災害FM、知っていますか?
大きな災害が起こったとき、被災地に一時的に作られるラジオ局、「臨時災害放送局」のことです。
東日本大震災のときには、全部で30局開設されました。
その地域に根差した必要な情報を届けるだけでなく、被災者の心のよりどころにもなってきた災害FM。
震災から10年。
当時関わった人たちやリスナーの声とともに、被災地のラジオが果たしてきた役割とこれからを考えます。

聴き逃しはこちら
いますぐラジオを聴く
番組は終了いたしましたが、
聴き逃し配信で、聴いていただけます。
是非お聴きください!
Page Top