番組概要

2009年6月25日、世界中を悲報が駆け巡りました。稀代のエンターテイナーMichael Jackson 享年50。最後のライブツアー「THIS IS IT」を発表した矢先のことでした。あれから10年。今なおその輝きを放ち続けるマイケルが、Jackson5としてメジャーデビューしてからちょうど50年を迎える今年、NHK‐FMがお送りする50年の歴史で初めての1年間限定定時番組です。
案内役は、NONA REEVESのフロントマンにして、Michael Jacksonの公式ライナーノーツも手がける、日本人きってのマイケル研究家・西寺郷太。ヒット曲はもちろん、様々な作品やエピソードを隅から隅まで1年かけてご紹介します。また、マイケルをこよなく愛する著名人を迎えてのゲストトーク、マイケルにゆかりのあるアーティストのインタビュー、さらにはマイケルに影響を受けた内外のアーティストの作品紹介など盛りだくさん。マイケルとともに生きた世代のみならず、亡くなってからファンになったという若い世代の皆さんも、一緒にマイケルの新たな魅力を発見する旅に出かけましょう!

第1週、第2週は“MJ Music History”と題して、時代を追ってマイケルの足跡をたどります。
第3週は音楽ジャーナリストの高橋芳朗と共に、“MJインフルエンス”と題して、マイケルに影響を受けたアーティストやマイケル周りの当時の音楽シーンなどをご紹介します。
第4週は“Michael & Me”と題してゲストのトークをお楽しみいただきます。
そのほか、「郷太先生の音楽講座」や「じゃないけどマイケル」、そしてもちろんリクエストのコーナーもありますのでどうぞお楽しみに!。

皆さんからのリクエストやご質問をお待ちしています。

出演

西寺郷太(にしでらごうた)

西寺郷太(にしでらごうた)

1973年東京生まれ京都育ち。早稲田大学在学時に結成したバンド『NONA REEVES』のシンガーであり、多くの楽曲で作詞・作曲も担当している。音楽プロデューサー、作詞・作曲家としては少年隊やSMAP、V6、KAT-TUN、岡村靖幸、中島美嘉などの多くの作品に携わる。また、日本屈指の音楽研究家としても知られ、特にマイケル・ジャクソンをはじめとする80年代の洋楽に詳しく、これまでに数多くのライナーノーツを手がけ、著書も多数。

高橋芳朗(たかはしよしあき)

高橋芳朗(たかはしよしあき)

1969年、東京都港区出身。音楽雑誌の編集を経て、2002年からフリーの音楽ジャーナリストとして活動。エミネムやカニエ・ウエストなどのオフィシャル取材のほか、マイケル・ジャクソンをはじめ数多くのライナーノーツを手がける。ラジオパーソナリティ、選曲家としても活動している。※第3週出演

Page Top