今、65歳以上の認知症の人の数は全国に推計600万人。2025年にはさらに100万人増え、高齢者の5人に1人が認知症になると見込まれています。認知症は、これまで重度の人ばかりがクローズアップされて「何もできなくなる怖い病気」というイメージが強かったのですが、現在は早期に発見、治療を行えば、症状が悪化せず人生を全うすることが可能な時代に変わってきました。

番組では、300人以上の認知症当事者の声を聞いてきた若年性アルツハイマー型認知症でおれんじドア代表の丹野智文さん(47)をパーソナリティに迎え、全国の認知症当事者をリモートで結び、認知症とともに生きるリアルな声を伝えます。

お便りはこちら
いますぐラジオを聴く
聴き逃しはこちら
Page Top