このページを閲覧する場合は、「Javascript」の設定を有効にする 必要があります。

放送予定

再放送予定

過去の放送

番組紹介

「男はつらいよ」が現代の大阪によみがえる!
1969年8月、山田洋次監督、渥美清主演の映画『男はつらいよ』が公開され、大ヒットとなった。以来、寅さんと妹さくらとの情愛や、瞼(まぶた)の母・お菊との丁々発止、マドンナとの出会いと別れなど お決まりの人情話は日本のお盆や正月に無くてはならない風物詩となった。
映画 第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』から約四半世紀。2020年、舞台を大阪に変えて、「贋作 男はつらいよ」として寅さんが現代によみがえる。
寅さんを演じるのは、関西の落語家・桂雀々。寅さんにふんして注目を集めた落語会「桂はつらいよ」。その風貌が似ていることで、山田洋次監督自らが新しい寅さん像を着想した『贋作 男はつらいよ』。寅さんの妹のさくら役の常盤貴子とそのファミリーも、みんな大阪弁をしゃべる。設定を現代に置き換え「贋作」をうたうが、“本物の本物による「贋作」”であることが、ドラマの一番の見どころです。

【あらすじ】 
秋の観光シーズンを迎える箱根の旅館、高見歌子ら関西から来た女性3人組を部屋に案内する寅次郎。地元が大阪という共通の話題から関西のはなしで盛り上がり、帰りの弁当代まで出してしまう。父親と大げんかをして家を出てから30年経つが、この出会いで里心が芽生えた寅次郎。東大阪市・石切神社の参道にある甘味どころ「くるまや」では平穏な日常の日々が流れていた。ある日、法事を執り行っていた「くるまや」に、風変わりなちん入者が。いぶかしがる一同をよそに、なんと寅次郎が30年ぶりに大阪・石切に帰ってきたのだった。


出演者

<車寅次郎/桂雀々>
本作の主人公。東大阪は石切参道にある老舗の甘味処「くるまや」の後継だったが30年近く家に帰らなかった。
しかしあることがきっかけで里心が芽生え、父の三十三回忌にふらりと帰ってくる。
そのことで平穏そのものだった「くるまや」の日常を一変させる。

車寅次郎/桂雀々

<諏訪さくら/常盤貴子>
寅次郎の妹。小学校の頃、両親が亡くなった後、兄の寅次郎が出て行ったまま連絡もなし。
それでも、ずっと兄を待っていた心優しい女性。叔父叔母夫婦に育てられ、自宅裏の印刷工場で働いていた諏訪博と結婚し満男が生まれる。
「くるまや」で叔父叔母夫婦を手伝っている。

諏訪さくら/常盤貴子

<車竜造(おっちゃん)/綾田俊樹>
寅次郎の叔父。石切参道にある老舗の甘味処「くるまや」の主人。
兄の平造(寅次郎とさくらの父親)の死後、店を引き継ぐ。
「アホやなぁ」と言いながらも寅次郎のことを温かい目で見守る。

車竜造(おっちゃん)/綾田俊樹

<車つね(おばちゃん)/松寺千恵美>
寅次郎の叔母。昔ながらの関西の元気なおばちゃん。感情豊かで、実の母親のように寅次郎に愛情を注ぎ、さくらとともに寅次郎のよき理解者。

車つね(おばちゃん)/松寺千恵美

<諏訪博/北山雅康>
さくらの夫。満男の父。タコ社長の印刷工場で働く。妻のさくらとは恋愛結婚。寅次郎に対しては「お兄さん」と呼び唯一謙虚な存在。

諏訪博/北山雅康

<諏訪満男/福丸怜乎>
さくらと博夫婦の長男で一人っ子。両親の愛情を一身に受け育つ。

諏訪満男/福丸怜乎

<桂幸太郎(タコ社長)/曽我廼家寛太郎>
「くるまや」の裏の印刷工場の2代目社長。
「くるまや」の人々とは家族ぐるみの付き合い。お人好しな性格でお調子者。

桂幸太郎(タコ社長)/曽我廼家寛太郎

<住職/笹野高史>
「くるまや」をはじめ石切の人々からは親しみを持たれている法恩寺の住職。
人格者であり、幼い頃からの寅次郎のよき理解者。

住職/笹野高史



第1回・第2回ゲスト

<高見歌子/松下奈緒>
本作最初のマドンナ。
小説家の父・修吉と二人暮らしをしているOL。
父をひとり残すことが心配で結婚できずに悩んでいる。

高見歌子/松下奈緒

<高見修吉/平泉成>
歌子の父で厳格な小説家。歌子の結婚相手に会うことを頑なに拒み続け、歌子との仲が険悪なムードになっている。

高見修吉/平泉成


第3回・最終回ゲスト

<ぼたん/田畑智子>
情に厚い気っ風のいい京都・祇園の芸者。
青観から座敷に接待された寅次郎と意気投合。

ぼたん/田畑智子

<池内青観/田中泯>
無銭飲食になるところを、寅次郎が助けたことで知り合う。風体はみすぼらしいが実は有名な日本画家。

池内青観/田中泯

【原作】山田洋次
【脚本】山田洋次、朝原雄三(共同脚本)
【出演】桂 雀々、常盤貴子、綾田俊樹、松寺千恵美、北山雅康、笹野高史 ほか
【演出】朝原雄三、石川勝己
【制作統括】内藤愼介、斎藤寛之、高橋 練 ※「高」は、正しくは「はしご高」です。
【プロデューサー】岡村紘野