テーマ

2020年4月~6月の放送予定

「腸内細菌のチカラ 心と体を健やかに」

講師 :藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)

「やる気が出ない」「悲観的になる」「すぐキレそうになる」などの心の悲鳴が、じつは腸内環境にも関係していることを、ご存知ですか?実は腸内環境の悪化をはじめとする免疫の低下が引き金となり、心の問題が発生する場合もあるのです。
免疫は私たちを病気から守り、快活な状態に保つ重要なシステムで、生命体の持つ免疫は本来とても強力なものです。しかし「人間に都合の悪いもの」「キタナイもの」などを神経質に排除し、生活の便利さを追求した結果、私たちは心身の免疫力も次世代に命をつなぐ本能も失いそうになっています。こうした傾向から脱却するには、どうしたらよいのでしょうか?
2020年の夏に81歳になる藤田さんは人生100年時代といわれる昨今、毎日を楽しく過ごす秘訣は「驚き」、「感動」、「好奇心」を持ち続けることだといいます。かつて自分の腸内で15年間にわたり、サナダムシを飼育していたことでも知られる藤田さんは、自分の体が持つチカラを信頼して生きてきました。
今回はその体験も交えながら、若さを保ち、はつらつと生きることを考えます。


出演者プロフィール

藤田 紘一郎(ふじた こういちろう)

藤田 紘一郎(ふじた こういちろう)

1939年、旧満州ハルビン生まれ。東京医科歯科大学医学部を卒業、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了。医学博士。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。1983年に寄生虫体内のアレルゲン発見で日本寄生虫学会賞
(小泉賞)を受賞。2000年にヒトATL感染経路などの研究で日本文化振興会社会文化功労賞、国際文化栄誉賞
を受賞。1995年には、著書『笑うカイチュウ』で講談社科学出版賞を受賞。
主な著書に『こころの免疫学』(新潮選書)、『腸をダメにする習慣、鍛える習慣』(ワニブックスPLUS新書)
『残念な「オス」という生き物』(フォレスト出版)などがある。


各回内容

第1回 「腸」は「進化」の立役者
第2回 「腸の声」を謙虚に聞こう
第3回 細菌の世界をのぞいてみよう
第4回 ダイエット、断食について考えてみよう
第5回 「恐怖」の役割とは何だろう
第6回 腸はただの消化器官にあらず
第7回 糖質依存に陥らないために
第8回 「腸もれ」が病を引き起こす
第9回 健康と若さを保つカギ
第10回 健やかな体をつくる、水、油、タンパク質
第11回 食物繊維を摂るべき理由
第12回 睡眠中に起きていること
第13回 いのちを活かしきる三つの秘訣

Page Top