※過去一ヶ月分を掲載しております。

4月15日(日)放送
<N響第1879回 定期公演>

今回は世紀末を生きた「ウィーンの巨星」、マーラーの交響曲です。
第2、第4のふたつの楽章に「ナハトムジーク(夜曲)」を置き
後世になって「夜の歌(ナハトムジーク)」と名付けられた第7番。
あいまいでにじむような調性の移ろいが、
「20世紀音楽」の誕生を予感させます。

■交響曲第7番 ホ短調「夜の歌」(マーラー)

管弦楽 : NHK交響楽団
指 揮 : パーヴォ・ヤルヴィ
(2018年2月10日 NHKホールで収録)


<N響第1880回 定期公演から>

ベルリン・フィルの第1コンサートマスター、樫本大進がソリストとして登場した豪華なステージです。

■バイオリン協奏曲 第3番 ロ短調(サン・サーンス)

管弦楽 : NHK交響楽団
バイオリン : 樫本大進
指 揮 : パーヴォ・ヤルヴィ
(2018年2月16日 NHKホールで収録)


4月8日(日)放送
<N響第1878回 定期公演>

前半は、1曲目にベートーベンの作品を。
2曲目は、彼の楽曲にある特徴的な音型を取り出し巧みに組み合わせて書かれた、現代作曲家・ジョン・アダムズの作品です。
この曲の初演を手がけたセント・ローレンス弦楽四重奏団が「ソリスト」として参加。

後半は、あの「木星(ジュピター)」で有名なホルストの「惑星」です。
神秘的なものにひかれる傾向があったホルストが占星術に着想を得て書き上げた作品です。

指揮はカナダ出身のピーター・ウンジャンです。
東京クヮルテットの第1バイオリン奏者として活躍したのち指揮者に転身。
トロント交響楽団の音楽監督を務めるほか
ベルリン、アムステルダム、ニューヨーク、シカゴ、シドニーなど、世界各地の一流オーケストラに客演しています。

1.「エグモント」序曲(ベートーベン)
2. アブソリュート・ジェスト(ジョン・アダムズ)※
3.組曲「惑星」(ホルスト)※※

管弦楽:NHK交響楽団
弦楽四重奏:セント・ローレンス弦楽四重奏団※
女声合唱:新国立劇場合唱団※※
指   揮:ピーター・ウンジャン
(2018年1月27日 NHKホールで収録)


「ミケランジェロ弦楽四重奏団」演奏会から

弦楽四重奏曲 作品59「ラズモフスキー」から 第2番 ホ短調 から 第1,第4楽章

演  奏:ミケランジェロ弦楽四重奏団
(2015年2月26日 王子ホールで収録)


4月1日(日)放送
<N響第1877回 定期公演>

「世紀末」「ウィーン」「ワルツ」・・・・・
R.シュトラウスの作品を軸にモーツァルトとラヴェルが配された今回のプログラムにはこの3つのキーワードが見え隠れします。

指揮は83年ドイツ出身の若手、ダーヴィト・アフカム。
めざましい活躍を続ける俊英がN響初登場の舞台で熱演を繰り広げました。

1. 交響詩「ドン・フアン」(R.シュトラウス)
2. ピアノ協奏曲 第20番 K.466(モーツァルト)※
3. 歌劇「ばらの騎士」組曲(R.シュトラウス)
4. バレエ音楽「ラ・ヴァルス」(ラヴェル)

管弦楽 : NHK交響楽団
ピアノ : 小山実稚恵 ※
指 揮 : ダーヴィト・アフカム
(2018年1月17日 サントリーホールで収録)
 

<コンサート・プラス>

モーツァルトの協奏曲で登場した小山実稚恵の演奏でNHKスタジオで2000年に収録した2曲をご紹介します。

1. 幻想曲 ニ短調 K.397(モーツァルト)
2. 前奏曲 作品28から 第24番 ニ短調 (ショパン)
(2000年 NHKスタジオ)


3月18日(日)放送
<歌劇「松風」>

ほとばしる情念、歌と踊りが織りなす壮大なスペクタクル!―日本を題材にした大作を次々と発表し、世界から熱い視線を浴びる作曲家、細川俊夫が気鋭の振付家サシャ・ヴァルツとタッグを組み、“前代未聞”の「コレオグラフィック・オペラ」を誕生させた。その名は、歌劇「松風」。日本の伝統芸能である能の名作「松風」をもとにドイツ語でオペラ化、2011年にベルギーのモネ劇場で世界初演された。自然界の“音”と幽玄なる“楽音”を精緻に重ね合わせた異色の響きとサシャ・ヴァルツのダイナミックな演出。話題の公演をたっぷりとお楽しみいただく。

<演目>
歌劇「松風」

<出演>
松風:イルゼ・エーレンス
村雨:シャルロッテ・ヘッレカント
旅の僧:グリゴリー・シュカルパ
須磨の浦人:萩原 潤

ダンス:サシャ・ヴァルツ&ゲスツ

合唱:新国立劇場合唱団
合唱指揮:冨平恭平

管弦楽:東京交響楽団
指揮:デヴィッド・ロバート・コールマン

美術:ピア・マイヤー・シュリーヴァー   塩田千春
衣装:クリスティーネ・ビルクレ
照明:マルティン・ハウク

演出・振付:サシャ・ヴァルツ
作曲:細川俊夫
(2018年2月17日 新国立劇場オペラパレスで収録)


3月11日(日)放送
<N響第1876回 定期公演>

今回はバーンスタイン生誕100年を記念して組まれたプログラムです。

前半はバーンスタインの作品を2曲。
機知に富んだ政治演説風の音声がクライマックスで再生される「スラヴァ!」と
ギリシャの哲学者プラトンの著作「饗宴」から題材を得てバーンスタインが30代の頃に書いた作品、「セレナード」です。
バイオリン・ソロは、今回の定期がN響と初めての共演となった五嶋龍です。

後半はショスタコーヴィチの交響曲第5番。
バーンスタインが敬愛していたというショスタコーヴィチの壮大なシンフォニーを
バーンスタインのアシスタントを務めた経験を持つ広上淳一が熱演します。

1. スラヴァ!(バーンスタイン)
2. セレナード(バーンスタイン)※
3. 交響曲 第5番 ニ短調 作品47(ショスタコーヴィチ)

管弦楽:NHK交響楽団
バイオリン:五嶋 龍(M2)
(2018年1月12日 NHKホールで収録)
 

<コンサート・プラス>
~ バーンスタインからの贈り物 ~

N響首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィと広上淳一がバーンスタインの思い出を熱く語ります。

若かりしころ、ともにバーンスタインに師事した経験を持つパーヴォと広上。
恩師バーンスタインから受け継いだものとは?
バーンスタインとはいったい何者だったのか?

ユニークな身振り手振りで在りし日のバーンスタインの記憶を呼び覚ましていきます。
(2018年2月 NHKスタジオで収録)


3月4日(日)放送
<大野和士 指揮  東京都交響楽団 演奏会>

「都響」の愛称で知られる東京都交響楽団。東京五輪の記念文化事業として1965年に創立しました。以来、歴代の名指揮者のもとで飛躍的な発展を遂げ、国内外で盛んな演奏活動を行っています。2015年、「都響」の音楽監督に就任した大野和士。3年目のシーズンを迎えた今、満を持してメシアンの大作「トゥランガリラ交響曲」に挑みます。

コンサート・プラスは、メシアンの「世の終わりのための四重奏曲」。第二次世界大戦で従軍し、とらわれの身となったメシアンが、捕虜収容所の中で書いた異色作です。

1. 告別の鐘と微笑み~オリヴィエ・メシアンの追憶に~(ミュライユ)
2. トゥランガリラ交響曲(メシアン)

ピアノ:ヤン・ミヒールス
オンド・マルトノ:原田 節
管弦楽:東京都交響楽団
指   揮:大野和士
(2018年1月18日 東京文化会館大ホールで収録)
 

<コンサート・プラス>
~「世の終わりのための四重奏曲」~

「世の終わりのための四重奏曲」から第1楽章、第2楽章、第7楽章、第8楽章(メシアン)

バイオリン:小林美恵
ピアノ:萩原麻未
チェロ:藤森亮一
クラリネット:松本健司
(2012年3月29日 ヤマハホールで収録)


Page Top