登場人物

レオ・アーガイル

レオ・アーガイル

レイチェルの夫。アマチュアのエジプト学者。妻レイチェルが亡くなって1年半が経ち、元秘書グウェンダとの再婚を決め、結婚式を控えている。


ビル・ナイ Bill Nighy [ 声:佐々木敏 ]

レイチェル・アーガイル

レイチェル・アーガイル

殺人の被害者。レオの妻。資産家。慈善活動に熱心で、5人の子どもを養子にして育てていた。一方で、体面を重んじ、子どもたちには厳しく接していた。1年半前のクリスマス・イブに自宅で何者かに撲殺される。

アナ・チャンセラー Anna Chancellor [ 声:塩田朋子 ]

メアリー・デュラント

メアリー・デュラント

レイチェルとレオの最初の養子。養母レイチェルへの思いが強く、養父レオと元秘書グウェンダの再婚を阻止したいと思っている。事故で車いす生活を送る夫フィリップの世話をし、いつも神経をとがらせている。

エレノア・トムリンソン Eleanor Tomlinson [ 声:甲斐田裕子 ]

フィリップ・デュラント

フィリップ・デュラント

メアリーの夫。戦時中に活躍し勲章を授かった元パイロット。自動車事故により、車いす生活を余儀なくされる。後遺症のため鎮痛剤の注射が欠かせず、酒にも依存している。


マシュー・グード Matthew Goode [ 声:丸山壮史 ]

ティナ・アーガイル

ティナ・アーガイル

レイチェルとレオの養子。ミッキーと一緒に最後に引き取られた。内気でおとなしいが、芯が強い。図書館で仕事をし、町で一人暮らしをしている。


クリスタル・クラーク Crystal Clarke [ 声:永宝千晶 ]

ミッキー・アーガイル

ミッキー・アーガイル

レイチェルとレオの養子。ティナと一緒に最後に引き取られた。ロンドンの下町出身で、養母に求められる上流の暮らしになじめずにいた。戦後は、町で自分の整備工場を持っていた。現在はロンドンに住んでいる。

クリスチャン・クック Christian Cooke [ 声:前田一世 ]

ジャック・アーガイル

ジャック・アーガイル

レイチェルとレオの養子。素行が悪く、問題ばかり起こしていた。養母レイチェルが殺害された後、凶器に指紋がついていたため、犯人として逮捕される。犯行時間には通りがかった見知らぬ男の車で町まで送ってもらっていた、とアリバイを主張していた。しかし、裁判を待たずに、獄中でほかの囚人とのケンカにより命を落とした。

アンソニー・ボイル Anthony Boyle [ 声:小野賢章 ]

ヘスター・アーガイル

ヘスター・アーガイル

レイチェルとレオの養子。純朴で家族にかわいがられている。


エラ・パーネル Ella Purnell [ 声:あんどうさくら ]

カーステン・リンドストローム

カーステン・リンドストローム

アーガイル家の使用人。養護施設の出身。長年一家に仕え、家族に信頼されている。


モーヴェン・クリスティー Morven Christie [ 声:高橋理恵子 ]

グウェンダ・ヴォーン

グウェンダ・ヴォーン

アーガイル家の元秘書。レオの婚約者。レオに取り入り、エミリー亡き後、後妻になることが決まる。結婚式の準備にいそしんでいる。


アリス・イヴ Alice Eve [ 声:魏涼子 ]

アーサー・カルガリー

アーサー・カルガリー

自称物理学の博士。レイチェルが殺害されてから1年半後、突然アーガイル家に現れ、ジャックのアリバイの証人だと主張。犯行時間にジャックを車に乗せて町に行ったと告げる。研究のために、ずっと北極に行っていたので、これまで事件のことを知らずに名乗り出ることができなかったと話す。

ルーク・トレッダウェイ Luke Treadaway [ 声:中村章吾 ]

(C) Agatha Christie Ltd.
Page Top