バイヤー’sVOICE

橋本宗樹さん

カラーズ株式会社 代表取締役
橋本宗樹さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)植物の芳香成分「精油」などの植物原料を世界中から買い付け、自社で開発・製造を行うオーガニックコスメに配合しています。
また自社で企画をするフレグランスは、フランスの調香師とコミュニケーションを図りながら香りの改良を何度も重ね、完成したバルク(フレグランスの中身)を買い付けています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします
A)信頼できる作り手のもとで、丁寧に作られているか。引き込まれるような奥深い香りか。
嗅覚は、五感の中で最も原始的で直感的な感覚と言われており、一瞬で香りの良し悪しが判断できます。だからこそ、心が踊るような最高の香りを探し続けています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします
A)植物を生産する農家、植物が精油になるまでの製造工程、香りを販売するハイセンスなショップ、ヨーロッパの家庭に古くから根付く植物療法――「目には見えない香り」にまつわる様々な場面や、携わる人々が語る思いは、見どころです。
また精油の生産には、発展途上国の雇用を創出する社会的な一面もあります。
精油は、香りとしての芸術性が高いだけでなく、心と体を強く美しくし、持続可能な事業であると感じていただけたら嬉しいです。

「見えない香り」を素敵な映像にしてくださったスタッフの皆様には、本当に感謝しています。
とても楽しい収録でした。ありがとうございました。

福井雄大さん

DOGGY BRO.  代表
福井雄大さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)世界中に出かけ、犬とのライフスタイルを充実させるアイテムを買い付けています。
人と犬がともに遊べるキャンプグッズや、趣味を共有できるアイテムなどを取り入れています。
また、犬がくつろげる場所を作るためのインテリアグッズも厳選しています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします
A)犬は遊び方や食べ物を自分で選ぶことができない。
だからこそ、間違いのないモノを選びたい。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします
A)カリフォルニアのドッグアイテムの買い付けを撮影して頂きましたが、それだけでなく保護犬に関しての取り組みや、家族として迎える命の大切さに重きを置いて表現して頂きました。

犬とともに生きることの楽しさを多くの方に伝えて頂き、本当にありがとうございました。

岸本拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング株式会社 代表取締役社長
岸本拓也さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)普段日本で得られない新たな観点をエッセンスとしてとり入れたいと考えた時、欧米に目が向く場合が多いが、タイは若い人も多く、我々が想像もしないような価値観をインスパイアできると感じたため。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします
A)アップデート

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします
A)私たちのパン屋という店づくりを通して、我々も感じた新たなタイの魅力を皆様にも感じていただけると思います。

塚本美樹さん

SKLOオーナー、アンティークバイヤー
塚本美樹さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)チェコ、ドイツなど中欧諸国のアンティーク。
時間の経過を経て深化した魅力的な物。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします
A)心を動かされる古いものを探し出すこと。そのために誰よりも感じ、行動することを大事にしています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします
A)その地域の風土や文化に育まれて物が生まれ、時を経て場所を変えアンティークとして紹介される一連の流れを皆さまと共有できたとしたら幸いです。

岩谷好和さん

タスマンインターナショナル株式会社 代表取締役社長
岩谷好和さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)当社は英国の伝統的な陶器とヴィンテージのテーブルウェア、台所用品、インテリア雑貨を主に仕入れていますが、アンティークについても日常使いができる価格帯で提供することを目指しています。
英国で長い間使われてきたアンティークを、多くの日本人に飾って眺めるのではなく、毎日楽しく使っていただきたいと思います。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします
A)販売の際にはテーブルウェアや雑貨が昔の英国でどのように使用されたのかを説明をして、その商品の歴史や背景、また英国の文化や慣習を知っていただくようにしています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします
A)私にとって全く初めての経験でしたので今回の収録には大変緊張してしまいました。
でも、毎日テレビで見る番組がどうやって制作されているのかが分かり貴重な経験ができました。
いちばん驚いたのは映像作りに膨大な時間を使ったものが実際にはごくわずかしか番組には使用されないことでした。
ディレクターを含めた裏方さんたちの苦労が良く分かりました。本当に貴重な経験ありがとうございました。

南村弾さん

テキスタイルデザイナー
南村弾さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)糸や素材を中心に買い付けを行っています。
布のデザインや開発もしています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします
A)伝えたくなる物(こと)を見つけること。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします
A)映像を見て、スペインでのできごとを少しずつ思い出しました。うれしく、楽しい出張でした。
ご覧になる方々も、暮らしの中で、あまりに身近で当たり前になっている“布”を、改めて“見る”きっかけになり、アイデアの楽しさも見つかると思います。
布が、以前よりも、もっと自由に扱える良い時代になりました。

 
岡田哲哉さん

グローブスペックス代表
岡田哲哉さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)メガネとサングラスがメイン。その他ファッション小物やメガネの付属アクセサリーなど。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします
A)トレンドのデザインであるからとか売れそうだからと言った視点ではなく、新たなお客様や、長年店のファンでいて下さる方々にも、毎回新たな感動や発見を生み出せるように、良い意味で期待や予測を裏切る買い付けを心がけています。そしてそのメガネのオーナーとなった方々が、掛けることによって新たなご自身の発見や魅力に気付いて、幸せな気持ちになれるように!という事をいつもイメージしています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします
A)まず非常に楽しかったです!初め、夏にお話しを頂き、そこから少しずつ収録の相談をして計画を立て、フランスの現地でのロケや取材、そしてスタジオ収録と、一つの番組を作るということは非常に楽しい大変さを伴うプロジェクトなんだなと実感しました。
同行して頂いたメンバー全員と非常にチームワークの良い仲間となって取り組めたことも、最後まで楽しく努力出来た大きな理由です。
見どころは2つあります。一つはメガネに関わる人と場所。メガネの業界に携わる人でもなかなか直に合えないデザイナー達や、簡単には行けないフランスの山奥にあるビンテージメガネの蔵など、“メガネワールド”のディープな世界を垣間見ることが出来ます。もう一つはスタジオ収録の際にどんどん眼鏡に対して心を開いて下さった春馬さんとJUJUさんが、本当に楽しそうにメガネを次々に試していって盛り上がって下さった様子です!
大草直子さん

スタイリスト
大草直子さん

Q)イタリアに足を運ぶ理由を教えてください。
A)基本的には変わらない、けれどいつも新しい進化したおしゃれを見たいから。

Q)現地リサーチでのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)知る人ぞ知る―というブランドを探すように。
ビッグメゾンではなく、現地のマダムや女性たちが実際に愛用しているブランドを取り上げたい!
あとは「物作り」がきちんと見えるもの。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、みどころをお願いします。
A)自分が仕事をしている風景を客観的に見られて面白かったです(w)。
イタリア、スペイン、日本。
物作りを密にやらせていただいたので、その過程をぜひチェックしてみてください!

※過去3か月分を掲載しています。

Page Top