これまでの特選作品

NHK短歌 2020年2月16日の特選歌
選者: 大辻隆弘 題:「転」または自由​

さよならの れんしゅうみたいに ちちははに またてをふった かいてんもくば
じてんしゃの パンクのあなを すいちゅうで うなぎをつかむ ようにさがせり
ヴィヴァルディの ふたつのてんちょう すぎしあと ふゆのひざしは ゆかをさりたり
かぜをきり 「いけ、ロシナンテ」 じてんしゃに またがるしょうじょは ゆめのただなか
ちんもくが ひにさらされて いるきたの だいちにころがる ばっかロール
「はしがころんでも おかしいとしごろ」 なんだねと いわれしころが われにもありぬ
さかみちを ころがるように くだるとき おなかですべる ペンギンになりたい
どこがどう かいてんぶそくか わからずに ゆづるのために はははいかれり
ころびきし しいのみあまた りくぐんの ぼちにぼひめい 「ばてい」のろっき

NHK短歌 2020年2月9日の特選歌
選者: 佐佐木頼綱 題:「動物」または自由​

そうげんの かぜをしらずに そらをみる ぞうのまつげに ひとひらのゆき
かきのきに ふかくくいこむ つめあとに くまのくうふく おもうゆうぐれ
ししてなお めをとじること ゆるされぬ どうぶつたちの はじまりのうみ
きょうもまた ねむれるよなれば ふるさとの もりをさまよう モモンガとなる
わたりきて ガラスのそらに とびこみし ちいさきとりの たびはおわりぬ
おんがくかい まつれつにいる もうどうけん ひとよりしずかに いきをしている
ぼくよりも てつがくてきな かおをして タローはゆうびを みつめうごかず
みずうみと つながりのある そらひとつ くぎってぼくは つるをかいたい
うまをみに いくだけのひと、 そのひとを みているだけの なつのいちにち

NHK短歌 2020年2月2日の特選歌
選者: 江戸雪 題:「消」または自由​

ひとつづつ ことばがきえて ゆくやうな さざんかゆきの しろにまじりぬ
ゆううつと いうもじをけし ほがらかに わたしはうたう よあけのうたを
きみがきえた このまちにいて きみのこと ずっとおもうよ さくらがさいた
しょうぼうだんの はっぴがならぶ のべおくり さいこうびには ておしのポンプしゃ
こくばんの だれかがかいた らくがきを けしてすすみぬ ごげんすうがく
きみはもう たつことのない キッチンに きえることない まないたのきず
こうおんに かきけされてる ていおんは はなれるほどに よくききとれる
かたにきゆる ゆきのおとさえ ききわけて ききわけてまつ ひとつのことば
ゆびさきの うごきでけせる ものだろう いちめんのなのはなも あなたも

※過去1か月分を掲載しています。

Page Top