に羽織っている。

舟(お骨)【濱田マリ】

椎上(しいがみ)節斎(死神先生)【石橋蓮司】
菜々の隣に住む儒学の先生。幽霊と間違われたことで「死神先生」と呼ばれるようになる。

椎上節斎(死神先生)【石橋蓮司】

湧田の権蔵(駱駝の親分)【宇梶剛士】
地元を仕切るヤクザの親分。幼いとよを死んだ娘と重ね合わせ、菜々たちの味方になる。絵草子のラクダに似ていると、「駱駝の親分」と呼ばれることに。

湧田の権蔵(駱駝の親分)【宇梶剛士】

甚兵衛【苅谷俊介】
風早家に先代から仕える忠実な家僕。

甚兵衛【苅谷俊介】

桂木仙之助【高田 翔】​
市之進の朋輩で藩政改革の同志。軽率な行動が市之進に累を及ぼすことに。

桂木仙之助【高田 翔】​

宗太郎【松大航也】
菜々の従兄。幼馴染の菜々に一途な思いを寄せる。

宗太郎【松大航也】

柚木弥左衛門【イッセー尾形】
鏑木家の家老。昼行燈のように生きていたが、詮議の場で市之進の姿に接し、藩の未来の希望を託す。

柚木弥左衛門【イッセー尾形】

鏑木勝重【中原丈雄】
長年鏑木家に君臨した藩主。藩主の座は世嗣・勝豊に譲ったが、実権は握り続けている。

鏑木勝重【中原丈雄】

日向屋孫右衛門【本田博太郎】
藩内の商いを一手に取り仕切る豪商。轟を育て、藩主・勝重に食い込ませた。藩の財政を食い物にして手に入れたいまの地位を代替りの後も保とうとする。

日向屋孫右衛門【本田博太郎】

【原作】葉室麟
【脚本】渡邉睦月・森脇京子
【音楽】Evan Call
【出演】清原果耶・町田啓太・谷村美月・松尾 諭・濱田マリ・宇梶剛士・高田翔・松大航也・南沢奈央・苅谷俊介/石橋蓮司・中原丈雄・イッセー尾形・本田博太郎・北村有起哉
※脚本の渡邉睦月さんの「邉」は一点しんにょうです。

よくある質問

番組のCDはありますか?

詳しくはこちらをご覧ください。