登場人物

バスカヴィルのウィリアム

バスカヴィルのウィリアム

清貧を貴ぶフランシスコ会の修道士。イギリス人。アドソの師。神聖ローマ皇帝の命を受け、フランシスコ会と対立する教皇ヨハネ22世側の使節団とで論争を行うため、北イタリアの山上にあるベネディクト会の修道院へと赴く。ウィリアムとアドソの到着前夜に修道院の図書館の塔の下で謎の死を遂げていた若き修道士アデルモの事件を調査するうち、次々と起こる殺人事件の真相と、修道院に隠された謎に迫ることになる。実は元異端審問官でもある。

ジョン・タトゥーロ John Turturro [ 声:池田秀一 ]
メルクのアドソ

メルクのアドソ

ベネディクト会の若き見習い修道士。ドイツ人。ウィリアムの弟子。皇帝軍の将軍の息子。純粋な心を持つ青年で、父のような軍人ではなく、修道士になることを望む。師ウィリアムに出会って感銘を受け行動を共にするようになる。ウィリアムとともに修道院で起きた殺人事件の謎を追う。森の中で出会った「少女」にひかれていく。

ダミアン・ハルドン Damian Hardung [ 声:森田成一 ]


<修道院の人々>
修道院長

修道院長

北イタリアの山上にあるベネディクト会修道院の修道院長。教皇の使節団が到着する前に、若き修道士で装飾師のアデルモの死の真祖を解明するよう、ウィリアムに依頼する。

マイケル・エマーソン Michael Emerson [ 声:桂一雅 ]

レミージョ

レミージョ

修道院の食料管理係。ウィリアムのことを警戒している。

ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ Fabrizio Bentivoglio [ 声:板取政明 ]

サルヴァトーレ

サルヴァトーレ

修道院の食料管理係レミージョの助手。

ステファノ・フレージ Stefano Fresi [ 声:石住昭彦 ]

マラキー

マラキー

修道院の図書館長。図書館長を務めて30年になる。修道院長が亡くなると、図書館長が修道院長になるしきたりで、その際に次の図書館長を指名することになっている。図書館の内部は迷宮のようになっていて厳重に管理されており、図書館長とその補佐の2名しか立ち入ることが許されていない。

リヒャルト・サメル Richard Sammel [ 声:井上倫宏 ]

ベレンガー

ベレンガー

図書館長マラキーの補佐。厳重に管理された迷宮のような図書館に入ることが許されている2名のうちの1人。

マウリツィオ・ロンバルディ Maurizio Lombardi [ 声:加藤亮夫 ]

ホルヘ

ホルヘ

修道院で最も英知に秀でた盲目の修道士。

ジェームズ・コスモ James Cosmo [ 声:町田政則 ]

ヴェナンツィオ

ヴェナンツィオ

修道士。ギリシャ文学が専門で、アリストテレスの研究者として成果をあげている。

グリエルモ・ファヴィーラ Guglielmo Favilla [ 声:佐藤祐四 ]

ベノ

ベノ

修道士。修辞学と飾り文字を研究している。

ベンジャミン・ステンダー Benjamin Stender [ 声: 武藤正史]

セヴェリノス

セヴェリノス

薬草係。施療室の管理をしている。医学の学位を持っている。

ピョートル・アダムチク Piotr Adamczyk [ 声:丸山壮史 ]

アリナルド

アリナルド

最長老の修道士。修道院での連続殺人事件は、聖書の「ヨハネの黙示録」のとおりに起こっていると話す。

ロベルト・エルリッカ Roberto Herlitzka [ 声:多田野曜平 ]

アデルモ

アデルモ

修道士。装飾師。図書館の塔の下で遺体で発見された。

レオナルド・パツァーリ Leonard Pazzagli [ 声:杉山大 ]


<教皇側の人々>

教皇ヨハネ22世

教皇ヨハネ22世

フランス人教皇。「教皇の権威は皇帝に勝る」と考え、神聖ローマ皇帝と対立している。「清貧」の考えについて自分たちと反目し、皇帝側の支持も得ているフランシスコ会を潰そうともくろんでいる。

チェッキー・カリョ Tchéky Karyo [ 声:牛山茂 ]

ベルナール・ギー

ベルナール・ギー

ドミニコ会修道士。フランス人。異端審問官。教皇の命で教皇側の使節団を率いる。異端審問官として、ドルチーノ派をはじめ、数多くの「異端者」に死刑の判決を下してきた。

ルパート・エヴェレット Rupert Everett [ 声:菅生隆之 ]


<ドルチーノ派の人々>

ドルチーノ

ドルチーノ

教皇側に異端とされる「ドルチーノ派」の長。愛の前では誰もが平等だと訴え、聖職者たちの富や権威を批判。数多くの信徒を率いて教皇軍と衝突した。「ペニテンツィアージテ(悔い改めよ)」はドルチーノ派が使う戒めの言葉。

アレッシオ・ボニ Alessio Boni [ 声:長野伸二 ]

マルゲリータ

マルゲリータ

ドルチーノの伴侶。アナの母。

グレタ・スカラーノ Greta Scarano [ 声:阿部彬名 ]

アナ

アナ

ドルチーノとマルゲリータの娘。幼いときに両親を亡くした。

グレタ・スカラーノ Greta Scarano [ 声:園崎未恵 ]


<そのほかの人々>

少女

少女

オクシタン地方の娘。名前は不明。村がフランス王の軍の攻撃を受けて故郷を追われた。アドソと出会い、言葉が通じずともしだいに心を通わせていく。

アントニア・フォタラス Antonia Fotaras [ 声:清水理沙 ]

アドソの父

アドソの父

神聖ローマ皇帝軍の将軍。息子アドソには自分と同じように勇猛な兵士になることを望んでいた。

セバスチャン・コッホ Sebastian Koch [ 声:金尾哲夫 ]

ミケーレ

ミケーレ

フランシスコ会の総長。ベネディクト会修道院で行われる教皇側との「清貧論争」のために、フランシスコ会の使節団を率いてくる。

コラード・インヴェルニッツィ Corrado Invernizzi [ 声:中村章吾 ]

(C)2019 Palomar/11 Marzo Film

Page Top