コピーバンド選手権

この番組では随時「QUEENコピーバンド選手権」を実施しています。
下記を参照の上、 こちら からご応募ください。

☆QUEENの曲を3分程度演奏した動画を投稿してください。
☆楽器、人数、プロ/アマは問いません。
☆動画は1本、静止画はメンバー紹介用として最低1枚、最大3枚まで投稿できます。
☆投稿作品は、出演者およびスタッフが厳正な審査を行い、優秀な作品を番組で紹介します。
☆番組で紹介するのは音声のみですが、映像も審査の対象とします。

※必ずユニット名と読み方をご記入ください。
※同じ動画の再投稿はご遠慮ください。
※カラオケは自演または市販の音源に限ります。

第4回コピーバンド選手権の日程が決まりました!
締め切りは2022年2月17日(木)、放送は2月27日(日)の予定です。
この回をもって終了となりますので、奮ってご参加ください。


第3回QUEENコピーバンド選手権(11月28日放送)結果発表

最優秀賞
☆木の花耶クラブさん:「`39 by 木の花耶クラブ」~`39~☆

高校の同級生60男の集まりです。メンバーは
じーや:ボーカル+ロジャーの叫び声/ヒデ:ボーカル/ゲーヨシ:ギター、ベースとドラムの打ち込み、ボーカル、ビデオ編集
ちょっとずれているところもあるけど、ボーカルと力強いハモリに時間をかけました。
特にロジャーのハイトーンコーラスは聴きどころですが、最後の最高音だけは力尽きて加工しました。
最後にちょっとおまけを入れてます。


審査員特別賞(by パッパラー河合) ~体幹がスゴイで賞~

☆ビン笛A.B.B.さん:「Queen イントロ LOVE」
~Another One Bites the Dust,Under Pressure,Bohemian Rhapsody,Somebody To Love,Spread Your Wings~☆

空き瓶に水を入れて音階を作りそれを指に挟んで演奏してます。
限られた音数の空き瓶を組み合わせて曲の始まりがキュンとするイントロを盛り込みました。
前回は独りでやりましたが、今回はQUEEN LOVEの私Sachiのたっての願いで他のメンバー2人を道連れに参戦させていただきました。
ビン笛の良さはハーモニーにあり!をお耳で体感してください。
(今回は合計22本の瓶を使いました。)
 

審査員特別賞(by サンプラザ中野くん)~君の瞳にカンパイで賞~

☆鈴木家さん:「魂の叫びShow must go on」~The Show Must Go On~☆

一人娘のなっちゃん(小5)は、お父さん(今回は撮影担当)の影響で、クイーン&フレディが大好きになりました。
毎晩のようにこの曲を絶唱するのが楽しくて可笑しくて。
皆に聞かせたい一心で、お母さんが三十数年ぶりにピアノ伴奏にチャレンジしました♪
苦節三週間、なんとか弾けるようになり、クイーンのクラウンとマントも自作して録画に挑みました!
 

圧巻の多重コーラス賞

☆あかしはやたさん:「ないあいのう~一人で預言者の歌」~The Prophet's Song~☆

前回の "Jealousy" 入賞ありがとうございました!
今回は奮起してクイーン最高難易度の曲から、フレディのヴォーカル・ディレイ・ソロに挑戦してみました。
歌のピッチとリズムが少しでも狂うと曲がハチャメチャになってしまうこんな変態曲を、
あの時代にさらりと歌いのけてしまうフレディと、
歌わせてしまう作者のブライアンの才能の神具合に、あらためて震えます。
御本家には到底叶いませんが、こんな風にやってるよというのがわかるように、
音と一緒に動画も重ねてみたので、ご笑覧いただければと思います!
 

カリフォルニアの風賞

☆Layla Laneさん:「我ら横綱(英語バージョン)」~We Are The Champions~☆

アメリカ人のヴァレリー(ボーカル、ピアノ)と日本人のヒデ(ボーカル、その他の楽器)のレトロポップデュオです。
当時の録音の質感を再現すべくギター、ベース、コーラスはアナログテープで録ってみました。
 

※上記以外の1次審査通過者は、「過去1年の放送」のタブでご覧ください。


第2回QUEENコピーバンド選手権(8月29日放送)結果発表

最優秀賞
☆ミユキさん:「鍵盤ハーモニカでボヘミアンラプソディ」~Bohemian Rhapsody~☆

あの名曲、ボヘミアンラプソディを鍵盤ハーモニカ1台で演奏(^o^)
鍵盤ハーモニカは和音を吹くと音量が下がり大変なのですが、見事に再現しています♪♪
本人の了解を得て、友人のタカさんが投稿しました。


審査員特別賞 ~あなたはサイコー!~

☆マサさん:「`39はファンとファンつなぐ」~`39~☆

ギター、ベース、歌、ハモリを1人でやりました。
ベースに関しては録音当時ベースを持っていなかったということもありますが
ビートルズのジョージもある曲でギターを使ってベースの役割をさせるということをしていたので、それにインスパイアされました。
レッドスペシャルの音色が大好きで、レッドスペシャルについて語り、ブライアン・メイのサウンドや奏法について解説するイベントを開催し、
クイーンファンの方とつながれたことがとても思い出に残っています。
 

ヒトデナシ賞

☆MAYちゃん:「クイーンを歌うオカメインコ」~Another One Bites The Dust-Radio Ga Ga~☆

僕はオカメインコのMAYです!人間ではないですが、クイーンを愛して止まないお母さんの肩の上で一生懸命お歌を覚えて練習しました。
毎朝目覚めのウエイクアップソングは「地獄へ道連れ」。僕のウエンブリースタジアムはフレディの腕の上!
絶好鳥でご機嫌で歌う所を「ディスカバー・クイーン」ファンの皆さんも是非聞いてください。
 

※上記以外の1次審査通過者は、「過去1年の放送」のタブでご覧ください。


敗者復活特別賞・若草四人姉妹で賞 by ROLLY

☆とつけむにゃあさん:「Seven Seas Of Rhye」~Seven Seas Of Rhye~☆

4姉妹のギターレスロックバンドで、ギターの代わりにオルガンで頑張りました。
姉妹でリードボーカルを交代しながら歌っています。
パブっぽいカウンターでラストシーンを撮りたくて、いつもお世話になっているお店を
お借りして楽器や機材を持ち込んで撮影させていただきました。
ラストは熊本の民謡「あんたがたどこさ」を歌い、願い事をしながら飲むと願いが叶うと言うお店オリジナルのクラフト神社エールで乾杯しました。
私たちも、番組で取り上げてもらえますようにとお願いしながら飲みました!

敗者復活特別賞・Made in 戦前賞 by サンプラザ中野くん

☆しげジイ with his friendsさん:「我ら地域のチャンピオンズ」~We Are The Champions~☆

町内行事を活動の場にしている平均年齢60歳のグループです。
発音などお聴き苦しい所はありますが、80歳で初めて洋楽を唄ったチャレンジ度に注目!
ギターは、カールコードではありませんが、ギターと関連機材(ブライアンそっくりの自作ストラップ、TB83トレブルブースター、VOXアンプ)にこだわりました。
ドラム、ベースが無い演奏をカバーするアレンジピアノは紅一点の音楽大好き。


第1回QUEENコピーバンド選手権(5月30日放送)結果発表

最優秀賞
☆かあさんRen-Chuの皆さん:「Don’t Stop Us Now」~I Was Born
To Love You~☆

かあさんRen-Chu (※連中)です。鍵盤ハーモニカ7、ピアノ、電子オルガン、メンバー10人全員子どもをピアノ教室に通わせるお母さん。
2012年鍵盤ハーモニカ隊を経て楽器編成を変え、2019年新日本三大夜景の札幌藻岩山にて『かあさんRen-Chu』戦慄のデビュー!
今年で3年目まだまだこれから音楽を楽しみ楽しさをふりまいて行きたい連中です。

君こそフレディー賞

☆レオクラブ・バンドの皆さん:「We Are The Champions」~We Are The Champions~☆

沖縄県宮古島から平均年齢10歳のクイーンのコピーバンドです。結成から1年半。
コロナ禍中の学校休みでやることがないので毎日バンド練習してライブができるようになりました。
Queen &Adam lambertバージョンでコロナ禍の中で頑張る人たちに向けて『You Are The Champions』と歌っています。
 

レッド・スペシャル賞

☆マリヤさん:「仕事帰りのブライトンロック」~Brighton Rock~☆

ボーカル Yoh 会社員、ギターは、このライブバーのホストギタリストのマリヤさん、
あとは常連客仲間でベースはナカさん、もう一人のギター水巻さん、ドラムはモトキさんです。
コロナ前は月一回、会社帰りにクイーンを演って帰るのが楽しみでした、、。


審査員特別賞・お茶吹いたで賞

☆炎上寺 ルイコさん:「浪曲版Love of my life」~Love of my life~☆

クイーンに心酔した少女時代。子育て、介護… 全て終わり、また音楽に向かい合いたいと思った矢先に出会った浪曲。
いつも一緒に練習している同世代仲間と応募しました!
売りはクイーンの楽曲をコブシ効かせて歌い上げたところ、三味線をこれにつけたところです!


審査員特別賞・完全コピー賞

☆平成2年生まれのサラリーマンさん:「ギター1本のクイーン愛」~Brighton Rock~☆

クイーン、とくにブライアンメイ、レッドスペシャルの存在、音に取り憑かれたサラリーマン。
コインによるアタックの生々しい音、後録りではなくリアルタイムで音が重なっていく楽しさとスリル、
ソロ終わりの音伸ばしをトレモロアームで微妙な加減で揺らすところ。


審査員特別賞・ジョン・ディーコン賞

☆小桜かなさん:「ミニベースで頑張ってみました」~Mustapha~☆

ベースの弾き語りに初挑戦してみました。ボーカル(?)も人生で初めてです。
歌にひっぱられてリズムが崩れたりと、もう大変難しかったですが、学生時代に初めてムスターファを聴いた時の衝撃と、
ベースラインが印象的でいつか自分もこんなベースを弾いてみたいと憧れていたことを思い出して頑張ってみました。
大変なお耳汚しではありますが、聴いていただけるだけで恐縮です。

Page Top