内容詳細

           9月27日(金)午後11時
(再)9月30日(月)午後0時

薪能(たきぎのう) in 平安神宮

京都の年中行事のひとつとなっている『京都薪能』。
昭和25年から平安神宮内の特設会場で公演が続けられてきました。
かがり火に照らされた幻想的な空間で行われた、70回目となる今年の催しから、大蔵流の茂山忠三郎、茂山千五郎ほかの出演による狂言「福部の神 勤入」と、金剛流の今井清隆ほかの出演による能「石橋 狻猊之式」をご覧いただきます。
<2019年6月1日 京都・平安神宮にて収録>
狂言「福部の神 勤入」

狂言「福部の神 勤入」

能「石橋 狻猊之式」

能「石橋 狻猊之式」


内容詳細

           9月20日(金)午後11時
(再)9月23日(月)午後0時

~踊りひとすじ 西川左近の世界~
舞踊 清元「保名」   西川左近 (アンコール放送)

女流舞踊家の名手、西川左近。万人の目をひく華のある踊りで、長年活躍している。父・二世西川鯉三郎の厳しい指導を受けた左近の芸には、「常に役の心で踊らなければいけない」という確固たる信念がある。それは歌舞伎の名優・六代目尾上菊五郎から鯉三郎を経て左近へ伝わった、まさに「踊りの心」だ。今回は六代目菊五郎が得意とした「保名」をスタジオで新規収録。また「おちゃちゃ御料人」など、スタジオ映像美を極めた、左近の過去の名作をダイジェストでご覧頂く。
西川左近
西川左近

内容詳細

           9月13日(金)午後11時
(再)9月16日(月)午後0時

名人の芸を継ぐ ~西川扇藏・東音味見亨

舞踊の人間国宝・西川扇藏と長唄三味線の重鎮・東音味見亨。それぞれ二人の芸を受け継ぐ家族の姿をご覧いただきます。
舞踊「子宝三番叟」は、西川扇藏・西川箕乃助親子の共演。91歳の今なお現役で舞台を勤める父・扇藏の芸の極みについて、長男・箕乃助が語ります。
味見亨は87歳、三味線ひとすじ80年の大ベテラン。親子孫、三代による初のスタジオ演奏で長唄「助六」をお聞き頂きます。
舞踊 常磐津「子宝三番叟」

舞踊 常磐津「子宝三番叟」西川扇藏・西川箕乃助

長唄「助六」

長唄「助六」 東音味見亨・東音味見純・味見優・味見麻衣


内容詳細

           9月6日(金)午後11時
(再)9月9日(月)午後0時

平清盛の理想郷 創作舞踊「いつくしま」

今回は、創作舞踊「いつくしま」をお届けします。
世界遺産・厳島神社と、その造営を行ったといわれる平家の武将・平清盛。
若き日の清盛が夢見た神々の住まう壮大な理想郷を、群舞が美しく流麗な踊りで表現した作品です。
日本舞踊協会副会長の織田紘二さんをスタジオに迎え、作品の魅力を紹介します。
いつくしま
未来に種をまく~大阪・ワンコインで文楽~

旬の和題みみより 「未来に種をまく~大阪・ワンコインで文楽~」
「ワンコイン500円で、本物の人形浄瑠璃文楽を楽しめる!」そんな催しが大阪の国立文楽劇場で開催されました。舞台間近で迫力満点の芸を観られる上に、出演者みずから「文楽の楽しみ方」を教えてくれるレクチャー付き!その背景には「地元・大阪の若い人に文楽の楽しさを届けたい」という強い想いがありました。文楽を応援し続けている作家・有栖川有栖さんのインタビューも交えて、当日の模様をお伝えします。


内容詳細

           8月30日(金)午後11時
(再)9月2日(月)午後0時

今藤政太郎の世界

長唄三味線方の人間国宝であり、作曲家として300曲以上を世に送り出してきた今藤政太郎。83歳の今も創作を続ける邦楽界の宝だ。みずみずしい感性と茶目っ気あふれる人柄で人々を魅了する政太郎の音楽世界を、石田ひかりと吉田アナウンサーが探検。そこは不思議な楽器や激辛カレーまで飛び出す自由空間だった!?
スタジオでは、政太郎みずから「最後の大作」と称する30人規模の合奏曲「死者の書」を、豪華演奏陣を招き収録。またスピード感あふれる処女作「六歳念仏意想曲」の演奏には、この曲の大ファンだという歌舞伎俳優の松本幸四郎も特別参加する。
にっぽんの芸能

内容詳細

           8月23日(金)午後11時
(再)8月26日(月)午後0時

美しい日本の風景 舞踊「夕顔棚」「汐汲(しおくみ)」

四季の豊かさや美しさを感じる日本舞踊。
今回は、晩夏から秋にかけての季節にぴったりな舞踊を二題お送りします。
祭囃子が聞こえる夏の夜、夕涼みを楽しむ老夫婦の愉快なやりとりを舞踊で描いた「夕顔棚」。
秋の月夜、須磨の浜辺で恋人をしのぶ海女の姉妹の思いを描いた舞踊「汐汲」。
軽快な話しぶりで定評のある舞踊評論家・村尚也さんの解説でお楽しみいただきます。
舞踊「夕顔棚」

舞踊「夕顔棚」

舞踊「汐汲」

舞踊「汐汲」


内容詳細

           8月16日(金)午後11時
(再)8月19日(月)午後0時   ※高校野球の中継に伴い再放送が休止となる可能性があります

夏祭り!和楽器の名手たち大集合

暑い日が続くお盆の時期。和楽器が奏でる音楽で暑さを吹き飛ばそう!
登場するのは、いま注目を集めている3組の演奏家たち。
囃子方の二人が様々なジャンルの演奏家と共演する「お囃子プロジェクト」。
若き現代箏曲家として脚光を浴びる「LEO」。
昨年10周年を迎えた8人組、「AUN J クラシック・オーケストラ」。
それぞれ違う持ち味の音楽で独自の世界を表現します。
お囃子プロジェクト

お囃子プロジェクト

LEO

LEO

AUN J クラシック・オーケストラ

AUN J クラシック・オーケストラ


内容詳細

           8月9日(金)午後11時
(再)8月12日(月)午後0時   ※高校野球の中継に伴い再放送が休止となる可能性があります

古典芸能キッズ2019(アンコール放送)

5月に放送した「古典芸能キッズ2019」のアンコール放送。
日本の伝統を未来につなごうと日々稽古を重ねる子どもたちが、かわいらしくもひたむきな芸を披露する。京都の狂言・茂山千五郎家からは、小5コンビの2人が登場。厳しい稽古の様子を紹介するとともに、それぞれの父・千五郎、逸平も加わって親子の和やかなトークも!日本舞踊からは、全国舞踊コンクールを制したスーパーキッズが出演し、大人顔負けの表現力で舞う。さらに、箏曲を学ぶ子どもたちによる合奏をお楽しみいただく。
古典芸能キッズ
古典芸能キッズ
古典芸能キッズ
古典芸能キッズ
創作舞台∞すえひろがりの旅∞

旬の和題みみより 「共に創る喜び ~森山開次×いしかわ子ども邦楽アンサンブル~」
今年3月、石川県立音楽堂で上演された「創作舞台∞すえひろがりの旅∞」。世界的に活躍するダンサー森山開次さんと、金沢の子どもたちが初共演し、幻想的でユニークな舞台が生まれました。
ひとつの舞台を創り上げていく厳しさと責任感、そしてそれが舞台で花開いた時の喜びを味わった子どもたち。その過程を追いました。

創作舞台∞すえひろがりの旅∞

内容詳細

           8月2日(金)午後11時
(再)8月5日(月)午後0時

蔵出し!名舞台 七世尾上梅幸

NHKに残された貴重な映像の中から、名人たちの至芸を鑑賞する「蔵出し!名舞台」。今回は戦後の歌舞伎を代表する女方俳優の一人、七世尾上梅幸の芸の魅力をひもとく。数ある当たり役の中から「魚屋宗五郎」のおはま、「仮名手本忠臣蔵」の判官、そして生涯で千回は踊ったと言われる舞踊「藤娘」に焦点を当てながら、七世梅幸本人の貴重なインタビュー映像も交えてご紹介する。

七世尾上梅幸

七世尾上梅幸

山川静夫(エッセイスト、元NHKアナウンサー)

【ゲスト】山川静夫(エッセイスト、元NHKアナウンサー)


内容詳細

           7月26日(金)午後11時
(再)7月29日(月)午後0時

七之助 歌舞伎の里に舞う(アンコール放送)

あでやかな女方として人気の歌舞伎俳優・中村七之助が125年の歴史を誇る岐阜県の芝居小屋「かしも明治座」で行った公演の模様をお送りする。演目は「隅田川千種濡事(すみだがわちぐさのぬれごと)」。七之助が美しい娘から悪女、イケメンなど四役の早替わりに挑戦。今回は司会の石田ひかりと吉田真人アナウンサーも現地へ!昔ながらの「芝居見物」の楽しさを体験しながら、都会のホールでは決して味わえない、あたたかみと一体感あふれる舞台を堪能する。

にっぽんの芸能

内容詳細

           7月19日(金)午後11時
(再)7月22日(月)午後0時

同時解説で丸わかり!歌舞伎の魅力

NHKの歌舞伎番組や劇場で行われている同時解説。
今回は、この「解説」を主音声で聞きながら、歌舞伎を鑑賞する特別企画。
「弁天娘女男白浪」「義経千本桜 大物浦」といった名作歌舞伎の名場面を、歌舞伎解説者・高木秀樹さんによるバラエティに富んだ「解説」で楽しむ。
歌舞伎解説者 高木秀樹さん

内容詳細

           7月12日(金)午後11時
(再)7月15日(月)午後0時

舞踊 常磐津「鏡」

喜劇舞踊の名作「鏡」をお送りします。主人が大切にしていた大鏡が盗まれてしまった・・・。太郎冠者は、そのことを悟られまいと必死で「鏡」になります。
流派を超えた実力派舞踊家4人がコミカルな作品を生き生きと描きます。
藤間藤子の孫で舞踊家の藤間蘭黄をスタジオへ迎え、創作の裏話や作品の楽しみ方を聞きます。
(2019年2月・日本舞踊協会公演から)
舞踊 常磐津「鏡」

内容詳細

           7月5日(金)午後11時
(再)7月8日(月)午後0時

名作を舞う!「鷺娘」「年増」

いま幅広く活躍する2人の女性舞踊家、市川ぼたんと若柳美香康。それぞれが立方を務めた名作舞踊をお送りする。市川ぼたんは、雪中で過去の恋に身を焦がす舞踊屈指の人気作品「鷺娘」を、時に叙情的に時に荒々しく舞う。若柳美香康が演じるのは粋な元芸者。かつて男の浮気現場に踏み込み、相手の女と大喧嘩した様子を面白おかしく見せる。(2018年8月花形・名作舞踊鑑賞会から)
市川ぼたん

市川ぼたん

若柳美香康

若柳美香康


内容詳細

           6月28日(金)午後11時
(再)7月1日(月)午後0時

“令和”初の襲名! 七代目尾上丑之助

歌舞伎俳優・尾上菊之助の長男・寺嶋和史(5歳)が5月、七代目尾上丑之助(うしのすけ)を襲名。歌舞伎座の「團菊祭」で初舞台を踏んだ。尾上菊五郎と中村吉右衛門という二人の人間国宝を祖父にもち、音羽屋ゆかりの大きな名跡を引き継いだ丑之助。音羽屋だけでなく歌舞伎界から大きな期待が寄せられている。番組では、丑之助が主演した歌舞伎「絵本牛若丸」とともに、本番に向けた菊之助・丑之助親子の一ヶ月の様子や千秋楽後のインタビューをお送りする。
七代目尾上丑之助

内容詳細

           6月21日(金)午後11時
(再)6月24日(月)午後0時

文楽「近頃河原の達引 堀川猿廻しの段」

大阪・国立文楽劇場の4月公演より、文楽の人気演目のひとつ、「近頃河原の達引 堀川猿廻しの段」をダイジェストでお届けする。愛する男とともに心中へと向かう娘。その心のうちを知りつつ、めでたい猿廻しの芸で送り出す母と兄。上方の泣き笑いの芸能の醍醐味が味わえる演目を、ゲストによる解説とあわせてご紹介する。
近頃河原の達引 堀川猿廻しの段

【出演】
浄瑠璃:豊竹呂太夫、三味線:鶴澤清介   ほか
人形:桐竹勘壽、吉田玉也、吉田簑二郎、吉田勘彌   ほか

スタジオゲスト:荻田清


内容詳細

           6月14日(金)午後11時
(再)6月17日(月)午後0時

蔵出し!名舞台 白洲正子が愛した名人たち

独自の審美眼で日本の美を発信し続け、古典芸能にもその眼を向けた随筆家の白洲正子(1910-1998)。幼少期より梅若流の能の舞台にあがるなど、能に造詣が深かった白洲がその美を認め愛した名人たち・・・友枝喜久夫や四世井上八千代ほかの至芸をご紹介する。ゲストは生前の白洲さんと親交があり、古典芸能についての共著もある演劇評論家の渡辺保。白洲が遺した言葉を紐解き、名人の芸の本質に迫る。
白洲正子
弱法師
演劇評論家 渡辺保

内容詳細

           6月7日(金)午後11時
(再)6月10日(月)午後0時

音羽屋兄弟参上! 弥生の花浅草祭(アンコール放送)

今注目の歌舞伎俳優、坂東彦三郎と坂東亀蔵の兄弟が登場。良く通る声と美しい立ち姿。厳しい稽古を積み重ね、ますます飛躍を期待されている二人が披露するのは、舞踊「弥生の花浅草祭」。それぞれが4役を踊り分ける華やかな四変化舞踊で、特に「三社祭」の場は広く親しまれている。大変な技量と体力を必要とする大作に挑んだ二人の熱演をお楽しみいただく。
坂東彦三郎(左)、坂東亀蔵(右)

坂東彦三郎(左)、坂東亀蔵(右)


※過去3カ月分を掲載しています。

Page Top