★「食べウタ!」は原則として、日曜日が5回ある月の第4週に放送します。

1月24日(日)放送

●富山県の「ひみ寒ブリ」

寒ブリとは、その名のとおり寒の時季に捕れるブリのこと。
ブリは、初冬になると産卵のために、日本海沿岸を、北海道から九州の五島列島付近まで南下する。
その中間地点にあたる、富山湾の氷見市近海で捕獲されたブリが一番脂がのっているといわれる。

氷見で寒ブリ漁が活気付くのは、11月下旬から。
漁の最盛期を意味する「ひみ寒ブリ宣言」が毎年出される。
この冬は11月21日に宣言が出され、毎年2月くらいまでが旬とされる。

「ひみ寒ブリ」には定義があって
・富山湾の定置網で捕れたもの
・氷見漁港で競られたもの
・一定の重さ(だいたい6kg以上)で、形・質ともに良いもの

氷見の定置網漁は400年以上の歴史を持つといわれる。
定置網が仕掛けられる場所も漁港に近く、獲れる魚は新鮮!

食べ方は、刺身、内臓の味噌和え、頭の軟骨のなます、カマは塩焼き、骨周りや頭はぶり大根!
あら汁も旨い!ブリはひれ以外はほぼ食べつくす、無駄のない魚!

11月22日(日)放送

●埼玉県の「鴨肉とウドン」

埼玉県には、ご当地グルメとして鴨鍋を売り出すお店がある。
越谷市に宮内庁の鴨場があることから、鴨料理を思いついたのカモ。
さらに埼玉のネギは、江戸時代からの特産品。

おススメの鴨鍋レシピ!
もも肉はぶつ切り、白ネギは5センチ位の長さに切り必ず炙ってから鍋に入れる。
ネギの香りと旨味が鴨肉と抜群の相性です!
出汁は濃いめに。市販の醤油鍋の出汁でオッケイ。鴨から脂・旨味が出て旨い!!
他の具材は葛切りがお薦め。
余計なものは入れずに、とにかく鴨・葱・葛切りのみ。

鍋のシメにはウドンがオススメ。
埼玉県北部は小麦の有名な産地。
「関東はソバ」と思われがちだけど、埼玉はウドンもおいしい!!

鴨肉も葱も免疫力アップに効果あり!
この組み合わせでコロナにも負けない体を作ろう!

3月22日(日)放送

●千葉県・房総半島の「菜の花」

千葉県は食用菜の花(ナバナ)の生産量が全国トップクラス!
特に生産が盛んなのが房総地域。
「菜の花採り放題!」のバスツアーなども企画されています。

良い菜の花の選び方>蕾が開いていないものが新鮮で良い。

★菜の花の効用
・βカロテンが豊富に含まれているので、免疫力を高める効果があり、風邪などの予防に役立ちます。
ガンのリスクを抑える効果も期待できるとか。

・ビタミンCも豊富なので、肌荒れやシミ・シワを改善し、美肌効果があると言われています。
美しい髪の毛の維持にも効果があるかも!

・ミネラルも豊富で、カリウム、カルシウムをはじめ、マグネシウムやリン、鉄などを豊富に含んでいます。
どれも骨を生成する上で欠かせない成分。骨を丈夫にし、健康を維持します。

※過去1年分を掲載しております。

Page Top