※過去一ヶ月分を掲載しております。

11月19日(日)放送
<NHK音楽祭2017ハイライト>

今年で15回目を迎えるNHK音楽祭。「人は歌い、奏でつづける」をテーマに世界の一流オーケストラと指揮者が、魅惑のオペラや深遠なるレクイエムで熱演を繰り広げました。パーヴォ・ヤルヴィとNHK交響楽団による歌劇「ドン・ジョヴァンニ」、ベルリン・フィル次期首席指揮者・芸術監督に就任が決まったキリル・ペトレンコの日本初公演からバイエルン国立管弦楽団との楽劇「ワルキューレ」第1幕、さらにウラディーミル・フェドセーエフとチャイコフスキー交響楽団が紡ぎ出すロシア・オペラの傑作「エフゲーニ・オネーギン」、そして90歳を超えた今も“進化”を続けるヘルベルト・ブロムシュテットとライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による至高の「ドイツ・レクイエム」―音楽祭の軌跡をハイライトでお届けします。

(曲目)
1.ワーグナー作曲 楽劇「ワルキューレ」第1幕 から
ジークムント:クラウス・フロリアン・フォークト
ジークリンデ:エレーナ・パンクラトヴァ

管弦楽:バイエルン国立管弦楽団
指 揮:キリル・ペトレンコ
(2017年10月1日 NHKホールで収録)

2.モーツァルト作曲 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から
ドン・ジョヴァンニ:ヴィート・プリアンテ(バリトン)
騎士長:アレクサンドル・ツィムバリュク(バス)
ドンナ・エルヴィーラ:ローレン・フェイガン(ソプラノ)
レポレッロ:カイル・ケテルセン(バリトン)
ツェルリーナ:三宅理恵(ソプラノ)

合 唱:東京オペラシンガーズ
管弦楽:NHK交響楽団
指 揮:パーヴォ・ヤルヴィ
(2017年9月9日 NHKホールで収録)

3.チャイコフスキー作曲 歌劇「エフゲーニ・オネーギン」から
タチヤーナ:ヴェロニカ・ディジョーエヴァ
エフゲーニ・オネーギン:ワシーリー・ラデュク

管弦楽:チャイコフスキー交響楽団(旧モスクワ放送交響楽団)
指 揮:ウラディーミル・フェドセーエフ
(2017年11月9日 NHKホールで収録)

4.ブラームス作曲 ドイツ・レクイエム 作品45 から
ソプラノ:ハンナ・モリソン
バリトン:ミヒャエル・ナジ

合 唱:ウィーン楽友協会合唱団
管弦楽:ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
指 揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
(2017年11月13日 NHKホールで収録)


11月12日(日)放送
<N響第1868回 定期公演>

N響第1868回定期公演では、77歳の名匠クリストフ・エッシェンバッハが30年ぶりにN響を指揮します。
エッシェンバッハは、1965年のクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝。
トップ・ピアニストとして活躍したのち指揮活動を本格的に始めました。
以来、世界の名だたるオーケストラを指揮してきたエッシェンバッハ。
今回は2回にわたって、ブラームスの交響曲を取り上げる予定です。

1.交響曲 第3番 ヘ長調 作品90
2.交響曲 第2番 ニ長調 作品73 (以上   ブラームス)

管弦楽:NHK交響楽団
指   揮:クリストフ・エッシェンバッハ
(2017年10月20日 NHKホールで収録)

<コンサート・プラス>

~N響メンバーによる室内楽~

曲目)弦楽五重奏曲 第2番 ト長調 作品111(ブラームス)
出演)
バイオリン:大宮 臨太郎、猶井 悠樹
ビオラ:村松 龍、中村 翔太郎
チェロ:村井 智
(2017年1月30日 NHKスタジオで収録)


11月5日(日)放送
<N響第1867回 定期公演>

今回は、モーツァルトとベルクという、
150年の時を隔てたふたりのウィーンの作曲家を取り上げます。
演奏会は、休憩をはさんでそれぞれの作品を対にして構成され、
時空を超えて18世紀と20世紀のウィーンをいったりきたりします。
指揮者の下野竜也によるユニークなプログラムです。
バイオリンは2010年に仙台とインディアナポリスの両国際コンクールで優勝したクララ・ジュミ・カン。
「ルル」組曲には、N響2回目となるドイツのモイツァ・エルトマンが登場します。

1.歌劇「イドメネオ」序曲(モーツァルト)
2.バイオリン協奏曲「ある天使の思い出のために」(ベルク)
3.歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲(モーツァルト)
4.「ルル」組曲(ベルク)

管弦楽:NHK交響楽団
バイオリン:クララ・ジュミ・カン
ソプラノ:モイツァ・エルトマン
指   揮:下野竜也
(2017年10月14日 NHKホールで収録)

 <コンサートプラス>
~ N響 オフステージ・インタビュー ~

今回は第2バイオリン首席奏者の大林修子さんにお話を伺います。
大林さんは、実は大の相撲ファン。本場所中は練習前の相撲談義が日課です。
以前本場所観戦に行った際、テレビではわからない音や迫力に圧倒されたという大林さん。
念願だった朝稽古の見学に同行し、演奏会に通じる真剣勝負への思いについてうかがいます。
 
つづいては、下野さんがN響に初登場したサントリー定期の演奏をお送りします。
オフステージ・インタビューで登場した大林さんも演奏しています。

歌劇「ヘンゼルとグレーテル」から(フンパーディンク)
夕べの祈り ~ 夢のパントマイム 

管弦楽:NHK交響楽団
指   揮:下野竜也
(2007年12月12日 サントリーホールで収録)


10月22日(日)アンコール放送

<鈴木雅明のドイツ・オルガン紀行>

バッハ演奏の第一人者として世界的に知られる鈴木雅明が、ドイツの歴史的なオルガンを訪ね、バッハの名曲を演奏します。
フランス風の優雅さが魅力のフライベルク、室内楽のように繊細なアルテンブルク、柔らかく豊潤な響きのナウムブルク・・・。
街並みや教会の美しさとともに、個性豊かなオルガンの音色を存分にお楽しみ下さい。

・幻想曲 ト長調 BWV572 
・パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
・パストラーレ ヘ長調 BWV590
・オルガン小曲集 から
・前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548 (以上 バッハ)ほか

オルガン:鈴木雅明 (2017年2~3月 ドイツにて収録)


10月15日(日)放送
<N響第1866回 定期公演>

今回パーヴォが指揮する定期のラストはオール・バルトーク・プログラムです。
いずれも20世紀前半に、40歳を超えてから書かれた3曲。
常に民俗音楽を創作の中心に据え続けたバルトークの代表作を聴きます。

1.弦楽のためのディヴェルティメント
2.舞踊組曲
3.弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽 (以上 バルトーク)
 
管弦楽:NHK交響楽団
指  揮:パーヴォ・ヤルヴィ
(2017年9月27日 サントリーホールで収録)
 

<コンサートプラス>
~まろ×広上 学校で教えてくれないクラシック 2 ~

2016年9月に放送し、大きな反響を呼んだ「学校で教えてくれないクラシック」。
今回は、「まろ」ことNHK交響楽団第1コンサートマスターの篠崎史紀さんが、
故郷・北九州の国際音楽祭で組んだ特別プログラム、指揮者の広上淳一さんと行った公開レッスンをお届けします。
ベートーベンやチャイコフスキーが作品に刻み込んだ“本音”に迫り、【ひとの心を動かす演奏】の極意を伝授!

曲目)ピアノ協奏曲第1番から第2楽章(ベートーベン)
           交響曲第6番「悲愴」から第3楽章、第4楽章(チャイコフスキー)ほか
出演)北九州市ジュニアオーケストラ ほか
(2017年8月29日 北九州市立 響ホールで収録)


10月8日(日)放送
<N響第1865回 定期公演>

今回はロシアの隠れた名曲を3曲お届けします。いずれも首席指揮者パーヴォが愛して止まない作品です。
ピアノは2010年のエリーザベト王妃国際コンクールで優勝したデニス・コジュヒン。

1.幻想的ワルツ(グリンカ)
2.ピアノ協奏曲第4番 ト短調 作品40(ラフマニノフ)
3.交響曲第2番 ハ短調 作品29(スクリャービン)

管弦楽:NHK交響楽団
ピアノ:デニス・コジュヒン
指 揮:パーヴォ・ヤルヴィ
(2017年9月22日 NHKホールで収録)
 

<コンサートプラス>
~デニス・コジュヒン   ピアノ・リサイタル~

曲 目:「超絶技巧練習曲」から (リスト)
ピアノ:デニス・コジュヒン
( 2011年2月25日 浜離宮朝日ホールで収録)


10月1日(日)放送
<N響第1864回 定期公演>

この曲は、1941年、ドイツ軍がレニングラードを侵攻していくさなか
街の防壁作りや火災の監視役を務めながら書き進められました。
ヤルヴィ家との親交もあり、パーヴォが7歳の頃一緒に写真におさまったこともあるショスタコーヴィチ。
大作曲家の思い入れ深い交響曲をパーヴォが熱演します。

交響曲 第7番 ハ長調 作品60 「レニングラード」(ショスタコーヴィチ)

管弦楽:NHK交響楽団
指   揮: パーヴォ・ヤルヴィ
(2017年9月16日 NHKホールで収録)
 

<コンサートプラス>
~N響 オフステージ・インタビュー~

首席クラリネット奏者の松本健司さんをご紹介。
「クラリネットが吹きたい!」「テレビで見たあの先生に習いたい!」「N響に入りたい!」
持ち前の行動力と情熱で、これまでいくつもの夢を叶えてきた松本さん。
今回は「最高の一着が欲しい!」を叶えるべく、人生初となる、燕尾服のフルオーダーに挑戦。
「欲しいものは必ず手に入れる」と豪語する、松本さんの素顔に迫ります!
 

~わが心の名演奏~

松本さんがN響を志したきっかけとなったのがこの演奏。
当時「N響アワー」で見た、クラリネット奏者・浜中浩一さんに憧れて・・・。
曲目)交響曲第2番から第2楽章(ベートーベン)
出演)指揮:ロヴロ・フォン・マタチッチ
(1984年3月14日 NHKホールで収録)
 

~N響室内楽~

曲目)クラリネット・ソナタ第3番 変ホ長調(ドヴィエンヌ)
出演)クラリネット:松本健司      ピアノ:横山幸雄
(2016年3月24日 NHKスタジオで収録)


Page Top