出演者

キャスター

瀧川 剛史(たきがわ たけし)

瀧川 剛史(たきがわ たけし) 平日

幼いころから慣れ親しんだ番組を担当することになり、身の引き締まる思いです。
視聴者に支持されるニュースを届けるため、変化を恐れずチャレンジすること、東日本大震災以降、磨きをかけてきた緊急報道のいっそうの向上を図ることが使命だと思っています。
制作者の一員としてギリギリまで汗をかききって、本番を迎えたいと思います。
番組コンセプトは「一歩先へ、一歩深く」一つ一つのニュースと誠心誠意向き合ってお伝えします。
 

上原 光紀(うえはら みつき)

上原 光紀(うえはら みつき) 平日

平日サブキャスターとして、情報のプレゼンやニュース読みを担当します。
スタジオにいながら、お茶の間の皆さんの隣でニュースを見ている感覚も持って、1日の出来事について考えていきたいです。
視聴者のみなさんがその日のニュースに対して抱く感情に寄り添いながら、お伝えしていきたいと思っています。

高井 正智(たかい まさとも)

高井 正智(たかい まさとも) 平日

これまで、リポーターとして報道の現場を走り回ることが多かった私。
災害、事件・事故、政治、経済、国際、スポーツ・・・
それぞれの現場には、それぞれの“空気”がありました。
目には見えない、人間の機微がありました。

「今、その現場の空気が、どうなっているのか」
「現場の空気の変化は、私たちの暮らしに何をもたらそうとしているのか」
今度は、ニュース7のスタジオから、プレゼンテーションや解説、中継などを交え、少しでも、皆さんにお届けできればと思っています。

『頭は冷たく、ハートは熱く』
生放送、30分に凝縮された、真剣勝負です。
どうぞ、よろしくお願いします!!

青井 実(あおい みのる)

青井 実(あおい みのる) 土日・祝日

「ニュース7」を担当すると聞いた時、一瞬にして身が引き締まりました。
伝統ある番組、これまで築かれてきた信頼を崩すことなく、努めていきたいです。
一方で、嬉しいニュースの時には、笑顔で一緒に喜べるような、休日の柔らかい雰囲気も出していけたらとも考えています。井上裕貴アナと池田伸子アナと3人体制になるので、ほっこりする瞬間も作れるのかもしれませんね。新しいニュース7のカタチを出せていけたらと思っております。

池田 伸子(いけだ のぶこ)

池田 伸子(いけだ のぶこ) 土日・祝日

暮らしの中に飛び交う膨大な情報の中から、いま必要なニュースをつかみ取るのは大変!と感じる毎日…。
そんな私が社会の動きを自分に引き寄せて考えるのに、ニュース7は大きな助けとなってきました。
これからは伝え手のひとりとして、皆さんとニュースとの距離を近づける一助を担えたらと思います。
「いま」に迫ってきたニュース7の歴史を引き継ぎ、土日祝も3人で緩急ある30分をお届けします!

井上 裕貴(いのうえ ゆうき)

井上 裕貴(いのうえ ゆうき)土日・祝日

ひとつの時代の結び、そして新たな幕開けを迎える日本。
「ニュース7」の一員として、その転換点に立てることに、大きなやりがいと責任を感じています。
ニュースを通して、僕たちは本当に人々の感情を喚起できているのか。
便利さや耳障りのいい言葉の裏で、埋もれていく事実や本質はないのか。
ひいては、数ある番組の中で、“セブン”を皆さんの情報の一助として選んでもらうには、何が必要なのか。スタジオ内外から模索を続けて、その答えを示していきたいと思います!


気象情報

平野有海(ひらの ゆうみ)

平野有海(ひらの ゆうみ) 平日

平日の気象情報を担当する平野有海です。
私は幼少期を自然豊かな福島県の村で過ごしました。
片道2キロもある通学路で出会った多くの花や動物たち、
夏の午後の雨宿りで見た稲妻の恐ろしさ、
秋の高く澄んだ青い空と黄金色に輝く田んぼ、
氷の張った冬の川と肌を刺す北風。
幼少期の思い出は全て四季や天気とともにあります。
空と人とをつなぐメッセンジャーとして、心を込めて気象情報をお伝えします。

國本未華(くにもと みか)

國本未華(くにもと みか)土日・祝日

私は、天気予報を見ずには学校に行かない子供でした。天気に合わせて服や持ちものを考えるのが大好きで、日々の活力ももらっていたのです。今の仕事はその頃からの夢です。

今度は、私が伝え手。
日常に寄り添った情報を、皆様の心に残るよう丁寧にお届けしていきたいです。
私が発信する情報をきっかけに、何か行動を変えて頂ければ幸いです。それは災害から命を守ることにも繋がると信じています。

Page Top